株式会社カプコン

Homeネットワークサービス事例株式会社カプコン

オンラインゲームサービスにおいて、レスポンスの早さは ユーザー様の満足度に直結する重要な要素です。Coltの 低遅延かつ安定したネットワークにより、快適なユーザー様 体験を実現することができました。株式会社カプコン、技術研究開発部 通信技術室、サービス基盤チーム サービス長補佐、目黒 恵 氏

ソリューション: ゲームサーバーとバックエンドサービス間の接続用ネットワークとしてColt Waveを採用

Colt Waveサービス →

課題

株式会社カプコンは、大阪に本社を構え、「遊文化」をクリエイトし、人々に「感動」を与える「感性開発企業」という理念のもと世界有数のソフト開発力を強みとして多くの作品を展開してき たゲームソフトメーカーだ。一世を風靡した対戦格闘ゲーム 『ストリートファイターII』、世界的に大ヒットしたサバイバルホラー『バイオハザード』などの代表作をはじめ、常にゲーム業界の先駆けとなる作品を創造し、国内外で数々のヒットタイトル を生み出し続けてきた。
同社は、自社で開発しているフロントシステムと、バックエンドサービスとの連携のためにネットワークを利用しており、ゲームサーバー側のデータセンター移設に伴い、新しい拠点とバックエンドサービスを安定して接続するネットワークを探す必要が あった。また、当初は他社VPNを利用して接続していたが、帯域逼迫によるパフォーマンスの低下が悩みだった。バックエンドサービスではアカウント認証や課金システム等を運用しており、ユーザーはログイン時や課金の際に各種デバイスからゲーム サーバーを経由してバックエンドサービスにアクセスする。サーバー間連携にかかる時間はユーザーの待ち時間に比例するため、ネットワーク環境の見直しは避けて通れない課題だった。
「オンラインゲームサービスにおいて、読み込みやシステム処理にかかる時間を短縮化し、いかにストレスを減らすか、ということが快適なユーザー様体験に密接に関わっています。そのため、レイテンシーが少なく安定したネットワークの導入が必須でし た」と目黒氏は振り返る。

Coltをお選びいただいた理由

同社はデータセンターとオフィス間の安定した接続のため、Coltの広帯域専用線サービスであるColt Waveを導入した。以前利用していた100Mbpsの他社VPNは帯域が不足していたため、Colt Waveの導入時は帯域を10Gbpsまで増速した。
「サービスリリースやメンテナンスの直後の急激なアクセス増加により、ゲームサーバーへの同時接続数が10万人を超えることもあります。Coltのネットワークはアクセスのピーク時にも十分対応可能な帯域幅を確保できるため、ユーザー様を 待たせることなく、安定してサービスを提供できるようになりました。Colt Waveを導入してから大きなトラブルもなく、安心して利用できています」と平山氏は満足感を示した。
また、オンラインゲームでは、ゲームサーバー上にタイトルおよびコンテンツが増えれば増えるほどバックエンドサービス上で管理するアカウント情報も増える仕組みだ。

バックエンドサービスは複数タイトルに向けて提供するため、オンラインサービス提供のためのプラットフォームとしてさらに重要性を増していきます。ネットワークの安定性の担保は優れたユーザー様体験の実現には欠かせません。株式会社カプコン、技術研究開発部 通信事業室、サービス基盤チーム、平山 慧 氏

さらに、バックエンドサービスはユーザーの個人情報を含んでおり、ゲームサーバーと比較してもさらに強固なセキュリティを追求する必要がある。「Colt Waveは完全閉域で拠点間を接続できるため、高いセキュリティを兼ね備えている点も採用の決 め手でした」と目黒氏は付け加えた。

Colt Waveサービス 接続 - 10Gbps - 株式会社カプコン (CAPCOM CO., LTD.)

今後の展望

同社はオンラインサービスの拡充にあたり、さらにIT基盤を強化していく方針だ。また、今後は北米を中心に海外ユーザー向けのオンラインサービス展開にも力を入れていく。サービス提供エリアの拡大に伴い、ユーザー数増加への対応だけで なく、EU一般データ保護規則(GDPR)をはじめとする各国のセキュリティの法令への対応の必要がある。
「今後も国内外問わず、オンライン向けのコンテンツをさらに拡充していきます。Coltには低遅延かつ安定したネットワークの提供により、オンラインゲームをはじめとする各種サービスの提供をサポート頂きたいと思います」と目黒氏は述べた。

お客様の導入事例:株式会社カプコン

capcom-logo

Colt Technology Services

18 July 2018

Recent posts

Colt、台湾の3つの取引所にてフルホスティングサービスを提供 TWSEの連続取引導入に伴う需要増大に対応

東京発 –  広帯域ネットワーソリューションの大手プロバイダー、Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、台湾証券取引所(TWSE)が2020年3月23日に連続取引を導入したことにより増大する需要に応え、台湾の3つの取引所でのフルホスティングサービスの提供開始を発表しました。Coltは、アジア、ヨーロッパおよび米国など他の市場でも同様のサービスを提供しており、ホスティング、取引所でのコロケーションサービスや、低遅延ネットワークサービスの提供で市場のリーダーとなっています。 Colt ...
Continue Reading

未来のネットワークと変化する需要に対して私たちができること

Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、現在のこの様な状況が起きることは今まで予想もしませんでした。 突然、多くの人が今までの働き方や生活を大きく変えなくてはいけない事態に遭遇し、この状況はしばらく続きそうです。 1年前に、将来のネットワークについて書いたことがあります。リモートワークをする社員が増え、クラウドサービスに大きく依存するようになるだろうと書きました。現在、多くの企業が計画を前倒して、これを実施しています。 この数週間、平均より20倍のデータキャパシティを要求するお客様が出ています。ボイスでも同様のリクエストが入っています。私たちは通信業界のパートナーと密接に協力して、キャパシティマネジメントをおこない、お客様の需要にしっかりと応えていきます。 ...
Continue Reading

Colt、アジア代表兼日本法人代表取締役として星野真人を任命

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、2020年3月1日付で星野真人がColtグループのアジア代表、および日本法人であるColtテクノロジーサービス株式会社の新代表取締役社長に就任したことをお知らせいたします。これまで、アジア代表兼日本法人代表取締役として同社の事業および企業文化の発展に貢献してきた日置健二は同職を退任しますが、Coltアジアの副会長として今後もアジアでの事業を支えていきます。 星野は今後、当社のアジア太平洋地域の事業全般を統括し、社外対応の責任者およびスポークスパーソンとしてアジアでの事業発展に尽くしていきます。また、日本法人の代表取締役として同社の経営に従事し、Coltグループの最高営業責任者(COO)であるKeri ...
Continue Reading