Colt、緊急通報の提供開始

HomeニュースColt、緊急通報の提供開始

Colt音声サービスにおいて、既存のお客様に対して2019 年3 月1 日より、緊急通報をご利用頂く事が可能となりました。

ご利用中のColt音声回線から緊急通報(110番・警察、118番・海上保安、119番・消防)を発信した際に、発信場所を管轄する所定の各機関との通話が可能となります。

各機関 電話番号
警察 110
海上保安 118
消防 119

 

ご利用開始可能日

2019年3月1日以降(日程については別途ご案内申し上げます)

対象となるサービス

以下の0AB-J番号を付与可能なColt音声サービスが対象となります。

位置情報の通知に関して

緊急通報の発信時には、事件・事故に迅速に対応するため、発信者の下記位置情報を各機関に通知することが法令により求められております。

  1. 発信者の電話番号
  2. 発信者の住所(Colt回線終端場所の住所)
  3. 発信者名(Colt回線終端場所の法人社名等)

非通知発信に関する取扱い

「184」を付加して発信した場合は、位置情報は通知されません。ただし、人命の保護の理由から位置情報の取得が不可欠であると各機関が判断した場合には、通知される場合があります。

その他、緊急通報に関する制度、機能・条件等については総務省のホームページ「緊急通報の機能」をご覧ください。http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/net_anzen/hijyo/tuho.html

ご利用に関しての注意

  • Colt回線が終端されている設置場所がお客様の位置情報として各機関へ通知されます。そのため原 則として本サービスの提供は、実際の音声サービスのご利用場所が、弊社とのサービス契約において認 識された住所と一致するお客様のみ提供とさせていただきます。
  • 提供可能と判断されたときであっても、複合ビルやデータセンター利用等、ご利用形態によっては各機 関において発信場所の特定が困難となる場合がございますので、発信場所の住所・ビル名・フロア番 号など詳細もお伝えくださいます様お願い致します。
  • 緊急通報を利用するためのお客様PBX等の設定変更作業は、お客様責任でご対応をお願い致します。またその際に発生する費用はお客様ご負担となります。
  • 動作確認等、テスト目的の発信は行わないようにお願い致します。

本ご案内に関するお問い合わせは、下記フォームまたは御社担当弊社営業までご連絡ください。

 

 

 

Photo series of Japanese digital artist at his home studio taking a coffee break.

Make Do

04 March 2019

Recent posts

Coltグループ、2030年までにグローバル規模で純排出量ゼロの実現にコミット

ロンドン発- Coltテクノロジーサービス株式会社、Coltデータセンターサービス(Colt DCS)を含むColtグループは、2030年までに同グループのすべての事業において、グローバル規模での炭素純排出量ゼロを実現するというコミットメントを発表しました。テクノロジー業界の主要企業として、この取り組みは、新技術や既存技術の開発を通じて、ゼロカーボン経済への移行を加速させるという同グループの野心的な道のりの一部を形成しています。 Coltは、SBTイニシアチブによって承認された科学的根拠に基づく包括的な排出削減目標を設定しました。2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を46%削減し、サプライヤーと緊密に協力してサプライチェーン全体でスコープ3の排出量を大幅に削減することで、2030年までに地球温暖化を2℃よりもはるかに低く抑えることを目指します。この動きは、同グループの将来の事業戦略の中核をなすサステナビリティ戦略と、そのDNAに組み込まれています。 ...
Continue Reading

Colt、マーケットデータサービスのポートフォリオに中国の7つの取引所を追加

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、中国の7つの取引所をマーケットデータサービスのポートフォリオに加えたと発表しました。ヨーロッパ、北米、アジアで展開するマーケットデータサービスに新たに中国の取引所が加わり、Coltは株式、先物および商品取引所のマーケットデータサービスを包括的に提供する唯一のプロバイダーとなります。 これにより、お客さまは香港証券取引所(HKEX)のコロケーションファシリティから直接、上海証券取引所(SSE)、深圳証券取引所(SZSE)、中国金融先物取引所(CFFEX)、鄭州商品取引所(ZCE)のマーケットデータサービスにアクセスできるようになります。また、2021年Q3には上海先物取引所(SHFE)、大連商品取引所(DCE)、上海国際エネルギー取引所(INE)が追加される予定です。 Coltは、認可を受けたマーケットデータ・プロバイダーとしてボラティリティの高い期間も一貫した低遅延で、データをRAWフォーマットまたはソフトウェアノーマライズフォーマットのいずれかで配信します。お客様が取引所内にコロケーションしている場合は、Coltからのデータを直接受け取ることができます。また、取引所から離れている場合は、安定した低遅延やレジリエンシーを組み込んだColtのグローバルネットワークやColt ...
Continue Reading

約款変更のお知らせ

平素よりColtテクノロジーサービス株式会社のサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。 2021年9月1日より、以下のとおりColtサービス契約約款とColt電話サービス等契約約款を変更しますので、変更内容についてご確認ください。   変更内容 ...
Continue Reading