Colt、NovaSparks社のサービスを統合したFPGA相場情報ソリューションを発売

HomeニュースColt、NovaSparks社のサービスを統合したFPGA相場情報ソリューションを発売

2017年4月26日Coltテクノロジーサービス株式会社

Colt、NovaSparks社のサービスを統合したFPGA相場情報ソリューションを発売

Coltの “MarketPrizm API”とNovaSparksの超低遅延FPGAソリューションを統合し、大きなビジネスメリットを実現

ColtグループのAPAC部門として法人向け広帯域ネットワークをグローバルで展開するColtテクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長、アジアCCO兼アジア代表:日置健二、以下「Colt」)は本日、相場情報ポートフォリオの一部としてNovaSparks社のサービスを統合したFPGA相場情報ソリューションを発売します。これによりFPGAを使用した東京証券取引所のFlex Full 相場情報フィードを取得できるようになります。本ソリューションの相場情報は取引所のコロケーションで使用でき、Coltの”MarketPrizm API”で提供されます。

本ソリューションは、完全に統合されているため、顧客はFPGAテクノロジーならではの市場投入時間の短縮化、超低遅延と併せてColtのMarketPrizm APIの柔軟性や使い易さなどのメリットを享受します。また、コロケーション利用の顧客は追加投資や設備なしで相場情報を即時に使用できるようになるため、コスト効果の高いアプローチとなります。

Novasparksの FPGA フィードハンドラーは市場取引が活発な時間帯でも1マイクロ秒以下でデータフィードを正規化するため超低遅延、決定論的パフォーマンスが可能です。さらに、超低遅延FPGAフィードの、拡張、完全冗長などのメリットを享受できます。

Coltのキャピタルマーケッツ担当バイズプレジデントのAndrew Housedenは次のように述べています。

金融機関は厳しい競争にさらされています。この厳しい環境で成功するために多くの顧客が初期投資なしのこの超低遅延と柔軟性を併せ持つFPGA相場情報ソリューションに高い関心を示しています。Coltでは、お客様第一の精神のもと顧客体験向上を目指しています。コスト効果の高いソリューション導入により、顧客ニーズに対応し、Coltのキャピタル・マーケット・ポートフォリオを拡張します

NovaSparksの最高運用責任者のOlivier Baetzは次のように述べています。

Coltとパートナーを組み、相場情報インフラサービスを推し進めることができることを嬉しく思います。NovaSparksのFPGAソリューションをColtのMarketPrizm APIと統合させることにより、銀行や証券会社等はFPGAの高速相場情報処理の恩恵をシンプルかつコスト効果の高い形で受けることができるようになります

2011年5月のMarketPrizm社買収によりライセンスド相場情報ベンダーとなったColtは欧州、アジア、北米の主要取引所の相場情報フィードを提供しています。Coltは取引所等からの株式、デリバティブ、商品やFX等のフィード50種以上を市場が大きく変動している時間帯でも常に低遅延でサービスを提供しています。

※FPGAソリューション:市場活動が活発な時間であってもトレーダーによるマーケットデータフィードをナノセカンドの速度でノーマライズ可能にする、ハードウェアベースのソリューションです。

NovaSparksについて
NovaSparksは金融業界向けFPGAベースの高パフォーマンス、超低遅延相場情報ソリューションのリーダーです。NovaSparksのユニークなFPGAアプローチにより、処理遅延は市場取引のピーク時間帯でもブックビルディングを含めマイクロ秒未満です。北米、欧州、アジアの株式、先物、オプション等の主要取引所の50以上のフィードで利用できるフィードハンドラーは、容易に展開可能のアプライアンスでパッケージ化されているために広く相場情報を配布できます。2008年に創立されたNovaSparksは定評ある投資家に支えられ、パリ(フランス)やニューヨーク(米国)に拠点を置いています。

Colt について
Colt はヨーロッパ、アジアおよび北米の主要ビジネス・ハブの法人およびホールセール顧客に広帯域サービスを提供しています。ColtはColt IQ Networkと呼ばれるインテリジェントな専用のクラウド統合ネットワークによって、企業のデジタル革新を支えます。Coltのネットワークは世界各地の700以上のデータセンターおよび24,500以上のビルをオンネット接続します。ColtはSDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)分野における革新者および先駆者としても高く評価されています。

Coltはカスタマーファーストの姿勢で、グローバルに活躍する顧客企業をローカルスタッフが機敏にサポートします。顧客は約30ヶ国、200以上の都市にまたがり、データ集約型企業が中心です。世界トップ25の通信会社のうち19社、トップ25のグローバル・メディア会社のうち18社(Forbes 2000リスト、2016年)がColtのサービスを採用しています。さらに、50以上の取引所およびヨーロッパの主要13銀行、アジアでは主要8銀行との取引実績を有しています。株式非公開会社のColtは業界でも財政的にもっとも健全な会社のひとつで、競合価格で最良の顧客体験を提供しています。

Coltは選び抜かれた技術、サービスおよびビジネスに裏打ちされた、信頼性の高いビジネス・グレードのサービスを提供しており、様々なミッションクリティカルなシーンで選択されています。詳しい情報は、ColtのWebサイト https://www.colt.net/ja/ をご覧ください。

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
宮坂 美樹/梁 鎭(リョウ チェン)
TEL: 03-4560-7181
E-Mail: asia-press@colt.net

クレアブ株式会社
ColtテクノロジーサービスPR担当:石黒/寒田(そうだ)/宮津
TEL: 03-5404-0640 FAX: 03-5404-7120
E-Mail: colt@kreab.com

Male portrait on the city street around tramway, he standing in front of blurred motion tramway and vehicles on background and looking at camera.

Colt Technology Services

26 April 2017

Recent posts

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading