Coltテクノ、アジア・米で金融ネット – 150機関接続

HomeニュースColtテクノ、アジア・米で金融ネット – 150機関接続

(日刊工業新聞より引用)

Coltテクノロジーサービス(東京都港区、日置健二社長、03・4560・4800)はアジアと米国で、金融機関と取引先を結ぶネットワークサービス基盤(金融エクストラネット)を月内に稼働させる。通信の遅延を低減したのが特徴で、証券取引所や証券会社など、まず50以上の金融機関が取引情報などをやりとりする。ITと金融を融合した「フィンテック」の拡大を見据え、年内に約150の金融機関の接続を見込む。・・・

(記事全文はこちら)

Young mixed race hipster couple taking selfie with mobile phone inside car

Colt Technology Services

11 May 2016

Recent posts

Colt、タイで超低遅延ネットワークを展開 最速のコネクティビティでマーケットデータサービスおよびマネージド・サービスを提供

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、タイで新たに超低遅延ネットワークを展開し、マーケットデータサービスおよびマネージド・サービスの提供を開始したと発表しました。これにより、バンコクおよびその他アジアの主要都市間でベストインクラスの低遅延サービスを展開していきます。 超低遅延ネットワークをタイまで拡張したことにより、Coltはタイ証券取引所(SET)と香港証券取引所(HKEX)間、およびSETとシンガポール取引所(SGX)間で市場最速のコネクティビティを提供できるようになりました。また、ColtはバンコクのSET内で低遅延取引インフラの設置を希望する金融業界のお客様向けにMarketPrizmサービスをスタートしました。 「Coltは、金融機関向けの長期コネクティビティプロバイダーとして認められており、当社の安全かつ信頼性の高いネットワークは、大手金融機関を含む世界中のお客様に信頼されています。私たちは競争市場で最速の実行速度を誇っており、取引執行にあたり多くの金融機関がColtの超低遅延ネットワークを選択しています。このたび、タイでもサービスが始まったように私どもはこれからもネットワークを拡張し、お客様のアジア太平洋地域でのさらなるビジネスの拡大をサポートしていきます。」と、Coltの代表取締役社長兼アジア代表の星野真人はコメントしています。 ...
Continue Reading

Colt、600Gの波長多重伝送に成功

東京発 –   Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、日本で初めて、商用の長距離ネットワークでの600Gの波長多重伝送に成功したと発表しました。 ...
Continue Reading