Colt、北米拠点を拡大

HomeニュースColt、北米拠点を拡大

以下の文章は原文の翻訳です。記事の原文はこちら(注:英語です)
Colt expands presence in North America

Colt は増大する国際回線サービスの需要を取り込むために北米チームを強化

2016年11月16日

ロンドン発:事業拡大の一環として、 Coltテクノロジーサービス(以下、「Colt」)は本日、北米での営業およびサポートチームを強化拡大すると発表しました。この北米での事業拡大計画は、現地での市場経験を活かしてサポート体制を強化し、法人顧客にグローバルな広帯域通信サービスを提供し続けていくというColtの強い意志を表すものです。

ロンドンに本社を置き、ヨーロッパおよびアジア20カ国に営業拠点を持つColtは、イリノイ州シカゴとニュージャージー州ニュージャージーにある営業拠点を強化拡大します。また、北米およびグローバル・ホールセール担当シニア・バイズプレジデントとしてMike Buchnerを就任させるなど3名のエグゼクティブを北米におき、北米に新たなリーダーシップ・チームを設置します。

Mike Buchnerは、新たにダイレクトセールス担当バイスプレジデントとして就任するElgin Lemmonとインダイレクトセールス担当バイスプレジデントとして就任するMike Koppと協力し、既存顧客との関係を強化する他、チャネル・パートナーや新規顧客の拡大を狙います。また、Patrick Ferrettiがマーケティング担当ヘッドとなり、前述3名のバイスプレジデントと共にColtのマーケティング戦略を推し進めていきます。増大する需要に対応し、お客様に最高水準のサービスおよびサポートを提供するために、Coltはこのリーダーシップ・チームのもと、北米でのスタッフをこの12ヵ月で30パーセント増強します。

グローバルに事業展開するため超高速のセキュアなネットワーク接続を求める米国企業は増えています。またクラウドベースのインフラに移行する企業が増えているために、地域を越えた高信頼性、高速かつダイナミックな接続に対する需要が増大しています。

北米およびグローバル・ホールセール担当シニア・バイズプレジデントのMike Buchnerは次のように述べています。

北米での事業拡大により、Coltは優れたお客様サポートを付加して世界レベルのネットワークおよび通信サービスを提供するという戦略を推し進めていきます。またヨーロッパおよびアジアでの資産・経験が北米での経験豊富なチームをバックアップし、世界各地での帯域や接続需要に応えます。

Coltについて
Coltは情報集約的なビジネスの支援に向けて、オンデマンドのネットワークおよびコミュニケーションサービスを、ヨーロッパ、アジア、北米にわたって提供しています。1992年に設立されたColtは現在、28ヵ国で事業を展開し5,000人を超える従業員を擁しています。銀行など大手金融機関のトップ25社のうち18社、グローバルメディアおよび通信事業者のトップ25社のうち19社(Forbes 2000リスト、2014年)が、Coltのサービスを採用しています。さらにColtは、50以上の取引所およびヨーロッパの主要13銀行、アジアでは主要8銀行との取引実績を有しています。

Coltは選び抜かれた技術、サービスおよびビジネスに裏打ちされた、信頼性の高いビジネス・グレードのサービスを提供しており、様々なミッションクリティカルなシーンで選択されています。詳しい情報は、ColtのWebサイト www.colt.net/ja/ をご覧ください。

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
藤田 明美/梁 鎭(リョウ チェン)
TEL: 03-4560-7347
E-Mail: asia-press@colt.net

株式会社井之上パブリックリレーションズ
ColtテクノロジーサービスPR担当:関/高野/浦賀
TEL: 03-5269-2301
E-Mail: colt@inoue-pr.com

Pretty black hair young woman sitting in cafe, drinking coffee, browsing documents,using laptop

Colt Technology Services

17 November 2016

Recent posts

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading