Colt、PCCW Globalとブロックチェーン決済の実験を発表

HomeColt、PCCW Globalとブロックチェーン決済の実験を発表

ColtとPCCW Globalは、キャリア間決済にかかる時間を月間数百時間から1分以内に大幅に短縮する概念実証(PoC)を実施

ロンドン発Coltテクノロジーサービス及びHKTの国際事業部門であるPCCW Globalの大手通信プロバイダー2社は、ブロックチェーンのスタートアップ企業であるClearと提携しました。この提携により、ブロックチェーンテクノロジーを活用し、キャリア間決済にかかる時間を数時間から数分まで短縮する実験を実施しました。

この概念実証の目的はブロックチェーンテクノロジーを利用してキャリア間決済の効率化、信頼性および拡張性の向上を実現することでした。

多くの通信業者がキャリア間精算の決済処理に類似したプロセスを経るため、今回の概念実証はキャリア間精算の決済にフォーカスしました。

ホールセール・キャリアにとって決済は非常に重要ですが、まだ手作業が中心であり、コスト負担も大きいなど、多くの問題を抱えています。ブロックチェーンの暗号手法を利用した改ざん不可能な分散型台帳テクノロジーを利用することにより、何万もの通話記録を数分で解析、決済できます。数百時間もかかっていた手作業が、ブロックチェーンテクノロジーを活用することで数秒の自動認証および決済で済むようになります。

さらに、機密情報・専有情報が頻繁にやり取りされ、詐欺が蔓延し、紛争解決のための時間や労力が絶えない通信業界において、ブロックチェーンテクノロジーを使用することで、処理時のセキュリティや信頼性の向上が期待できます。

現在のブロックチェーンテクノロジーの多くは拡張性、契約プライバシー、企業向けビジネス・ロジックなど、業界全体の決済、決済プラットフォームにとって重要な要素に対するソリューションが欠けています。しかし、今回の概念実証では、専有テクノロジーを利用することにより、ブロックチェーンベースのホールセール取引システムの有効性が実証されました。

ColtとPCCW Globalは両社ともにITWグローバルリーダーズ・フォーラム(GLF)のメンバーであり、このフォーラムでブロックチェーンに関して検討が行われ、提携が決まりました。GLFはプロバイダー間の相互運用や偏在性にフォーカスした環境を通信業界に築くことを目指しています。今回の概念実証は、これらのテーマを中心に据え、ブロックチェーンなどのテクノロジーが通信業界にどのような恩恵をもたらすかを調査しました。

ColtのCEOであるカール・グリブナー(Carl Grivner)は、次のように述べています。「Coltの目標は、機動性を持ち、お客様第一の企業となることであり、そのために、ブロックチェーンなどの革新的なテクノロジー活用の可能性を積極的に探っています。PCCW GlobalやClearと提携協力は画期的であり、我々は、ブロックチェーンによって通信業界の従来のビジネス慣習を変えられることを示しました」

PCCW GlobalのCEO兼GLF会長であるマーク・ハルブフィンガー(Marc Halbfinger)氏は次のように述べています。「ブロックチェーンが話題になっていますが、通信業界での利用は現時点でまだ限られています。今回の実験はまだ概念実証の段階ですが、Coltとの提携を通して、ブロックチェーンの活用により相互運用の方法が改善され、業界に価値がもたらされることを示していきたいと考えています」

ClearのCEOであるガル・ホックバーグ(Gal Hochberg)氏は次のように述べています。「業界全体の運用を革新させる力となるものを築くことができて光栄です。今回の概念実証はブロックチェーンが通信業界を大きく変える始まりを示すものです」

現在までに2回の実演を実施しており、そのうち1回は2018年1月に開催されたPTCでの実演です。概念実証でブロックチェーンの利用が、キャリア間ボイス・トラフィックの決済に効果があり、数週間(あるいは数カ月)かかる手作業が1分以下に短縮されることを示しました。

「今回の概念実証では、暗号通貨モデルの可能性について示し、キャリアは決済に現金を利用しないトークンベース・クレジット環境に移行できることを示します。もしこの実験が成功すれば、キャリア以外の他のテクノロジーサービス・プロバイダーもこのモデルを利用できます」とグリブナーは結びました。

Colt について
Coltは、先進的な広帯域ネットワークサービスの提供によって顧客のデジタル・トランスフォーメーションを実現するリーダー企業です。Colt IQ ネットワークは、ヨーロッパ、アジアおよび北米の主要都市にて800以上のデータセンターおよび25,000以上の商用ビル群を接続しており、さらに拡大し続けています。

またColtは、これまでカスタマー・ファーストの理念に基づいてサービスを提供し、大量のデータを扱う企業を中心に、約30ヶ国、200以上の都市に拠点を置くお客様より高い評価を頂いているほか、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)分野における革新的かつ先進的な企業としても広く認知されています。

Coltは業界でも安定した財源基盤のもと、競争力の高い価格で最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。
詳細についてはColtのウェブサイトをご覧ください。www.colt.net/ja

PCCW Globalについて
PCCW GlobalはPCCW Limitedを主要株主に持つ、香港の大手通信サービス・プロバイダーおよびHKTのグローバル事業部門です。PCCW Globalのネットワークは世界150カ国、3,000もの都市をカバーし、EthernetやIP、ファイバーやサテライト伝送ソリューション、国際ボイスおよびVoIPXサービス、マネージド・ネットワークおよびセキュリティサービス、OTTビデオやユニファイドコミュニケーションなどを含む各種「as-a-service」など、統合グローバル通信ソリューションのポートフォリオをサポートします。PCCW Globalは香港に本社を置き、ベルギー、中国、フランス、ギリシャ、日本、韓国、シンガポール、南アフリカ、アラブ首長国連邦、英国、米国に支店を置いています。PCCW Globalについてはこちらをご覧ください。 www.pccwglobal.com

HKTについて
HKT(香港証券取引所:6823)は、香港の有数の通信サービスプロバイダーであり、固定回線、ブロードバンドおよびモバイル通信サービスの主要オペレーターです。 ローカルの通話、ローカルデータ、ブロードバンド、国際通信、モバイル、および機器の販売、アウトソーシング、コンサルティング、コンタクトセンターなど、その他通信事業を含む幅広いサービスを備えた香港のパブリックおよびローカルおよび国際ビジネスのニーズに対応しています。

HKTは、親会社であるPCCW Limitedと共同で香港において、固定回線、ブロードバンドインターネットアクセスおよびモバイルプラットフォーム上でメディアコンテンツを配信する、4つのサービスを提供しています。

また、HKTは、家庭、職場、外出先など、お客様の日々の生活をより便利にするために、接続性を超えた革新的でスマートな幅広いサービスを提供しています。 詳細はこちらをご覧ください。www.hkt.com

Clearについて
Clearはあらゆる業界向けにブロックチェーン・ベースのホールセールサービスのクリアリングおよび決算プラットフォーム、サポート組織を構築します。 スマートコントラクトおよび最新の暗号技術を利用することで、Clearのテクノロジー・プラットフォームは企業が現在の非効率的なマニュアルプロセスから、リアルタイム取引やクリアリングへの移行を可能にします。業界リーダーと提携することで、持続可能な組織が生まれ、すべての参加者にメリットをもたらすような革新性、イノベーションを可能とします。Clearはデジタル変革により生まれるチャンスを活かし、コスト削減、協業拡大を可能とするグローバルインフラを構築します。Clearについてはこちらをご覧ください。 www.clearx.io

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
梁 鎭(リョウ チェン)
TEL: 03-4560-4480
E-Mail: asia-press@colt.net

クレアブ株式会社
ColtテクノロジーサービスPR担当:石黒/多田
TEL: 03-5404-0640 FAX: 03-5404-7120
E-Mail: colt@kreab.com

ダウンロード

Make Do

14 March 2018

Recent posts

英 Coltテクノロジーサービス最高マーケティング責任者「水谷 安孝」 「Japan IT Week 春」にて協賛セミナー講演

「日本人CMOに聞くAIと通信の描く未来」   Coltテクノロジーサービス株式会社(代表取締役社長兼アジア代表:星野真人)では、4月5日~7日に開催される「Japan IT Week 春」(主催:RX Japan株式会社)の第12回「IoTソリューション展 春」に出展いたします。当社は本展示会内「出展社セミナー」にて、英国本社のCMO(Chief Marketing Officer、最高マーケティング責任者)である「水谷安孝(みずたに・やすたか)」による講演を、4月5日(水)午後1時半より行います。 今回セミナー講師を務める「水谷安孝」は、2019年10月1日のCMO就任以来、“業界の中で最もお客様志向のビジネスを提供し続けていく”という目標に基づいたマーケティング戦略の実践を担ってきました。このマーケティング戦略は、AIを活用した科学的デジタル手法が特長で、そのデータ活用で世界各国の営業を支援してきました。 水谷はまた、今年1月に発表された、Coltの存在意義を説明する企業理念の改訂にも主軸として携わり、それは現在、「世界をリードする企業から選ばれるデジタルインフラ企業になること」と表されています。 この度のセミナーでは、「ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネススクールも熱視線!日本人CMOに聞くAIと通信の描く未来」と題し、コロナの影響で顕著に変化した通信トラフィックをAIにて分析し、より明確になったAIの存在感や、それに伴うマーケティングの変革、さらに日本市場への提言を行います。 展示会期間中はブース出展もいたします。以下URLにて入場にご利用いただける特別なe招待券(https://www.japan-it.jp/spring/ja-jp/visit/e-ticket-ex/iot.html?=coits2023?co=ml_iot-s-65uoxh)をご用意しましたので、ぜひセミナーへのご参加およびColtブース(東展示場E48-33)へのご来場にお役立てください。   【セミナー概要】 日時:               ...
Continue Reading

アジアの才気溢れる映画作品が、Coltの国際的光ファイバー網、 及びオン・デマンド・サービスによりベルリン国際映画祭に到達

過去15年に渡り同映画祭のオフィシャル・デジタル・シネマ・パートナーを務めているColtにより、アジアの映画製作会社は、シンガポールのデジタル・ハブを介して映画祭に作品を供給 注:本リリースは英国において2/9 (木)に発表されたリリースの抄訳です。 2023年2月17日 Coltテクノロジーサービス株式会社 (独フランクフルト/ベルリン、2023年2月9日発)– 第73回ベルリン国際映画祭(略称:ベルリナーレ(Berlinale))では、Coltの国際的光ファイバー網とオン・デマンド・サービス(Colt On Demand)を、シンガポールのハブを経由したアジアからの映画投稿配信に初めて使用し、APAC地域の映画制作者がより迅速、かつ安全に作品をベルリンに転送出来るようにしています。 このサービスは、特に安定した帯域幅の容量が課題となる世界各地からの投稿作品を出来るだけ簡単にアップロードできるようにするという、ベルリン国際映画祭事務局の戦略を支援するものです。このデジタル・インフラは、映画祭のサーバとフランクフルトのDE-CIXセントラル・インターネット・ハブを直接結ぶ、Coltの既存高帯域サービスを統合したもので、世界中のスタジオがアップロードに利用しています。 APAC地域の映画制作者は、作品をインターネット経由でシンガポールのパートナー・データセンターにあるサーバにアップロードします。Coltはそこから、データセンターと映画祭のフィルム・サーバがあるベルリンのColtノードとの間にイーサネット経由のエンドツーエンド・オンデマンド接続を確立します。 この為、ベルリン国際映画祭の技術チームは、Coltのオンデマンド・ポータルを介してシンガポールのデータセンターでDC Cross Connectを委託し、サーバとColtのエンドデバイスを接続しています。 ベルリン国際映画祭では、「Bandwidth Boost」機能を使って転送しています。これにより、需要に応じて帯域幅の容量を10Mbit/sから1Gbit/sの間で柔軟に拡張することができるようになりました。「Boostオプション」により、最大10Gbit/sのデータ転送が可能です。 「映画制作者にとって、配信を出来るだけ簡単にし、公平な競争環境を作ることが重要です。制作者はより多くの時間を撮影に費やすことができ、私たちは潜在的なフィルム・ファイルの問題に柔軟に対応することができます。デジタル・インフラのグローバル・プロバイダであるColtは、全世界で一様にサービスを可能にしたい我々にとって理想的なパートナーです」と、ベルリン国際映画祭のデジタル・シネマ担当テクニカル・ディレクター、オーヴ・サンダー(Ove Sander)氏は説明します。 ...
Continue Reading

企業のデジタルエンジンとなるセキュアなSD WANの導入へ

Home ❯ Colt、PCCW Globalとブロックチェーン決済の実験を発表 企業のネットワークインフラストラクチャは、ビジネスを運営する「エンジン」です。ビジネスを成功させるためには、安定したアンダーレイネットワーク、拡張性のあるオーバーレイ機器、そして想像を超えるシームレスなセキュリティ対策が揃っていることが重要です。 こうした条件を満たすには、セキュアなSD WANの導入が不可欠です。本レポートでは、次世代ネットワーク構築を目指す企業の皆様にSD WANを最大限活用する方法をご紹介しています。 【概要】・2023年版 最新のSASE、セキュリティトレンド・SD WANをシンプルに管理するパートナー選びのコツ・ネットワーク管理者向け、AIによるSD WAN活用法 ダウンロード
Continue Reading