Colt、シンガポールで法人向けインターネットサービスを提供開始

HomeニュースColt、シンガポールで法人向けインターネットサービスを提供開始

東京およびシンガポール発:ColtグループのAPAC部門として法人向けネットワーク、音声、データセンターサービスをグローバルで展開するColtテクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長、アジアCRO兼アジア代表:日置健二、以下「Colt」)は本日、シンガポールでの「Colt IP アクセス」を提供開始しました。本サービスは、シンガポール国内に拠点を持つ法人顧客向けインターネットサービスで、高品質で信頼性が高く、コスト効果の高いソリューションです。

「Colt IPアクセス」は、Coltがすでにシンガポールで提供しているイーサネットサービスとアマゾン ウェブ サービス(AWS)との専用クラウド接続サービスを含む、シンガポールでのソリューション・ポートフォリオを拡張するものです。今回のシンガポールでのサービス開始は、世界主要都市において法人向けネットワーク接続サービス提供で市場をリードしていくというColtのグローバル戦略に基づくものです。Coltのネットワークはシンガポールの約90%の商業ビルをカバーしており、加えて世界28ケ国200以上の都市に接続するネットワークサービスを提供します。これにより、金融、データ解析、eコマース、スマートマニュファクチャリング、その他ミッションクリティカルなデータ集約型アプリケーション処理等を行う2万5千社以上の法人顧客のネットワーク接続の需要に対応します。

「Colt IPアクセス」は、信頼性が高く競争力のあるエンタープライズ品質のインターネット接続を求める、シンガポールに拠点を持つ多国籍企業、中堅企業の需要に応えます。また、業界トップクラスのSLA(サービス品質保証)と24×7のサポート体制に裏付けられたサービス品質で、最大1Gbpsの帯域を専有型アクセスで提供する他、レンタル・ルータやトラフィック・レポーティング等のオプションサービスを提供します。Coltはグローバルなネットワークの接続ニーズに対してワンストップで応えることが可能であり、お客様の初期投資の抑制に貢献します。

Colt 執行役員 アジアプロダクトマネジメント本部長 星野真人は、次のように述べています。

このプレミアムクラスの法人向けインターネット接続サービスの導入は、シンガポール国内外での事業拡張を狙う金融、テクノロジー、メディアおよび中堅企業の要求に応える接続オプションのポートフォリオを提供していく、という当社の決意を示すものです。シンガポール政府はスマート・ネーション・イニシアティブを発表しており、テクノロジー・ベースのソリューションに対する需要増大が予想されます。Coltは、シンガポール国内の企業が、世界28か国200以上の都市に存在する当社のお客様と同等の高品質な接続サービスおよびカスタマー・サービスを利用できるよう、お客様のニーズに応えていきます。

Colt について
Coltは情報集約的なビジネスの支援に向けて、オンデマンドのネットワークおよびコミュニケーションサービスを、ヨーロッパ、アジア、北米にわたって提供しています。1992年に設立されたColtは現在、28ヵ国で事業を展開し5,000人を超える従業員を擁しています。銀行など大手金融機関のトップ25社のうち18社、グローバルメディアおよび通信事業者のトップ25社のうち19社(Forbes 2000リスト、2014年)が、Coltのサービスを採用しています。さらにColtは、50以上の取引所およびヨーロッパの主要13銀行、アジアでは主要8銀行との取引実績を有しています。

Coltは選び抜かれた技術、サービスおよびビジネスに裏打ちされた、信頼性の高いビジネス・グレードのサービスを提供しており、様々なミッションクリティカルなシーンで選択されています。詳しい情報は、ColtのWebサイト https://www.colt.net/ja/をご覧ください。

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
藤田 明美/梁 鎭(リョウ チェン)
TEL: 03-4560-7347
E-Mail: asia-press@colt.net

株式会社井之上パブリックリレーションズ
ColtテクノロジーサービスPR担当:関/高野/浦賀
TEL: 03-5269-2301
E-Mail: colt@inoue-pr.com

A front view of a woman leaving her office in her electric wheelchair take some paperwork to a colleague.

Colt Technology Services

30 August 2016

Recent posts

パーソルキャリア株式会社

Oracle Cloud Infrastructureとの接続にColtクラウド接続サービスを採用 低遅延・広帯域のColtクラウド接続サービスによりOCIとデータセンターをセキュア ...
Continue Reading

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading