Colt PrizmNet、香港とシンガポールでのフットプリントを倍増

HomeニュースColt PrizmNet、香港とシンガポールでのフットプリントを倍増

アジア全主要FXハブにおけるエクイニクスInternational Business Exchange™(IBX®)データセンター接続を通じ、金融エクストラネット利用が可能に

Coltテクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長、アジアCRO兼アジア代表:日置健二、以下「Colt」)は本日、Coltが開発した金融エクストラネット「Colt PrizmNet」が、エクイニクスのInternational Business Exchange™(IBX®)データセンターの香港データセンター(HK1)およびシンガポールデータセンター(SG1)に接続したことを発表しました。これにより、Coltはアジア最大のFX取引ファシリティであるエクイニクスの東京TY3データセンターおよびシドニーSY2データセンターとのダイレクト・コネクションを通じ、アジアとグローバルでの主要FXセンターへの相互接続が可能となります。

今回の接続により、香港およびシンガポールにおける既存のColt PrizmNetのフットプリントは倍増し、世界各地の取引所に近接する金融機関ならびにHKEXおよびSGXのデータセンターにコロケーションしている企業によるColt PrizmNetの利用が可能となり、香港とシンガポールを本拠とする金融企業による取引所との迅速かつシームレスな接続がより容易になります。接続可能な取引所は50を超え、FX取引プラットフォームに加え、Chi-X Japan、CME、DA International、JPX、Nasdaq、SBI Japannext、SNAP InnovationsおよびTOCOMなどの金融コンテンツおよびサービスのプロバイダーが含まれています。

Coltテクノロジーサービス株式会社 キャピタルマーケット ソリューション・セールス・ヘッド(アジアパシフィック)のRichard Manは、次のように述べています。「アジアのトレーダーにとって、地域に分散している流動性センター、とりわけFX市場への接続は多くの場合困難な現状です。香港とシンガポールにおいて、各都市のエクイニクスIBXデータセンターのお客様向けにColt PrizmNetの利用範囲を拡張することで、今後はより柔軟かつコスト効果の高いソリューションを提供できるようになります。Colt PrizmNetは、国際的なリーチとアジアの全主要FXセンターにおける取引能力を向上することで優位に立ちたいと考えている、あらゆる規模の金融機関にご利用いただけるマネージド・コネクティビティ・ソリューションです。」

エクイニクスのシニアディレクター兼グローバルエンタープライズおよび金融サービス アジアパシフィック代表David Wilkinson氏は、次のように述べています。「グローバル金融市場における複雑化とインターコネクション(相互接続)へのニーズが高まる中、アジアパシフィック地域におけるエクイニクスのソリューションとサービスへの需要が伸びています。また、より多くの企業が、インターコネクションがもたらすグローバルなビジネスチャンスの活用を模索しています。このたび、Coltが当社のFXトレーディングのエコシステムに加わり、価値の高いサービスへの接続をアジアパシフィック全域のお客様に提供できることになり、大変嬉しく思います。」

安定した低遅延を誇るColt PrizmNetは、キャピタルマーケットのエコシステムへの接続に特化した専用線ネットワークであり、アメリカ、ヨーロッパおよびアジアの企業向けに信頼性と一貫性に優れ、透明性のあるコンテンツ配信を可能にします。Colt PrizmNetは、市場参加者を迅速に接続し、複数市場取引データ、最良執行およびアルゴ試験などの分野でサポートするための、スケーラブルでセキュリティと信頼性の高いプラットフォームです。

本日の発表は、Coltとエクイニクスとの間で最近締結されたパートナーシップ契約に基づいています。Colt PrizmNetは現在、エクイニクスのロンドン、フランクフルト、チューリッヒ、ニューヨークなどの、ヨーロッパとアメリカの主要データセンター、およびColtのヨーロッパとアジアにおける34のデータセンターにも接続しています。

詳細については、https://www.colt.net/capitalmarkets をご覧いただくか、 capitalmarkets@colt.netにお問い合わせください。

Colt について

Coltは情報集約的なビジネス向けオンデマンドのネットワークおよびコミュニケーションサービスを、ヨーロッパ、アジア、北米にわたって展開しています。1992年に設立されたColtは現在5000人を超える社員を21ヵ国に擁し、顧客には銀行及び金融グループのトップ25社のうち18社、グローバルメディアおよび通信事業者のトップ25社のうち19社(Forbes 2000リスト、2014年)が名を連ねています。加えてColtは50以上の取引所およびヨーロッパの主要13銀行との取引実績を有しています。
Coltは選び抜かれた技術、サービス、ビジネスに裏打ちされた信頼性の高いビジネス・グレードのサービスを提供しており、様々なミッションクリティカルなシーンで選択されています。

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
美濃部直子
TEL: (03)-4560-7104
E-Mail: asia-press@colt.net

Businesswoman looking at adhesive notes stuck on glass wall. Mature female business professional is planning in office. She is in smart casuals.

Colt Technology Services

05 July 2016

Recent posts

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading

Colt、IBMとの連携を強化 5Gと法人顧客向けエッジソリューションでコラボレーション

ロンドン発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、IBM(NYSE:IBM)との連携を強化し、ハイブリッドクラウド環境間でのデータやアプリケーションのシームレスな移動を可能にするエッジコンピューティング戦略のお客様企業への導入を支援していくことを発表しました。広帯域、およびオンデマンドコネクティビティ・ソリューションの大手プロバイダーであるColtはIBMと連携し、世界各地の29,000もの商用ビルに入居するお客様企業向けに、IBM Cloud SatelliteおよびEdge ...
Continue Reading