アジア・パシフィック・ランド・(ジャパン)・リミテッド

Home導入事例アジア・パシフィック・ランド・(ジャパン)・リミテッド

会社紹介

アジア・パシフィック・ランド(以下APL)は、不動産投資・アセットマネジメントおよび開発を手掛けるプライベートカンパニーです。1994年に設立、現在は東京・香港・台北・上海・瀋陽にて事業を展開しています。
APLのアクイジションチームは、アジアの優良企業出身者からなる不動産投資のエキスパートを擁し、新規案件の発掘、市場調査と投資機会の選別に注力しています。
APLは、その受託資産の多くを相対取引により取得してきました。このような多数の投資機会の獲得は、APLがアジア太平洋地域におけるビジネス・リレーションシップを構築し、複雑な不動産取引を迅速に遂行する能力を有することから達成できるものと思われます。
物件の取得段階におけるAPLの戦略の中核は、優良な物件に対する投資機会の選別と実行であり、投資機会の選別は投資案件の長期的なキャッシュフローや利回り分析、利益率の見通しに基づき行われます。

お客様の課題

APLの国内・海外拠点インフラの共通の課題として、サーバールーム環境が劣悪であることやサーバースペースの確保が難しいという点がありました。また、国内だけでなく海外拠点の全てのサポートも1名しかいない国内ITスタッフが対応しなくてはなりませんでした。例えば、毎日実施するテープバックアップの作業を海外オフィスでは、ITを専門としない総務部にお願いしていたことなどが大きな改善点でした。この非効率的なオペレーションの改善と少ない人的リソースの効率化のため、以下の4つの課題に絞り、社内の全てのインフラを一括して任せられる事業者を探していました。

  1. 海外拠点も含め全てワンストップで導入・運用に対応できること
  2. 社内インフラ全てを委託できるグローバルサービスソリューションがあること
  3. 金融業界に相応したセキュリティレベルを保持していること
  4. 既存ネットワークの最適化を含めたコンサルテーションができること

Coltテクノロジーサービスを採用いただいた理由

複数の事業者を検討しましたが、Coltだけが課題に挙げた4つの点にご対応いただける唯一の事業者でした。また、現地向けにバイリンガルでのサポートも可能であることなどグローバルのサポート体制も豊富で大いに助かっています。ネットワークの最適化に関しては、以前はデータとVoiceで分けていたグローバル回線を一つのネットワークに統合できたことは大きなコスト削減となり、大変満足しています。

今後の展望

今回導入しなかった海外拠点でも同じくセキュリティ面や運用面での課題を抱えているため、導入を検討したいと考えております。また、現在利用しているサービスについても現状の高い品質を保ちつつ、引き続き信頼のおけるパートナーとしてビジネスをサポートしていただきたいと考えております。

社内システムに必要な全てのITインフラをColtに一本化することにより、グローバル規模の拠点間ネットワークや国内/海外のデータセンターの連携を最大限に効率化できました。それにより、最重要課題であった社内システムパフォーマンスの最大化と運用負荷の最小化を達成できました。この強固なITインフラを基軸に、APLは今後のグローバルビジネスをよりスピーディー、かつセキュアに展開することができると確信しています。インフォメーションテクノロジー, マネージャー, 田畑氏

Colt Ethernet Line / Hub & Spoke

Colt Ethernet Line / Hub & Spokeは、アジア及び米国の主要な都市を結ぶ低遅延イーサネットサービスです。Colt Ethernet Line / Hub & Spokeは、取引所や他の取引参加者への低遅延アクセスが必要なグローバル金融市場参加者であるお客様に最適なサービスであると同時に、高いセキュリティの専用回線を必要とする様々な業界のお客様にも最適です。本サービスは、広帯域が求められるデータセンターやクラウドサービスのニーズに応えると同時に、Coltの強みである金融機関の求める高い品質や、低遅延などの特徴を保持しています。

Coltのデータセンター

Coltのデータセンターソリューションは、Coltの情報デリバリープラットフォームを構成する重要なコンポーネントの一つです。Coltの持つ自社ネットワーク、マネージドITサービス及びクラウドソリューションなどの様々なサービスを組み合わせることで、お客様がアジア及びヨーロッパで事業展開するためのIT拠点を提供します。Coltは29のデータセンターを保有しており、そのうち日本で4拠点、及び香港、シンガポール、韓国で1拠点ずつデータセンターを運用しています。Coltのデータセンターはセキュリティー、堅牢性、電源容量や効率を考慮して設計・選定されており、金融、メディア、ゲームなどを始めとした、お客様のご要件に最適なサービスを提供しています。

Coltのデータセンターのイメージ図

お客様の導入事例:アジア・パシフィック・ランド・(ジャパン)・リミテッド

Asia-Pacific-Land-800x800

Make Do

13 February 2017

Recent posts

メディア、エンターテインメント、 ゲーム業界を未来につなぐ

優れたデジタルエクスペリエンスで顧客ロイヤリティを向上させる4つの方法 メディアやエンターテインメント、ゲームはコロナ禍において人々の拠り所となっています。映画館やライブ、イベント会場の扉が閉まっている間も、外出自粛期間を耐え忍ぶためにビデオストリーミングやオンラインゲーム、本といったサービスの需要が拡大しました。こうした状況下で、多くのコンテンツ制作会社が制作スケジュールに影響が出たり、競争の激化といったプレッシャーがある中でも、料金に見合った価値や没入感のある新たな経験を提供しなければなりません。 メディア各社はより迅速に行動し、コラボレーションや創造性を強化する必要があり、停滞しているデジタル・トランスフォーメーションの取り組みを再活性する必要があります。その第一歩として、旧型のインフラストラクチャを刷新することが重要です。ネットワークに接続されていないシステムや手作業を中心としたレガシー技術が変革を妨げる最大の要因であり、優先的に着手しなければなりません。 優れた顧客体験や戦略的パートナーシップによりイノベーションの先駆けとなるコンテンツ配信企業にとって、俊敏性と順応性は必須要件です。顧客ロイヤリティ獲得に向け、ネットワークが有効な資産となるかどうか、本レポートでぜひご確認ください。
Continue Reading

Coltグループ、2030年までにグローバル規模で純排出量ゼロの実現にコミット

ロンドン発- Coltテクノロジーサービス株式会社、Coltデータセンターサービス(Colt DCS)を含むColtグループは、2030年までに同グループのすべての事業において、グローバル規模での炭素純排出量ゼロを実現するというコミットメントを発表しました。テクノロジー業界の主要企業として、この取り組みは、新技術や既存技術の開発を通じて、ゼロカーボン経済への移行を加速させるという同グループの野心的な道のりの一部を形成しています。 Coltは、SBTイニシアチブによって承認された科学的根拠に基づく包括的な排出削減目標を設定しました。2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を46%削減し、サプライヤーと緊密に協力してサプライチェーン全体でスコープ3の排出量を大幅に削減することで、2030年までに地球温暖化を2℃よりもはるかに低く抑えることを目指します。この動きは、同グループの将来の事業戦略の中核をなすサステナビリティ戦略と、そのDNAに組み込まれています。 ...
Continue Reading

Colt、マーケットデータサービスのポートフォリオに中国の7つの取引所を追加

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、中国の7つの取引所をマーケットデータサービスのポートフォリオに加えたと発表しました。ヨーロッパ、北米、アジアで展開するマーケットデータサービスに新たに中国の取引所が加わり、Coltは株式、先物および商品取引所のマーケットデータサービスを包括的に提供する唯一のプロバイダーとなります。 これにより、お客さまは香港証券取引所(HKEX)のコロケーションファシリティから直接、上海証券取引所(SSE)、深圳証券取引所(SZSE)、中国金融先物取引所(CFFEX)、鄭州商品取引所(ZCE)のマーケットデータサービスにアクセスできるようになります。また、2021年Q3には上海先物取引所(SHFE)、大連商品取引所(DCE)、上海国際エネルギー取引所(INE)が追加される予定です。 Coltは、認可を受けたマーケットデータ・プロバイダーとしてボラティリティの高い期間も一貫した低遅延で、データをRAWフォーマットまたはソフトウェアノーマライズフォーマットのいずれかで配信します。お客様が取引所内にコロケーションしている場合は、Coltからのデータを直接受け取ることができます。また、取引所から離れている場合は、安定した低遅延やレジリエンシーを組み込んだColtのグローバルネットワークやColt ...
Continue Reading