Colt、シンガポールで自社ネットワーク運用のイーサネットサービス提供開始

HomeニュースColt、シンガポールで自社ネットワーク運用のイーサネットサービス提供開始

– 次世代イーサネットサービス「etherXEN」をシンガポールへ拡張-

Coltテクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、以下「Colt」)は本日、シンガポールに新たな自社ネットワークを展開し、同国における次世代イーサネットサービス「etherXEN SG」を提供開始しました。本サービスは、Coltがすでに関東首都圏および大阪エリアで提供している超低遅延かつ高品質なイーサネットサービス「etherXEN」をシンガポールに拡張したサービスです。クラウドやデータセンターとの親和性が高く、広帯域への需要に対応しています。

Coltは都市部(メトロエリア)に特化したサービス展開という戦略にもとづいてネットワーク基盤を拡大しており、今回のシンガポールでのサービス開始は同戦略におけるアジア展開の一環となります。これにより、Coltが日本国内やヨーロッパの既存メトロエリアで展開するネットワークサービスは合計48となります。Coltはこれらメトロエリアに拠点を持つ日本企業を含む多国籍企業等のお客様が求めるネットワーク接続の需要に今後も応えていきます。

「etherXEN SG」は、コアバックボーンネットワークの全体を冗長構成とし、SDNベースのプラットフォームを活用しており、Coltが回線敷設および運用をエンド・ツー・エンドで行います。さらに、サービスを構成するネットワーク機器はMEFキャリアイーサネットCE2.0認証 に準拠しており、国際標準に沿ったネットワーク仕様と品質が保証されています。また、最短契約期間を3ケ月とする柔軟性の高い契約形態で提供され、SLA(サービス品質保証)に追加でサービス提供納期、 MTTR(平均復旧時間)、パケットロスに関する品質保証を含むことも可能です。

etherXEN SG diagram

Coltテクノロジーサービス株式会社 アジア代表 近藤ポールは次のように述べています。「ColtはこのたびシンガポールにおけるFBOライセンス(FBO:自前設備を所有するオペレータ、Facility Based Operator)取得を実現し、etherXENをシンガポールに拡大します。FBOライセンス取得はColtが今後も継続的にアジア市場にコミットし、ビジネス投資を行っていく姿勢を表しており、ヨーロッパとアジアの主要なビジネスの中心地であるメトロエリアでネットワークを提供するColtの戦略を支えるものです。」

「etherXEN SG」はサービス・ラインナップとして、「帯域保証タイプ」、「バーストタイプ」、「帯域共有タイプ」の他、AWS Direct Connectへの接続サービスを取りそろえ、各サービスにおいて価格競合力と高い品質保証を同時に実現します。本サービスの価格は個別見積もりとなります。「etherXEN SG」の提供サービス詳細については、asia-sales@colt.net(日本)、sales-sg@colt.net(シンガポール)、sales-hk@colt.net(香港)へお問い合わせください。

Colt について
Colt Technology Services (Colt)はITインフラをグローバル展開し、企業向けネットワーク、音声、データセンターサービスを通じて企業のビジネスゴール達成を支援する通信事業者です。顧客には銀行及び金融グループのトップ25社のうち18社、グローバルメディアおよび通信事業者のトップ25社のうち19社(Forbes 2000リスト、2014年)が名を連ね、50以上の取引所およびヨーロッパの主要13銀行との取引実績を有しています。
Coltの接続都市は世界200を超え、ヨーロッパ、アジアおよび北米で事業展開しています。また近年、東京に本社を置き香港、ソウル、シンガポールに拠点を有する通信事業者KVHと事業統合しました。KVHはColtブランドへの統一に伴い、「Coltテクノロジーサービス株式会社」へと社名変更しました。

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
美濃部直子
TEL: (03)-4560-7104
E-Mail: asia-press@colt.net

Colt広報代理店(エデルマン・ジャパン株式会社)
安達沙織、榑松翔、中田清光
TEL: (03)-4360-9027
E-mail: coltjp@edelman.com

Side view of man using laptop at coffee table while sitting on sofa. Full length of male is financial planning at home. He is in living room.

Colt Technology Services

18 January 2016

Recent posts

パーソルキャリア株式会社

Oracle Cloud Infrastructureとの接続にColtクラウド接続サービスを採用 低遅延・広帯域のColtクラウド接続サービスによりOCIとデータセンターをセキュア ...
Continue Reading

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading