ビットポイントジャパン

Homeネットワークサービス事例ビットポイントジャパン

私たちは創業期より”安心・安全な仮想通貨取引”をモットーに取引所サービスを提供しています。C o l tの高セキュリティで信頼性の高い I Tソリューションにより、金融取引業界水準を満たすセキュリティ対策を実現できました。株式会社ビットポイントジャパン(BITPOINT Japan Co., LTD.)代表取締役COO兼CTO 原田 勉 氏

仮想通貨取引所の運用プラットフォームにColtのITインフラを採用

課題

ビットポイントジャパンは、「新しいお金のあり方」を提案・創 造していくため、東証二部上場企業の「リミックスポイント」の 子会社として2016年3月に設立された仮想通貨交換業者だ。仮 想通貨取引所「ビットポイント(BITPoint)」の運営会社として 2017年9月には仮想通貨交換業者の登録を完了しており、「送る」 「使う」「投資する」という3つの観点から、投資プラットフォーム だけでなく仮想通貨の決済・送金も展開している。証券会社や 銀行など金融機関の経営経験があるメンバーが中心となって 運営することで、「信用・信頼」に基づいた安全・安心な仮想通貨 取引所のあり方を追求すると同時に、Meta Trader4の導入や 電話対応のカスタマーサービスなど先進的な独自のサービスを 提供している。

同社が取り扱う仮想通貨「ビットコイン」 は、ブロックチェーン技術と呼ばれる 分散型ネットワークにより管理されて いる。データベースを共有することに より個別のシステム内に同一の情報 を保有することができるもので、分散型 台帳技術とも呼ばれている。データ が分散されているためサイバー攻撃 者が狙いにくく、標的になりにくいこ とが特長だ。

当然ながら、仮想通貨取引所には大量の通貨が集中しており、 中央集権型になることは避けられない。「ブロックチェーン技術 により、仮想通貨そのものは強固なセキュリティのもとで管理され ています。しかし、仮想通貨の集中する仮想通貨取引所において は、取引所毎のセキュリティ意識や運用方法によって安全性が 大きく左右されます」と原田氏は指摘する。システム障害および セキュリティ対策の管理について金融庁からも監査や規制が強化 される中、高いセキュリティ水準のITインフラの導入は必須の 課題だった。

Coltをお選びいただいた理由

同社は取引所の展開にあたり、金融取引業界水準を満たし、 高セキュリティを実現するインフラを探していた。「Coltは金融 業界での提供実績が多いことが最大の決め手でした。また、IPS やIDSなどのセキュリティソリューションが充実していること、 プライベート環境を実現する閉域網である専用線に力を入れて いる企業方針などから、高い信頼性とセキュリティを期待できる と確信しました」と原田氏は振り返る。 「私たちも過去にDDos攻撃などのサイバー攻撃を受けたこと があります。しかし、Coltのソリューションによりサービス基盤に 万全を期しているため、大きな障害等もなく高いパフォーマンスを 維持できました。お陰様で、セキュリティ対策については関係各所 からも高い評価をいただいています。と原田氏は満足感を示した。

また、仮想通貨取引所は24時間365日稼働しているため、取引 所の基盤は常に監視・管理されている必要がある。そこで、同社 はインフラの設計から構築・運用までColtがサポートするColt マネージドデバイスサービスも併せて導入することを決めた。 「Coltマネージドデバイスサービスにより保守・管理をColtに 一任することで、システム維持にかかる費用や人的リソースを 削減できたことも高く評価しています」と原田氏は付け加えた。

今後の展望

また、仮想通貨取引所は24時間365日稼働しているため、取引 所の基盤は常に監視・管理されている必要がある。そこで、同社 はインフラの設計から構築・運用までColtがサポートするColt マネージドデバイスサービスも併せて導入することを決めた。 「Coltマネージドデバイスサービスにより保守・管理をColtに 一任することで、システム維持にかかる費用や人的リソースを 削減できたことも高く評価しています」と原田氏は付け加えた。
同社はインフラを強化することはもちろん、内部対策としては 定期的に分析・研究を行い、必要に応じてウイルス対策ソフト を入れるなど今後もセキュリティ対策を第一としてサービス 提供に取り組む姿勢だ。 既にサービス提供中の日本、香港、韓国、上海、台湾、マレーシア などのアジア地域での提供実績をもとに、アメリカやヨーロッパ、 中東、アフリカへの進出も検討しており、仮想通貨取引の海外 展開にさらに力を入れていく見込みだ。 「Coltの高セキュリティのITインフラを活用し、安心・安全な 仮想通貨取引を実現する取引所の運営・拡大を続けていきます。 今後も引き続き、高品質のColtソリューションを提供していた だきたいと思います」と原田氏は述べた。

お客様の導入事例:ビットポイントジャパン

800x800-BITPoint-JA

Colt Technology Services

14 November 2018

 

Recent blog posts

Colt、緊急通報の提供開始

Colt音声サービスにおいて、既存のお客様に対して2019 年3 月1 日より、緊急通報をご利用頂く事が可能となりました。 ご利用中のColt音声回線から緊急通報(110番・警察、118番・海上保安、119番・消防)を発信した際に、発信場所を管轄する所定の各機関との通話が可能となります。 各機関 電話番号 警察 110 海上保安 118 消防 119   ご利用開始可能日 2019年3月1日以降(日程については別途ご案内申し上げます) 対象となるサービス 以下の0AB-J番号を付与可能なColt音声サービスが対象となります。 ...
Continue Reading

株式会社電話放送局

ソリューション: 株式会社電話放送局は、自社IVRシステムのインフラとして 高品質かつ高セキュリティのColt音声サービスを採用   課題 株式会社電話放送局は、電話のIVR(自動音声応答)システムを 用いた、あふれ呼、オートコール、自動受付、SMSなどのサービスで企業活動をサポートするサービ事業者だ。ユーザーのニーズに合わせた柔軟な提案力とシステム開発力を強みとし、社名にある通り、「電話」を含むコミュニケーションをもっと円滑に、そして便利にすることを追求し続けている。 同社は自社開発によるシステムでIVRを活用した電話業務サービスを提供してきた。20 0 0年以降、クラウドシフトが加速する中で、大量の入電をしっかりと受けられるサービス環境を整える必要があった。さらに、電話業務には個人情報の取り扱いなどセンシティブな部分が多いため、ネットワークを含むIT基盤も万全を期す必要があり、高い堅牢性、信頼性を持ったネットワークを提供できる回線事業者を探していた。   Coltをお選びいただいた理由 同社はサービス提供にあたり、Pマーク(プライバシーマーク)に加え、カード番号の取り扱いに必要なPCI DSSの認証も取得するなどサービス品質の確保に注力してきた。個人情報の漏洩や盗聴のリスク削減のため、同社はサービス提供基盤を専用線のみに限定し、インターネット接続を最小限に抑えることでさらに堅牢なサービス供を実現している。 Colt音声サービスは完全閉域の専用線のため、非常にセキュアなネットワーク環境を構築可能だ。「セキュリティ対策を特に重要視される金融業界のお客様に多く利用され、金融業界での豊富なネットワーク提供実績があることもColtを採用した決め手です」と黒木氏は述べた。 また、同社はマルチキャリアのネットワークを使用することで、安定したサービス継続を担保してきた。「当初からマルチキャリアでの運用を想定していました。障害リスク削減に加え、お客様の環境や番号を変えることなくクラウド型音声サービスをご利用いただけるという利点があります」と黒木氏は説明する。「各キャリアと比較しても、Colt音声サービスは可用性が非常に高く、メンテナンス等による停止頻度も最小限であり、音声サービスの提供において重要な安定性は申し分ありません。ネットワーク導入時から今まで、サービス稼働率はほぼ100%確保できています」と黒木氏は満足感を示した。 お客様の個人情報を含む機密情報を扱う私たちの業務において、セキュリティは堅牢すぎるということはありません。IVRシステムのインフラとして採用したColt音声サービスは専用線サービスのため、高セキュリティなネットワーク環境を実現できました。株式会社電話放送局代表取締役森 正行氏 お客様導入事例のダウンロード
Continue Reading

Colt、マーク・ギルモアをモバイルコネクティビティ・ソリューション統括に任命

移動体通信事業者(MNO)が効果的にColt IQ Networkを活用できるよう支援 (このプレスリリースは、2月6日に発表されたこちらのリリースの抄訳です。) ロンドン発 - 広帯域ネットワークサービスを高速かつオンデマンドで提供し、お客様のデジタル・トランスフォーメーションを実現するColtテクノロジーサービス(以下、「Colt」)は本日、マーク・ギルモア(Mark Gilmour)をモバイルコネクティビティ・ソリューションの統括に任命したことを発表しました。 経験豊かで技術に精通したリーダーであるギルモアは、Coltの最高営業責任者(CCO)であるケリー・ギルダー(Keri Gilder)にレポートし、Coltのモバイルコネクティビティ・ソリューションを主導、拡張していきます。また、世界各地のチームと協力し、Coltのモバイル戦略を推進する上で中核的な役割を果たすことで、モバイル市場におけるColtの地位を強化します。 ギルダーは次のように述べています。「Coltは、Colt IQ Networkの全世界の主要メトロエリアにわたるリーチと密度によって、移動体通信事業者(MNO)が5G対応に着手する際の強力なパートナーとなっています。ギルモアはこの分野で幅広い経験を有しており、モバイル業界に関する豊富な知識が、Coltのモバイル戦略を形作ってくれるものと期待しています」 ギルモアは20年以上にわたる業界経験を有し、これまではCiena社にて多くの役職を歴任してきました。直近では、携帯電話および無線の製品ライン管理担当シニア・アドバイザーとして、無線・携帯電話分野における製品化の責任を担っていました。 また、Three、Ericsson、Hutchisonといった携帯電話事業者(Mobile Operator)においても、さまざまな職務に従事してきました。 今回の任命に関して、ギルモアは次のように述べています。「Coltはそのネットワーク資産を通じて、MNOによるモバイルバックホール戦略の定義および強化を最適な立場から支援できます。市場では5Gに関してさまざまな議論がありますが、企業が4Gネットワークを最大限に活用できる方法は数多く存在します。Coltはモバイルコネクティビティ・ソリューション分野において重要なパートナーとして貢献できます。多くの企業があらゆる未来に対応できるよう、携帯ネットワークを最大限に生かしたいと考えており、このような重要な時期にColtに参加できることを大変喜ばしく思っています」 マークは今年1月にColtに入社し、英国ロンドンのColt本社(Colt ...
Continue Reading