コールダイレクト株式会社

Homeネットワークサービス事例コールダイレクト株式会社

「LEVERAGE POINT」の提供基盤として高いスケーラビリティを持つAWSと、Coltの高品質な専用ネットワークを併せて導入しました。AWSとColtを組み合わせることで閉域網接続が可能となり、オンプレミス環境と変わらないクオリティでサービスを提供できています。コールダイレクト株式会社、社長、日野 豊

ソリューション

 

「LEVERAGE POINT」の基盤にAWSとColtのネットワークを導入し、安定したサービス提供を実現

SIP Trunking →Colt クラウド接続サービス (Dedicated Cloud Access) →AWS Direct Connect向け →

課題

コールダイレクト株式会社は、自社開発のアウトバウンドシステム「LEVERAGE POINT」をはじめとするコールセンターサービスを提供するITサービス事業者だ。「LEVERAGE POINT」はWEBブラウザのみで完結できるクラウド型コールセンターシステムで、プレディクティブダイアラー(予測発信機能)によりオペレータ数に応じて発信数を自動コントロールすることで架電効率を向上させ、ユーザー企業のビジネスに貢献してきた。従来、同社はデータセンターをサービス運用基盤としていた。ユーザー企業数は年々増加しており、キャンペーンのなどの急な案件に設備が追いつかなかった一方で、繁忙の波が激しく、ピーク時に合わせてサーバー構築を行うと余剰が発生してしまうことが悩みだった。オンプレミス環境での運用にはサーバーリソースおよび管理にかかる人的リソースの両面で限界を感じており、容量とコストの両面でバランスをとれるIT環境を探していた。

Coltをお選びいただいた理由

「LEVERAGE POINT」の運用環境を見直すにあたり、従来のオンプレミス境をすべてAmazon WebService(以下AWS)へ移行することを決めた。AWSへの移行に際して、同社が重視していたのは品質とコストの二点だった。品質について、「LEVERAGE POINT」は保険代理店や通販事業者など個人情報を扱うユーザー企業が多いため、セキュリティの確保は必須だった。そこで同社はAWS Direct Connectを利用し、AWSの東京リージョンへ閉域網接続が可能なColtクラウド接続サービスを採用した。インターネットを経由しないことで、ユーザー企業の求める高いセキュリティレベルを満たすことができた。

また、Colt SIP TrunkingとColtクラウド接続サービスを併用する構成の採用によりSIP直収と同等の使い勝手を実現し、遅延や停止の許されないSIPゲートウェイ機能を安定した品質で提供できている。同社がクラウド移行にあたり最も懸念していた公衆網との通信におけるボトルネックは解消され、通話品質に影響を出さずにAWSへ移行できた。

オンプレミス環境からクラウド環境に移行したことで、ユーザー企業のニーズにより柔軟に応えられるようになりました。クラウド環境において、従来のオンプレミス環境と変わらない高い音声品質とセキュリティを担保できるのはColtとAWSの2社だけでした。ITマネージャー、深山 雅弘

コストの面では、AWSに移行したことにより、ユーザー企業の要望に合わせて適切なボリュームを選択できるため、余剰コストを気にする必要がなくなった。加えて、オンプレミス環境の管理にかかっていた人的リソースやコストが大幅に削減した。さらに「肝心の電話通信費についても、大変リーズナブルで助かっています」と深山氏は付け加えた。

今後の展望

「LEVERAGE POINT」はアウトバウンドコールセンターの生産性を高めるベストソリューションだ。現在は、ユーザー企業から要望の多いインバウンド機能との統合の推進に加え、SNS等ソーシャルメディアとの連携を持たせることで、電話に限らず様々なコンタクトポイントに「LEVERAGE POINT」が関わることでユーザー企業と消費者・生活者とのリレーションを高めていく計画だ。

『Colt、AWS共に英語でのテクニカルサポート対応が可能な点も、海外展開を進める上で非常に助かっています。ColtとAWSの組み合わせが「LEVERAGE POINT」の鍵になると確信しています。「LEVERAGE POINT」は今後さらにサービス拡充を進めて参りますので、引き続き安定した提供ができるようにインフラの観点からサポートいただきたいと思います』と日野氏は語った。

お客様の導入事例:コールダイレクト株式会社

calldirect-logo

Colt Technology Services

29 September 2017

 

Recent posts

世界最大の映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭において、デジタルコンテンツ伝送への移行をスムーズに実現

ベルリン国際映画祭(通称「ベルリナーレ」)は、毎年約30万人を超える来場者が訪れる世界最大級の映画祭のひとつです。Coltは、ベルリン国際映画祭で物理メディアに記録されたフィルムをスムーズにデジタルコンテンツ放送に移行するため、ビデオ伝送用ネットワークサービスを提供しました。 Coltは、複雑かつ高度なデジタル化に応えるため、ネットワーク、データセンターおよびITサービスを提供しました。映画祭成功のためにはフィルムの保管場所と上映会場を接続する高性能かつ高信頼性のネットワークが不可欠であり、ベルリン国際映画祭運営委員会は厳しい要求や制約等に応えられるネットワーク、データセンターおよびITサービスプロバイダーとの提携を求めていました。 厳しい納期と複雑な物流を克服し、Coltはフィルムが保管されているスタジオとベルリン各地に設置された20カ所の上映会場を接続する高速伝送システムを構築しました。Coltのマネージドイーサネット専用線サービスを活用し、デジタルコンテンツを各会場のサーバに配信し、ベルリン内の広範なメトロエリアネットワークとデータセンターを利用し、Coltは映画祭の会期中、スムーズな映画上映に必要なネットワークサービスと接続ソリューションを提供しました。 「Coltは技術的な観点だけではなく、パートナーとして私たちのビジネスの目標達成の観点からも協力してくれました。これは映画祭の精神にも通じる考え方です」-ベルリン国際映画祭ディレクター ...
Continue Reading

Alpargatas社の人気ビーチサンダル、ハワイアナスの世界流通をサポート

ハワイアナス(havaianas)のビーチサンダルで有名なブラジルのAlpargatas社は、スペインのマドリードに本社を置き、英国、フランス、イタリア、ポルトガル、ドイツに営業所を展開しています。 Alpargatas社はヨーロッパでの事業拡張に伴い、本社および営業所間の通信を統一するためにColtの仮想専用ネットワーク(VPN)を採用しました。暗号化機能を兼ね備えたVPN接続により、新規でソフトウェアをインストールすることなく全従業員がどこからでも安全にネットワークにアクセス可能となりました。 「ColtのVPNはAlpargatas社ヨーロッパの事業成長の要であり、事業運営をサポートしてくれています。高信頼性のネットワークおよび迅速な対応という、我々がITプロバイダーに期待していた要求に応えてくれました。」 ―AlgargatasヨーロッパのIT担当ディレクター、Adolfo Martín氏
Continue Reading

EUROVISION社事例 新ネットワークにより4倍の伝送能力と20%のコスト削減を実現

ヨーロッパ放送連合(EBU)を母体とするEUROVISIONは、年間45,000時間以上のスポーツ中継および88,000時間以上の番組を放送しています。Coltネットワーク導入にあたり、番組放送を中断することなくスムーズに移行すること、そして4Kテレビやセカンドスクリーンサービス、リモートプロダクションの普及といった放送関連の将来的な技術進展にも対応できるネットワークであることが必須でした。 Coltがヨーロッパ全域のネットワークを直接コントロールすることにより、ネットワーク管理が簡易化し、生放送や中継において重要な計画保全の可視化や不測の事態への迅速な対応が可能となりました。 EUROVISIONとColtのネットワークマネージャー同士が直接連携することで、問題発生時も迅速に解決し、EUROVISIONが求める高度な技術サポートを提供可能となりました。また、ネットワークパフォーマンスそのものが向上したことで、高品質かつ安定した放送を続けられるようになりました。 「Coltとの長年の付き合いから、高品質のサービスを確実に提供いただけるという信頼がありました。超高解像度TVやセカンドスクリーン・サービス、遠隔制作機能を実現するため、非圧縮フォーマット対応の10GbpsのEthernetによるビデオ伝送機能の提供はもちろん、大規模かつ複雑な本移行プロジェクトを予定通り遂行するため、当社の事業やネットワークに対するニーズについても精通しているColtのサポートが無ければ実現できませんでした。」- ...
Continue Reading