千代田化工建設株式会社

Homeネットワークサービス事例千代田化工建設株式会社

Coltは豊富なサービスメニューから要望に合ったサービスを選択できるため、私たちの要望に合ったネットワークを構築できました。Coltのネットワークを導入したことで、ユーザーが不便なく使えるシス テム環境を提供しながら、私たちITマネジメントユニットとしては業務の効率化とコストの最適化を同時に実現できたため、非常に満足しております。千代田化工建設株式会社、ITマネジメントユニット、コーポレートICTセクション、石野 大介

ソリューション 1: AWS上での大容量データ解析に低遅延・広帯域なColtクラウド接続サービスを導入

課題

世界40カ国以上でエネルギー・化学・環境・医薬品・産業設備のプラント建設実績を持つ千代田化工建設株式会社。「エネルギーと環境の調和」を理念に、エネルギー関連技術のフロントラン ナーとして常に変化に挑戦しながら、エンジニアリングを通じて実りある社会の発展と地球環境の調和に貢献してきた。同社は、パイプや配管内のガスの経路をモデリングすることで品 質や正確性を分析する「熱流動解析システム」など、膨大なデータを同時計算、並列処理している。「瞬間風速的にデータ量が増大す るため、従来のオンプレミス環境では容量・コスト・人的リソースの すべての点で限界を感じていました」と石野氏は語る。また、同社はSAPの会計システムのログなど、会社法や法人税法 により保管期間が定められたデータをオンプレミス環境で保有し ていた。データベースを参照する頻度は低いものの、一定期間の 保管が義務付けられているため、サーバーリソースの最適配分と機器の維持・管理にかかる人的リソースの削減が課題だった。

Coltをお選びいただいた理由

オンプレミスではスペック追加のたびに機器の手配が必要だ。パブリッククラウドは必要な時に必要な量だけ利用できるため投資対効果が高いと判断し、同社はAWSへの移行を決めた。 クラウド移行にあたってネットワークプロバイダー数社の提案を比較した上で、最終的に採用したのはColtクラウド接続サービスだった。「Coltは最も投資対効果が高かったことに加え、サービ ス内容が豊富な点が魅力的でした。より高い可用性でAWS接続を可能にするネットワークの冗長構成に加え、ルーターの設定まで含めた総合的な提案をして頂きました。複数のオプションを 比較しながら、構成・価格感共に弊社の要件に最適なネットワークを選択できたのはColtだけでした」と石野氏は強調した。同社は、ネットワーク導入と併せてルーターなどの機器の設定・保守も一括で任せられるマネー ジドサービスも利用している。「ITシステム部の運用負荷を大幅に軽減できたことに非常に満足しています」と石野氏は付け加えた。

ソリューション 2: インターネットのバックアップ用ネットワークとしてColt IP Accessを導入

課題

同社が既存で利用していたデータセンターの障害によりインターネットが切断され、Office365などのシステムを半日以上利用できず社内外のコミュニケーションが取れなくなってし まったことがあった。「これを機に経営層からネットワーク環境を即座に見直すよう強い指示があり、事業継続計画(BCP)の面で業務を安定して遂行できるネットワークの迅速な再設計を余儀なくされました。ディザスターリカバリー(DR)の観点からも、災害や社会インフラ障害によるシステム停止に備えるためにネットワークの増強は急務でした」と石野氏は語った。

Coltをお選びいただいた理由

同社はデータセンター障害により社内外のコミュニケーションが絶たれたことに強い危機感を抱いた。経営層からもITインフラを再構築し、BCPやDRを強化するよう指示があり、すぐに数社 のプロバイダーを比較・検討した。社内システムを安定して利用できるキャリア冗長構成を短納期で実現できたことが決め手となり、既存のインターネットのバックアップ用ネットワークとしてColt IP Accessを導入した。「Coltには限られた納期の中で迅速にサービスを提供していただきました。提案いただいてからネットワーク敷設までの全ての導入工程を約三か月で完了して 頂けた点を高く評価しています」と石野氏は語った。

Coltのインターネットは現在BCPだけでなく、EDIサーバーの認 証としても利用されている。「Coltのインターネットは用途に合わせて利用帯域を調節できるバースト型のサービスメニューを選 択できたことも魅力的でした。必要に応じて最大1Gbpsまで帯域を拡大することが可能で、使った分だけ課金されるため、投資対効果の高さを実感しています」と石野氏は満足感を示した。

今後の展望

同社で取り扱うデータ容量は年々増加している。特に開発系のシステムは必要に応じて随時環境を増強する必要があるため使いたい時に使いたいだけ利用できるパブリッククラウドの利 便性の高さを実感している。「今後は基幹システムなどもクラウドへの移行を検討しています。Coltには引き続き、私たちの要件に最適なネットワークをご提案頂きたいと考えています。また、国 内だけでなく海外でも利用できるクラウド上のシステムの開発も進めており、Coltには強みであるグローバルネットワークを活かして弊社の海外拠点のインフラ増強もサポート頂ければと思います」と石野氏は語った。

お客様の導入事例:千代田化工建設株式会社

CHIYODA-Logo

Colt Technology Services

28 August 2017

Recent posts

Colt、台湾の3つの取引所にてフルホスティングサービスを提供 TWSEの連続取引導入に伴う需要増大に対応

東京発 –  広帯域ネットワーソリューションの大手プロバイダー、Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、台湾証券取引所(TWSE)が2020年3月23日に連続取引を導入したことにより増大する需要に応え、台湾の3つの取引所でのフルホスティングサービスの提供開始を発表しました。Coltは、アジア、ヨーロッパおよび米国など他の市場でも同様のサービスを提供しており、ホスティング、取引所でのコロケーションサービスや、低遅延ネットワークサービスの提供で市場のリーダーとなっています。 Colt ...
Continue Reading

未来のネットワークと変化する需要に対して私たちができること

Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、現在のこの様な状況が起きることは今まで予想もしませんでした。 突然、多くの人が今までの働き方や生活を大きく変えなくてはいけない事態に遭遇し、この状況はしばらく続きそうです。 1年前に、将来のネットワークについて書いたことがあります。リモートワークをする社員が増え、クラウドサービスに大きく依存するようになるだろうと書きました。現在、多くの企業が計画を前倒して、これを実施しています。 この数週間、平均より20倍のデータキャパシティを要求するお客様が出ています。ボイスでも同様のリクエストが入っています。私たちは通信業界のパートナーと密接に協力して、キャパシティマネジメントをおこない、お客様の需要にしっかりと応えていきます。 ...
Continue Reading

Colt、アジア代表兼日本法人代表取締役として星野真人を任命

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、2020年3月1日付で星野真人がColtグループのアジア代表、および日本法人であるColtテクノロジーサービス株式会社の新代表取締役社長に就任したことをお知らせいたします。これまで、アジア代表兼日本法人代表取締役として同社の事業および企業文化の発展に貢献してきた日置健二は同職を退任しますが、Coltアジアの副会長として今後もアジアでの事業を支えていきます。 星野は今後、当社のアジア太平洋地域の事業全般を統括し、社外対応の責任者およびスポークスパーソンとしてアジアでの事業発展に尽くしていきます。また、日本法人の代表取締役として同社の経営に従事し、Coltグループの最高営業責任者(COO)であるKeri ...
Continue Reading