クラウドは期待通りビジネスに貢献していますか?

ワークロードやビジネスアプリケーションをクラウドに移行する企業が増加する中、クラウド移行が期待通りビジネスに貢献してきたのか、またどのような課題があったのかを調査しました。本レポートでは、クラウド採用の経緯、プロジェクトにおけるスケジュールの遅れやチーム間でのミスコミュニケーションがクラウド移行にどのような影響をもたらすのか、という点に着目しています。

調査レポートをダウンロードし、続きを是非ご一読ください。

		
		

レポートのダウンロードはこちら

96%

基幹系アプリのクラウド移行に対して「前向きである」と回答した企業の割合

44%

ミッションクリティカルな基幹業務プロセスやシステムをクラウド移行した割合

86%

マルチクラウド採用率

650万~1,300万円

1ヶ月の移行プロジェクト遅延が招くコスト増大リスク