Colt、次期J-GATEへの移行サービスを提供開始

HomeニュースColt、次期J-GATEへの移行サービスを提供開始

大阪取引所の現行J-GATEから次期J-GATEへのシームレスな移行を実現

Coltテクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、以下「Colt」)は本日、日本取引所グループ(以下、JPX)のコロケーションサービス(JPXコロ(OPEN))を現在利用している企業が統合予定のJPXコロケーションサービス(JPXコロ(all))へ移行するための支援を行うサービス「Colt OSE次期J-GATE移行サービス」の提供開始を発表しました。このサービスでは、コロケーションサービス、低遅延マーケットデータフィード、およびエンド・ツー・エンドのプロジェクト管理を伴うネットワーク・コネクティビティサービスを組み合わせて提供します。

JPXによる高性能の次期J-GATE取引システムと統合コロケーションサービスの提供開始は2016年7月19日に予定されています。JPXコロ(all)は、大阪取引所(OSE)の次期J-GATEシステムと、東京証券取引所(TSE)のarrowheadプラットフォームの両方に対応しますが、JPXコロ(OPEN)の終了を以て、現在JPXコロ(OPEN)から大阪取引所のデリバティブ取引を行っている企業は、JPXコロ(all)ファシリティへの移行が必要となります。ColtのOSE次期J-GATE移行サービスは、このような移行プロセスを支援・簡素化するために設計されました。

Coltはまた、JPX arrowheadとその他の取引所および日本国内のコロケーションファシリティとの間を接続する既存の1Gbpsネットワークを、10Gbpsにアップグレードする予定です。これによって、さらに高帯域のマーケットデータ、特にTSE FLEXの広帯域配信とOSE ITCHによる配信をサポートします。

今回Coltが提供するサービスの内容は、以下の通りです。

  • JPXコロ(all)ファシリティ内におけるMarketPrizmコロケーション
  • 既存ハードウェアの移行、新規ハードウェアの購入
  • 次期J-GATEとデータセンター内に設置されているブローカー/ベンダーとの接続
  • MarketPrizm低遅延マーケットデータフィード(ノーマライズ形式またはRaw形式)

Coltは移行サービスパッケージの一環として、エンド・ツー・エンドの移行プロジェクト管理とリモートハンズサービスを、最初に移行する数社のお客様向けにキャンペーンとして無料で提供します。Coltは、特に日本に現地スタッフがいない企業様にとって重要である日英バイリンガルサポートサービスと優位性のあるSLAによって、企業のお客様にメリットを提供します。

Coltテクノロジーサービス株式会社 キャピタルマーケット ソリューション・セールス・ヘッド (アジアパシフィック)のRichard Manは、次のように述べています。「取引用インフラストラクチャをあるデータセンターから他の場所へ移動するプロセスは、たとえ数百メートルしか離れていない場合でも、大半の企業にとっては大きな物流上の課題となります。ColtはJPXコロケーションファシリティ(OPENとallの両方)にプレゼンスを確立し、キャピタルマーケット向けの重点的なサービスを提供しているため、お客様の移行を支援するためのユニークな位置付けにあります。新しいコネクティビティの提供やサーバ、ネットワーク機器などのハードウェアの移動管理における当社の経験によって、お客様の移行期間における取引業務への影響を減らします。」

Grasshopper Pte.のCIO、Tan T Kiang氏は、次のように述べています。「GrasshopperはTSEとOSEの両方で取引を行っており、大変高いレベルの可用性が求められます。当社はシンガポールに本拠を置く投資会社であり、この重要な移行のパートナーとしてColtを選択し、同社のマルチリンガル能力とJPXコロケーションファシリティにおける深い経験を頼りにしています。マーケットデータ、低遅延コネクティビティおよびプロジェクト管理を含むColtの幅広いサービスによって、当社の作業はより簡素化されます。」

Colt OSE J-GATE移行サービスに加え、アット東京内のプレミアムコロケーションサービス経由でサードパーティのデータセンターからarrowheadへの接続を選択することも可能です。これにより、JPXコロ(all)をご利用のお客様の選択肢が広がります。

Colt OSE J-GATE移行サービスの詳細は、capitalmarkets@colt.netへお問い合わせください。

Colt について
Colt Technology Services (Colt)はITインフラをグローバル展開し、企業向けネットワーク、音声、データセンターサービスを通じて企業のビジネスゴール達成を支援する通信事業者です。顧客には銀行及び金融グループのトップ25社のうち18社、グローバルメディアおよび通信事業者のトップ25社のうち19社(Forbes 2000リスト、2014年)が名を連ね、50以上の取引所およびヨーロッパの主要13銀行との取引実績を有しています。
Coltの接続都市は世界200を超え、ヨーロッパ、アジアおよび北米で事業展開しています。また近年、東京に本社を置き香港、ソウル、シンガポールに拠点を有する通信事業者KVHと事業統合しました。KVHはColtブランドへの統一に伴い、「Coltテクノロジーサービス株式会社」へと社名変更しました。

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
美濃部直子
TEL: (03)-4560-7104
E-Mail: asia-press@colt.net

Portrait of young urban Asian businessman talking on smartphone and is carrying backpack on one shoulder while commuting in the city

Colt Technology Services

28 February 2016

Recent posts

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading

Colt、IBMとの連携を強化 5Gと法人顧客向けエッジソリューションでコラボレーション

ロンドン発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、IBM(NYSE:IBM)との連携を強化し、ハイブリッドクラウド環境間でのデータやアプリケーションのシームレスな移動を可能にするエッジコンピューティング戦略のお客様企業への導入を支援していくことを発表しました。広帯域、およびオンデマンドコネクティビティ・ソリューションの大手プロバイダーであるColtはIBMと連携し、世界各地の29,000もの商用ビルに入居するお客様企業向けに、IBM Cloud SatelliteおよびEdge ...
Continue Reading