Colt、ガートナー社の2021年度版マジック・クアドラントにて 「ビジョナリー」に認定 ビジョンの完全性と実行能力が高く評価され2020年に続き2年連続選出

HomeニュースColt、ガートナー社の2021年度版マジック・クアドラントにて 「ビジョナリー」に認定 ビジョンの完全性と実行能力が高く評価され2020年に続き2年連続選出

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、ガートナー社が発行する2021年3月の「Magic Quadrant for Network Services, Global」(以下、マジック・クアドラント)にて、「ビジョナリー」として評価されたことを発表いたします。Coltのビジョンの完全性と実行能力が高く評価され、昨年に引き続き2年連続で選出されました。

Coltの最高経営責任者(CEO)Keri Gilderは次のようにコメントしています。「昨年は今まで以上に、Coltが注力してきたことはお客様にとっても、私たちのビジネスの永続性にとっても大事だと気付かされる年でした。常に変化し続ける環境を作り出すという私たちのDNAを大切に、お客様が、今日のビジネスチャレンジに最高のポジションで取り組めるように 最善の努力をしています。2年連続でガートナーのマジック・クアドラントレポートのビジョナリーとして選出されることは、Coltが業界の最前線にいることを示すものであり、それは今後さらに重要になると考えています。再びこのような形で認められたことを誇りに思い、コネクティビティの力を通して世界の仕組みを変えていくという私たちのコミットメントをさらに強くしていきます。」

Coltは、900以上のデータセンターや29,000以上の商用ビルをつなぐColt IQネットワークに併せてクラウドサービスパートナー(CSP)やシステムインテグレータ(SI)など、拡大を続けるパートナーエコシステムを基に、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支えるベストポジションにあります。

ガートナーのマジック・クアドラントおよび2021年3月のクリティカル・ケーパビリティ・レポートでのColtの記述に関してはこちらをご覧ください。

ガートナー免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Colt について
Coltは、お客様の成功を支援するために当社の企業DNAを活用し、コネクティビティの力を通して世界の仕組みを変えるために尽力しています。Colt IQ Networkは、ヨーロッパ、アジア、北米の大規模なビジネス拠点において、900以上のデータセンターと29,000を越える商用ビルを接続しています。

Coltは今日のコネクティビティニーズの変化を理解しており、顧客企業の成長をサポートするアジャイル、オンデマンド、そしてセキュアな広帯域ネットワークと音声ソリューションを提供しています。データ集約型企業を含む当社のお客様は、30ヶ国、210を超える都市に広がっています。Coltは、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)分野における革新者および先駆者としての評価を受けており、株式非公開企業であるColtは業界でも財政的にもっとも健全な企業のひとつであり、お客様のニーズを常に中核に捉えています。詳細については、www.colt.netをご覧ください。

2009-glasfasern

Colt Technology Services

09 March 2021

Recent posts

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading