Colt、海外展開を図るグローバル企業向けに、新たに10カ国で音声ソリューションを提供

HomeニュースColt、海外展開を図るグローバル企業向けに、新たに10カ国で音声ソリューションを提供

ロンドン発 – 広帯域ネットワークサービスを高速かつオンデマンドで提供し、お客様のデジタル・トランスフォーメーションを実現するColtテクノロジーサービスは、企業が新規拠点でボイスプレゼンスを確立し、簡単なオンラインポータルで新規顧客にリーチすることをサポートし、企業のグローバル展開を支援します。

Coltは本日、インバウンド・ボイス・サービスを新たに米国、カナダ、日本、香港、ノルウェー、フィンランド、ポーランド、チェコ、ルーマニアおよびルクセンブルクの10地域に拡張すると発表しました。これにより、本サービスは世界23カ国で提供されることになりました。

現在のグローバル経済情勢では、規模に関わらずさまざまな業種の企業が急速に海外市場展開を進めています。しかし、新天地への進出は容易でなく、特にITやテレコムサービスの手配は困難が伴います。事業によって異なりますが、企業は オフィススペースの確保、現地スタッフの雇用、電話やデータサービスの手配をしなくてはいけません。準備にはコストも時間もかかります。特に現地での諸手続きや規則等に不慣れで、地元の業者と関係構築等の多様な要因により、準備にはコストも時間もかかります。

Colt グローバル・ボイス・サービスならば、フリーダイヤル、地元の電話番号の取得、通話の自動ルーティングを一つの簡単なオンライン・インターフェースで手配できます。これにより仮想コールセンターを簡単に開設し、通話の着信・発信、通話キューイング、IVR(インタラクティブ・ボイス・レスポンス)、通話転送、モニタリングやレポーティングなどのサービスを迅速かつ効率的に手配でき、企業は自分たちのカスタマー対応に専念できます。

ColtのCOOであるラジーヴ・ダッタ(Rajiv Datta)は次のように述べています。「企業にとってカスタマーサービスはビジネスを左右する主要な差別化要因であり、顧客とのコミュニケーションで重要な鍵がボイスサービスです。しかし、新規市場でボイス・インフラを構築するのは困難な課題です。Coltのグローバル・ボイス・サービス・ポートフォリオを利用することによって、企業は完全自動サービス・ポータルで海外展開ができます。これにより、お客様自身によってボイスネットワークの設定や、必要に応じて規模の拡大・縮小ができるようになります。さらに、電話番号の取得を数回のクリックで手配できることや書類作成業務の軽減による一般管理費の削減によって、製品化までの時間を最小化することができます」

Coltのボイス・オンデマンド・ポータルでは、全ての電話番号のインベントリー、全ての国でのサービス状況、セルフサービス・オーダー、 オーダー履歴等を確認できます。発注からサービス停止まで全て自動化されています。

今回発表された10カ国の他、Coltインバウンド・ボイス・サービスはオーストリア、ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、ポルトガル、スペイン、スイス、スウェーデンおよび英国の13カ国で既に利用可能です。Coltは付加価値サービスポートフォリオの一環として柔軟なリルート機能を提供しており、お客様は世界中どこにいても構いません。

Coltについて
Coltは、先進的な広帯域ネットワークサービスの提供によって顧客のデジタル・トランスフォーメーションを実現するリーダー企業です。Colt IQ ネットワークは、ヨーロッパ、アジアおよび北米の主要都市にて850以上のデータセンターおよび27,000以上の商用ビル群を接続しており、さらに拡大し続けています。

またColtは、これまでカスタマー・ファーストの理念に基づいてサービスを提供し、多量のデータを扱う企業を中心に、約30ヶ国、200以上の都市に拠点を置くお客様より高い評価を頂いているほか、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)分野における革新的かつ先進的な企業としても広く認知されています。

Coltは業界でも安定した財源基盤のもと、競争力の高い価格で最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。

詳細についてはColtのウェブサイトをご覧ください。https://www.colt.net/ja

報道関係者からのお問い合わせ先
クレアブ株式会社
ColtテクノロジーサービスPR担当:多田/宮津
TEL: 03-5404-0640  FAX: 03-5404-7120
E-Mail: colt@kreab.com

ダウンロード

Side view of man using laptop at coffee table while sitting on sofa. Full length of male is financial planning at home. He is in living room.

Colt Technology Services

27 September 2018

Recent posts

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading