コールダイレクト株式会社

Homeネットワークサービス事例コールダイレクト株式会社

「LEVERAGE POINT」の提供基盤として高いスケーラビリティを持つAWSと、Coltの高品質な専用ネットワークを併せて導入しました。AWSとColtを組み合わせることで閉域網接続が可能となり、オンプレミス環境と変わらないクオリティでサービスを提供できています。コールダイレクト株式会社、社長、日野 豊

ソリューション

 

「LEVERAGE POINT」の基盤にAWSとColtのネットワークを導入し、安定したサービス提供を実現

SIP Trunking →Colt クラウド接続サービス (Dedicated Cloud Access) →AWS Direct Connect向け →

課題

コールダイレクト株式会社は、自社開発のアウトバウンドシステム「LEVERAGE POINT」をはじめとするコールセンターサービスを提供するITサービス事業者だ。「LEVERAGE POINT」はWEBブラウザのみで完結できるクラウド型コールセンターシステムで、プレディクティブダイアラー(予測発信機能)によりオペレータ数に応じて発信数を自動コントロールすることで架電効率を向上させ、ユーザー企業のビジネスに貢献してきた。従来、同社はデータセンターをサービス運用基盤としていた。ユーザー企業数は年々増加しており、キャンペーンのなどの急な案件に設備が追いつかなかった一方で、繁忙の波が激しく、ピーク時に合わせてサーバー構築を行うと余剰が発生してしまうことが悩みだった。オンプレミス環境での運用にはサーバーリソースおよび管理にかかる人的リソースの両面で限界を感じており、容量とコストの両面でバランスをとれるIT環境を探していた。

Coltをお選びいただいた理由

「LEVERAGE POINT」の運用環境を見直すにあたり、従来のオンプレミス境をすべてAmazon WebService(以下AWS)へ移行することを決めた。AWSへの移行に際して、同社が重視していたのは品質とコストの二点だった。品質について、「LEVERAGE POINT」は保険代理店や通販事業者など個人情報を扱うユーザー企業が多いため、セキュリティの確保は必須だった。そこで同社はAWS Direct Connectを利用し、AWSの東京リージョンへ閉域網接続が可能なColtクラウド接続サービスを採用した。インターネットを経由しないことで、ユーザー企業の求める高いセキュリティレベルを満たすことができた。

また、Colt SIP TrunkingとColtクラウド接続サービスを併用する構成の採用によりSIP直収と同等の使い勝手を実現し、遅延や停止の許されないSIPゲートウェイ機能を安定した品質で提供できている。同社がクラウド移行にあたり最も懸念していた公衆網との通信におけるボトルネックは解消され、通話品質に影響を出さずにAWSへ移行できた。

オンプレミス環境からクラウド環境に移行したことで、ユーザー企業のニーズにより柔軟に応えられるようになりました。クラウド環境において、従来のオンプレミス環境と変わらない高い音声品質とセキュリティを担保できるのはColtとAWSの2社だけでした。ITマネージャー、深山 雅弘

コストの面では、AWSに移行したことにより、ユーザー企業の要望に合わせて適切なボリュームを選択できるため、余剰コストを気にする必要がなくなった。加えて、オンプレミス環境の管理にかかっていた人的リソースやコストが大幅に削減した。さらに「肝心の電話通信費についても、大変リーズナブルで助かっています」と深山氏は付け加えた。

今後の展望

「LEVERAGE POINT」はアウトバウンドコールセンターの生産性を高めるベストソリューションだ。現在は、ユーザー企業から要望の多いインバウンド機能との統合の推進に加え、SNS等ソーシャルメディアとの連携を持たせることで、電話に限らず様々なコンタクトポイントに「LEVERAGE POINT」が関わることでユーザー企業と消費者・生活者とのリレーションを高めていく計画だ。

『Colt、AWS共に英語でのテクニカルサポート対応が可能な点も、海外展開を進める上で非常に助かっています。ColtとAWSの組み合わせが「LEVERAGE POINT」の鍵になると確信しています。「LEVERAGE POINT」は今後さらにサービス拡充を進めて参りますので、引き続き安定した提供ができるようにインフラの観点からサポートいただきたいと思います』と日野氏は語った。

お客様の導入事例:コールダイレクト株式会社

calldirect-logo

Colt Technology Services

29 September 2017

Recent posts

Colt、台湾の3つの取引所にてフルホスティングサービスを提供 TWSEの連続取引導入に伴う需要増大に対応

東京発 –  広帯域ネットワーソリューションの大手プロバイダー、Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、台湾証券取引所(TWSE)が2020年3月23日に連続取引を導入したことにより増大する需要に応え、台湾の3つの取引所でのフルホスティングサービスの提供開始を発表しました。Coltは、アジア、ヨーロッパおよび米国など他の市場でも同様のサービスを提供しており、ホスティング、取引所でのコロケーションサービスや、低遅延ネットワークサービスの提供で市場のリーダーとなっています。 Colt ...
Continue Reading

未来のネットワークと変化する需要に対して私たちができること

Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、現在のこの様な状況が起きることは今まで予想もしませんでした。 突然、多くの人が今までの働き方や生活を大きく変えなくてはいけない事態に遭遇し、この状況はしばらく続きそうです。 1年前に、将来のネットワークについて書いたことがあります。リモートワークをする社員が増え、クラウドサービスに大きく依存するようになるだろうと書きました。現在、多くの企業が計画を前倒して、これを実施しています。 この数週間、平均より20倍のデータキャパシティを要求するお客様が出ています。ボイスでも同様のリクエストが入っています。私たちは通信業界のパートナーと密接に協力して、キャパシティマネジメントをおこない、お客様の需要にしっかりと応えていきます。 ...
Continue Reading

Colt、アジア代表兼日本法人代表取締役として星野真人を任命

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、2020年3月1日付で星野真人がColtグループのアジア代表、および日本法人であるColtテクノロジーサービス株式会社の新代表取締役社長に就任したことをお知らせいたします。これまで、アジア代表兼日本法人代表取締役として同社の事業および企業文化の発展に貢献してきた日置健二は同職を退任しますが、Coltアジアの副会長として今後もアジアでの事業を支えていきます。 星野は今後、当社のアジア太平洋地域の事業全般を統括し、社外対応の責任者およびスポークスパーソンとしてアジアでの事業発展に尽くしていきます。また、日本法人の代表取締役として同社の経営に従事し、Coltグループの最高営業責任者(COO)であるKeri ...
Continue Reading