Colt CEOカール・グリブナーのインタビュー記事

HomeブログColt CEOカール・グリブナーのインタビュー記事

Colt CEOカール・グリブナー氏「Coltにとって変革の年」

2016年11月7日 | Jason Mcgee-Abe

ColtのCEOカール・グリブナー氏は同社の2017年の戦略的優先事項、拡張計画そしてヨーロッパでの事業運営の主なチャレンジについて以下のように語りました。

この1年間のColtのハイライト、開発等の主な動きについて教えてください。

Coltにとって大きな変革の年でありました。1月にCEOとして就任して以来、シニアマネジメントチームの約4割が新しくなりました。会社は大きく変わり、戦略や社風もこの12カ月で大きく変わりました。

コア・インフラに多額の投資を行い、数テラビットのオプティカル基幹網や100Gbps接続に最適化された次世代パケット網を構築して、デジタル企業の増大する接続要件に対応できるようにしました。

現在、約300名の営業要員の採用を進め、優れたカスタマーエクスペリエンスを通してサービスの大幅改善を目指しています。

ヨーロッパ市場で事業運営するにあたり、何が一番難しいですか。今後これをどのように克服していきますか。

ヨーロッパは競合市場であり、Coltは多額の投資を行って100MB以下のコモディティ市場で競合するのではなく、1GB、10GBさらには100GBの広帯域のサービスを提供していきます。

お客様企業のビジネスは変わってきています。より高い帯域のサービスを要求し、クラウドサービスへの移行を進めています。クラウドサービスへの移行にはさらに2年くらいかかると思います。サービスやソフトウェアをクラウドに移すと、今まで以上に高い帯域が要求されるようになります。広帯域実現のための設備構築を行っています。テラバイト級の容量のネットワークを運用していきます。

2017年の戦略的優先事項や拡張計画について教えてください。

100Gbpsのネットワークを構築した後も、企業文化を変えるためにやらなくてはいけないことがたくさんあります。問題はいかに迅速に動き、お客様のニーズや要求に応えていくことができるかです。

そのために、300名の営業要員を採用し、優れたカスタマーエクスペリエンスを実現していきます。Coltはカスタマーエクスペリエンスという観点で、マーケットリーダとして認められています。NPS(Net Promoter Score:顧客推奨度)のスコアを2020年には60に上げる目標です。業界でも一番のお客様志向の会社となるべくプロジェクトを進めています。
ソフトウェアの活用も進めます。お客様や競合会社をみると、SDNという観点から、ヨーロッパも米国に追い付いています。ヨーロッパでこの12ヵ月、SDN分野で進展がありました。Coltと実証実験を行った米国の大手キャリアをはじめ、多くのパートナーとSDNで協力をしています。Coltがアプリケーションの開発を行っているお客様もいます。

拡張に関しては、年間少なくとも2つの新規メトロネットワークを構築していきます。アジアで2つ、新規にメトロネットワーク構築する他、ヨーロッパの中堅都市でも構築を行っていきます。まだデータセンターやクラウド集積ポイントとの接続も増やし、お客様をデジタルビジネスのコアに近づけます。

CapacityEurope 2016参加にあって御社は何を期待していますか。

業界のリーダと会い、意見交換するよい場です。お客様や競合会社と話しをして、互いの経験等を共有したいと思います。Coltの CTO のラジーブ・ダッタが本日開かれるSDNのパネルで話す予定で、Coltの経験を皆さんにお伝えします。

IMG_1I5A8817

Colt Technology Services

10 December 2016

 

Recent posts

世界最大の映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭において、デジタルコンテンツ伝送への移行をスムーズに実現

ベルリン国際映画祭(通称「ベルリナーレ」)は、毎年約30万人を超える来場者が訪れる世界最大級の映画祭のひとつです。Coltは、ベルリン国際映画祭で物理メディアに記録されたフィルムをスムーズにデジタルコンテンツ放送に移行するため、ビデオ伝送用ネットワークサービスを提供しました。 Coltは、複雑かつ高度なデジタル化に応えるため、ネットワーク、データセンターおよびITサービスを提供しました。映画祭成功のためにはフィルムの保管場所と上映会場を接続する高性能かつ高信頼性のネットワークが不可欠であり、ベルリン国際映画祭運営委員会は厳しい要求や制約等に応えられるネットワーク、データセンターおよびITサービスプロバイダーとの提携を求めていました。 厳しい納期と複雑な物流を克服し、Coltはフィルムが保管されているスタジオとベルリン各地に設置された20カ所の上映会場を接続する高速伝送システムを構築しました。Coltのマネージドイーサネット専用線サービスを活用し、デジタルコンテンツを各会場のサーバに配信し、ベルリン内の広範なメトロエリアネットワークとデータセンターを利用し、Coltは映画祭の会期中、スムーズな映画上映に必要なネットワークサービスと接続ソリューションを提供しました。 「Coltは技術的な観点だけではなく、パートナーとして私たちのビジネスの目標達成の観点からも協力してくれました。これは映画祭の精神にも通じる考え方です」-ベルリン国際映画祭ディレクター ...
Continue Reading

Alpargatas社の人気ビーチサンダル、ハワイアナスの世界流通をサポート

ハワイアナス(havaianas)のビーチサンダルで有名なブラジルのAlpargatas社は、スペインのマドリードに本社を置き、英国、フランス、イタリア、ポルトガル、ドイツに営業所を展開しています。 Alpargatas社はヨーロッパでの事業拡張に伴い、本社および営業所間の通信を統一するためにColtの仮想専用ネットワーク(VPN)を採用しました。暗号化機能を兼ね備えたVPN接続により、新規でソフトウェアをインストールすることなく全従業員がどこからでも安全にネットワークにアクセス可能となりました。 「ColtのVPNはAlpargatas社ヨーロッパの事業成長の要であり、事業運営をサポートしてくれています。高信頼性のネットワークおよび迅速な対応という、我々がITプロバイダーに期待していた要求に応えてくれました。」 ―AlgargatasヨーロッパのIT担当ディレクター、Adolfo Martín氏
Continue Reading

EUROVISION社事例 新ネットワークにより4倍の伝送能力と20%のコスト削減を実現

ヨーロッパ放送連合(EBU)を母体とするEUROVISIONは、年間45,000時間以上のスポーツ中継および88,000時間以上の番組を放送しています。Coltネットワーク導入にあたり、番組放送を中断することなくスムーズに移行すること、そして4Kテレビやセカンドスクリーンサービス、リモートプロダクションの普及といった放送関連の将来的な技術進展にも対応できるネットワークであることが必須でした。 Coltがヨーロッパ全域のネットワークを直接コントロールすることにより、ネットワーク管理が簡易化し、生放送や中継において重要な計画保全の可視化や不測の事態への迅速な対応が可能となりました。 EUROVISIONとColtのネットワークマネージャー同士が直接連携することで、問題発生時も迅速に解決し、EUROVISIONが求める高度な技術サポートを提供可能となりました。また、ネットワークパフォーマンスそのものが向上したことで、高品質かつ安定した放送を続けられるようになりました。 「Coltとの長年の付き合いから、高品質のサービスを確実に提供いただけるという信頼がありました。超高解像度TVやセカンドスクリーン・サービス、遠隔制作機能を実現するため、非圧縮フォーマット対応の10GbpsのEthernetによるビデオ伝送機能の提供はもちろん、大規模かつ複雑な本移行プロジェクトを予定通り遂行するため、当社の事業やネットワークに対するニーズについても精通しているColtのサポートが無ければ実現できませんでした。」- ...
Continue Reading