Colt、ASXおよびCME取引所間で低遅延接続サービス開始

HomeニュースColt、ASXおよびCME取引所間で低遅延接続サービス開始

世界の主要金融市場を接続する超低遅延ネットワークのアップグレードおよび拡張に引き続き大型投資実施

ColtグループのAPAC部門として法人向け広帯域ネットワークをグローバルで展開するColtテクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長、アジアCCO兼アジア代表:日置健二、以下「Colt」)は本日、オーストラリア証券取引所(ASX)およびシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)を結ぶ業界でも最低遅延の超低遅延サービスを開始したと発表しました。この新ルートのサービスの実施により、ColtはASXに安全でプロテクトされたサービスを提供することができます。さらに、ColtはASXと東京の日本取引所グループ(JPX)間の低遅延ネットワークをアップグレードします。この新ルート構築およびアップグレードは、主要取引所や金融市場を結ぶ低遅延ルートをアップグレードするというColtの戦略的拡張計画の一環です。

ASX-CME間ルートはアジア太平洋地域で運用するバイサイドおよびセルサイドの金融機関のニーズに応えるもので、特に高頻度取引(HFT)戦略で重要になります。新ルートのエンド・ツー・エンドの往復遅延値(RTD)は179ms未満です。なお、アップグレード後のASX-東京間ルートのエンド・ツー・エンド往復遅延は99.5ms未満となります。

Coltのキャピタルマーケット担当バイスプレジデントであるアンドリュー・ハウスデン(Andrew Housden)は、次のように述べています。「Coltは最新のネットワークテクノロジーと優れたカスタマーサービスで、最も要求の厳しい金融機関のニーズに応えていきます。そのためにも、米国、アジア太平洋地域を始めとする各地域の金融機関の取引戦略をサポートするセキュアな超低遅延ネットワークサービスを拡張、開発していきます。Colt IQネットワークはあらゆる地域で常に高品質のサービスを提供し、市場参加者の競争力強化をサポートします」

Coltの超低遅延サービスポートフォリオは世界の主要取引所間のネットワーク接続を提供し、投資銀行、アセット・マネジャー、HFTトレーダーやその他市場参加者など金融機関のニーズに応えます。昨年、Coltはグローバルネットワークを積極的にアップグレードおよび拡張し、既存のアジア、ヨーロッパおよび北米の主要取引所等を結ぶColtサービスポートフォリオをさらに加勢しました。

この半年以内に、ColtはJPXとシカゴ間の超低遅延ネットワーク、ASX、HKEX、SGX、JPXなどのアジア太平洋地域の大手取引所間主要ルートの超低遅延最適化などを発表してきました。

Colt について
Coltは、先進的な広帯域ネットワークサービスの提供によって顧客のデジタル・トランスフォーメーションを実現するリーダー企業です。Colt IQ ネットワークは、ヨーロッパ、アジアおよび北米の主要都市にて800以上のデータセンターおよび25,000以上の商用ビル群を接続しており、さらに拡大し続けています。

またColtは、これまでカスタマー・ファーストの理念に基づいてサービスを提供し、大量のデータを扱う企業を中心に、約30ヶ国、200以上の都市に拠点を置くお客様より高い評価を頂いているほか、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)分野における革新的かつ先進的な企業としても広く認知されています。

Coltは業界でも安定した財源基盤のもと、競争力の高い価格で最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。
詳細についてはColtのウェブサイトをご覧ください。www.colt.net/ja

報道関係者からのお問い合わせ先
クレアブ株式会社
ColtテクノロジーサービスPR担当:多田/宮津/寒田
TEL: 03-5404-0640 FAX: 03-5404-7120
E-Mail: colt@kreab.com

ダウンロード

Photo series of Japanese digital artist at his home studio taking a coffee break.

Colt Technology Services

18 April 2018

Recent posts

パーソルキャリア株式会社

Oracle Cloud Infrastructureとの接続にColtクラウド接続サービスを採用 低遅延・広帯域のColtクラウド接続サービスによりOCIとデータセンターをセキュア ...
Continue Reading

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading