Colt、100G対応ネットワークを展開

HomeニュースColt、100G対応ネットワークを展開

2016年11月3日

ロンドン発: 広帯域ネットワーク・サービス・プロバイダーのColtテクノロジーサービス(以下、「Colt」)は、ネットワーク全体を増強し、エンタープライズや通信事業者およびWeb系企業が最大100Gbpsの帯域を利用することを可能とし、あらゆる規模の企業の将来における広帯域ニーズに対応します。

ヨーロッパ最大の独立系光ネットワーク運用会社であり、ヨーロッパおよびアジア圏で最大の広帯域通信事業者であるColtは、デジタル化が進むエンタープライズの拡大する接続ニーズに対応するため、コアとなるインフラ基盤の拡充に多額の投資を行います。多くの通信事業者が消費者ニーズに応じてワイアレスやコンテンツ資産への投資を優先させるなか、Coltは100Gbps接続のために最適化されたマルチテラビット光ネットワーク・バックボーンと次世代パケット・ネットワークを構築し、重要なビジネス接続ソリューションにフォーカスします。

Colt CEOのCarl Grivnerは次のように述べています。「当社はクラウドコンピューティングが登場した時のように通信市場に大きな変革を起こします。古いビジネスモデルを壊し、ソフトウェアと仮想化で将来に向けて大きく飛躍します。Coltはコアネットワークに多額の投資を行い、お客様の期待に沿ってビジネス変革の流れを推進します。」

ビジネスを支えるアプリケーションやインフラ基盤は急速にクラウドやデータセンターへ移行しており、信頼性、拡張性が高く、かつ高品質なビジネス・グレード接続の需要は拡大を続けています。

Colt CTOのRajiv Dattaは次のように述べています。「この変化を支えるため、Coltはデータセンターに焦点を合わせた分散型ネットワーク技術を活用し、200を超える主要データセンター、コロケーションセンターやクラウド集約拠点を100Gbpsで直接接続して、お客様がデジタルビジネスの中心に接続することを容易にします。またネットワーク投資により、様々なアプリケーションの多様なニーズに対してお客様が選択できる、拡張性が高く柔軟なプラットフォームを提供します。このプラットフォームは革新的で、SDN(Software-Defined Network)プロダクト、イーサネットサービス等を含む各種賞を受賞するColtのプロダクト・ポートフォリオを拡充し、お客様が機動的なクラウド中心の世界に移行するのを支援します。」
Coltのネットワークインフラは現在、世界の680以上のデータセンターおよび24,000以上のビルを自社網で接続しています。今回の投資により、 お客様は短納期で大容量接続を利用することが可能となり、データ利用に合わせて自由にスケールアップし、将来の需要にも対応できるようなります。

Coltについて
Coltは情報集約的なビジネスの支援に向けて、オンデマンドのネットワークおよびコミュニケーションサービスを、ヨーロッパ、アジア、北米にわたって提供しています。1992年に設立されたColtは現在、28ヵ国で事業を展開し5,000人を超える従業員を擁しています。銀行など大手金融機関のトップ25社のうち18社、グローバルメディアおよび通信事業者のトップ25社のうち19社(Forbes 2000リスト、2014年)が、Coltのサービスを採用しています。さらにColtは、50以上の取引所およびヨーロッパの主要13銀行、アジアでは主要8銀行との取引実績を有しています。
Coltは選び抜かれた技術、サービスおよびビジネスに裏打ちされた、信頼性の高いビジネス・グレードのサービスを提供しており、様々なミッションクリティカルなシーンで選択されています。詳しい情報は、ColtのWebサイト http://asia.colt.net/ja をご覧ください。

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
藤田 明美/梁 鎭(リョウ チェン)
TEL: 03-4560-7347
E-Mail: asia-press@colt.net

株式会社井之上パブリックリレーションズ
ColtテクノロジーサービスPR担当:関/高野/浦賀
TEL: 03-5269-2301
E-Mail: colt@inoue-pr.com

Business Meeting in a Conference Room

Colt Technology Services

16 November 2016

Recent posts

パーソルキャリア株式会社

Oracle Cloud Infrastructureとの接続にColtクラウド接続サービスを採用 低遅延・広帯域のColtクラウド接続サービスによりOCIとデータセンターをセキュア ...
Continue Reading

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading