Skip to content
Tick

SAP移行のネットワークチェックリスト

ビジネスにおいてワークロードをクラウド移行する傾向は、近年増々強まっています。とりわけ、SAPユーザーにとっては、迫りくるサポート終了期限がオンプレミスのERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)システムをクラウドへ移行する決断を促しているかもしれません。

300社のSAPユーザーを対象とした調査では、54%のユーザーが3年以内にSAP S/4HANAの導入を予定しています。さらに、回答者の72%がすでにクラウド移行を検討しています。この結果からも、SAPユーザーのビジネスモデルがオンプレミスからクラウドにシフトしていることは明らかです。

クラウド移行により、SAPユーザーはオンプレミス機器の管理・維持費用を削減しながら、SAPのもたらす柔軟性、拡張性、生産性、機能性といったメリットを享受できます。しかし、クラウド移行は容易に決定できるものではありません。多くの企業は基幹業務システムのクラウド移行に慎重になっています。

SAP移行に、オンデマンドでのネットワーク接続は欠かせません。ネットワーク帯域を必要以上に増速したり、既存のネットワーク・パラメータに合わせて移行するよりも、オンデマンドでセキュアかつ低遅延なネットワークを接続する方がスムーズに移行を進めることができるためです。ネットワークは検討事項が多いため後回しにされがちです。こうしたアプローチでは、移行計画全体がリスクにさらされる可能性があります。クラウド移行の過程をできるだけスムーズに進められるよう、ColtはSAP移行のネットワークチェックリストを作成しました。

SAP移行のネットワークが準備できているか、確認すべきポイントをまとめています。