Colt、株式会社IMAGICA Lab.に大容量映像データのクラウド上への転送のため、Colt On Demandサービスを日本で初めて提供

HomeニュースColt、株式会社IMAGICA Lab.に大容量映像データのクラウド上への転送のため、Colt On Demandサービスを日本で初めて提供

低遅延、広帯域のネットワークにより、クラウド上での大容量映像データ処理時のパフォーマンス向上を実現

ColtグループのAPAC部門として法人向け広帯域ネットワークをグローバルで展開するColtテクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長、アジアCCO兼アジア代表:日置健二、以下「Colt」)は本日、最先端の高品質映像技術を駆使し、各種映像制作サービスを提供している株式会社IMAGICA Lab.(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大林克己、以下「IMAGICA Lab.」)に、Colt On Demandサービスを提供する事を発表しました。

Coltオンデマンド・サービスはColt IQネットワークを活用したSDN(Software Defined Network)のオンデマンド・サービスです。独自ポータル経由でお客様ご自身がリアルタイムにイーサネット接続サービスをコントロール可能となり、利用帯域も即時に変更できます。料金プランも、従来通りの固定料金モデルのほか、時間単位料金に基づいた月額課金によるフレキシブルモデルから選択が可能です。ネットワークを「使いたい時だけ使う」ことで、急激なトラフィックの増減速にも対応できる革新的なサービスです。

IMAGICA Lab.は、1935年に創立された日本最大のポストプロダクション企業で、80年超の歴史に裏付けされた映像技術と最先端の高品質映像技術を駆使し、日本発のコンテンツの海外展開などのグローバル展開にも積極的に取り組まれています。週に数十テラ規模の映像ファイルを扱うため、低遅延かつ広帯域のColtクラウド接続サービス(AWS Direct Connect 接続サービス)の導入により、完全閉域の通信環境を設計し、インターネットよりも高パフォーマンス、高セキュリティで動画の変換業務を行うことが可能となりました。

また、一方でネットワークに関しても、不定期に発生する膨大な映像データ処理を行う場合に備えて、常に最大帯域を確保する必要があり、ネットワークを利用しない期間もコストが発生してしまうという悩みを抱えていらっしゃいました。この点においても今回のColtオンデマンド・サービス導入により、様々な効果がもたらされました。

映像業界が取り扱うコンテンツは今後もさらなるデジタル化が進み、データ容量も増大していく見込みであり、大容量の映像データを効率よくかつ安定的に変換し、映像業界のデジタル化に応えるために更なるサービス向上に期待を抱かれています。

Colt 代表取締役社長の日置健二は、次のように述べています。「今回、IMAGICA Lab.様の大容量映像データのクラウド上へのアップロード用に効率的なネットワーク構築実現に貢献でき、大変光栄に思います。Coltは今後もお客様からのご要望に応えるべく、また、お客様に対し高品質なネットワークをご提供し、お客様のネットワーク拡張、効率化、ビジネス成長の加速を支えるため、Coltオンデマンド・サービスを含む全てのColt社製品サービスによるご支援を継続していく所存です。」

本事例の詳細、効果につきましては、下記をご覧ください。

株式会社IMAGICA Lab.様導入事例:https://www.colt.net/ja/resources/imagica-lab/ 

株式会社IMAGICA Lab.について
2018年10月1日、株式会社IMAGICA、株式会社IMAGICAウェスト、株式会社IMAGICAイメージワークスの3社が合併し、会社IMAGICA Lab.として新たな1歩を踏み出しました。

1935年の創業以来、つねに変わりゆく映像業界において、社員一人一人がつねに研鑽し探求し続ける精神を持ち続けてまいりました。80年超経った今も、この思いは変わっておりません。

過去の映像を未来につなぐ映像継承事業から、AR,VRといった未来につながる最先端映像事業まで、IMAGICA Lab.は映像で時代(とき)をつなぎます。
またIMAGICA Lab.は時代と共に変わりゆく映像市場において、今までのお客様と共に創りあげてきたプロフェッショナルな創造力と最新技術を使ったソリューション、そして多くの事業パートナーらと共に、様々な角度から未来の映像コミュニケーションをデザインしてまいります。

そして、それを担うのはIMAGICA Lab.の社員一人一人であり、お届けしたいのはお客様一人一人です。

映像でつなぐ、映像がつなぐ
人でつなぐ、人がつなぐ
IMAGICA Lab.から新たな映像の歴史が始まります。IMAGICA Lab.の詳細につきましてはwebサイトをご覧ください。 https://www.imagicalab.co.jp/

Colt について
Coltは、先進的な広帯域ネットワークサービスの提供によって顧客のデジタル・トランスフォーメーションを実現するリーダーです。Colt IQ ネットワークは、ヨーロッパ、アジアおよび北米の主要都市にて850以上のデータセンターおよび27,000以上の商用ビル群を接続しており、さらに拡大し続けています。

またColtは、これまでカスタマー・ファーストの理念に基づいてサービスを提供し、多量のデータを扱う企業を中心に、約30ヶ国、200以上の都市に拠点を置くお客様より高い評価を頂いているほか、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)分野における革新的かつ先進的な企業としても広く認知されています。

Coltは業界でも安定した財源基盤のもと、競争力の高い価格で最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。

詳細についてはColtのウェブサイトをご覧ください。 https://www.colt.net/ja/

報道関係者からのお問い合わせ先
クレアブ株式会社
ColtテクノロジーサービスPR担当:多田/宮津
TEL: 03-5404-0640  FAX: 03-5404-7120
E-Mail: colt@kreab.com

Side view of man using laptop at coffee table while sitting on sofa. Full length of male is financial planning at home. He is in living room.

Make Do

02 October 2018

Recent posts

ネットワークが拓く医薬品業界の未来

より”コネクテッド”な医療プロバイダーになるための4つのステップ 新型コロナウイルスの流行がきっかけとなり、医薬品業界は一変しました。製薬各社は新型コロナウイルスに立ち向かいワクチンの開発、治験、そして提供を記録的なスピードで実現し、私たちは医薬品業界がなくてはならないものだということを改めて気づかされました。 今製薬会社は変革期を迎えています。この勢いに乗って変化を推進し、デジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)の取り組みを前進させるチャンスが広がっています。 トランスフォーメーションの本質は、顧客や従業員、あるいは規制当局の期待に応えていくことです。しかし、多くの製薬会社がコラボレーションやイノベーションに適したIT基盤を持っていません。ネットワークの問題の解消をしなければ、システムやアプリケーションの変更も望むようなパフォーマンスは確保できないでしょう。 ...
Continue Reading

Wasabiテクノロジーズ合同会社はAPAC地域における同社最初のデータセンターでColtのインターネット接続サービスを採用

Colt、柔軟性の高いネットワークにより、Wasabiの継続的なグローバル成長をサポート 東京発  – Coltテクノロジーサービス株式会社は、Wasabiテクノロジーズ合同会社(以下Wasabi)のAPAC地域初のデータセンターとなる同社の日本データセンター へネットワークを提供することを発表しました。 ...
Continue Reading

ColtアジアでのCSR活動(2021年9月)

Coltテクノロジーサービス株式会社は、アジアの各事業拠点の地域の皆様への貢献を目指し、CSR活動の一環としてオフィス近隣でのゴミ拾いや非営利団体でのボランティアを実施しました。 日本:弊社オフィス近くで10袋のゴミを回収、YouMeWeと90分のオンライン交流会を実施 シンガポール:海辺で8袋のゴミを回収 香港: ...
Continue Reading