Colt、国際海底ケーブル・ネットワークを刷新し、Colt IQネットワークを北米に拡張

HomeニュースColt、国際海底ケーブル・ネットワークを刷新し、Colt IQネットワークを北米に拡張

Coltは自社ネットワークの拡張を推し進め、
グローバル企業のニーズに応えていきます

Coltテクノロジーサービスは本日、大西洋横断、太平洋横断およびアジアの海底ケーブル容量を100Gbpsに増速し、将来性を見据えたネットワークに刷新していく計画を発表しました。高度な冗長性と柔軟性を提供する複数ルートで、同社の広帯域戦略をグローバルに拡大します。これにより、世界各地からColt IQネットワークにアクセスできるようになり、ヨーロッパ、アジア、北米で事業展開するグローバル企業にとって新しいビジネス機会が生まれます。

Coltは同社の自社ネットワークを北米へ拡張することにより、企業の米国国内および国際ネットワークへの需要に応えます。また、Colt IQネットワークが世界の主要クラウド接続ポイントをカバーすると共に、大陸間を横断する複数の100Gbps接続を展開します。

北米では米国およびカナダに位置する主要キャリアおよびクラウド接続拠点となる13都市を接続します。これにはシアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、フェニックス、ダラス、アトランタ、マイアミ、シカゴ、アッシュボーン、ニューアーク、ニューヨーク、ボストンやトロントなどの主要データセンターが含まれ、各国より自社設備を使用してエンド・ツー・エンドで提供します。これにより、現在世界で800以上のデータセンターを結ぶColtの自社ネットワークはさらに拡張します。米国のデータセンターはColt IQネットワークに接続された商業ビルからアクセスできるようになり、広帯域データセンター間接続が米国でも利用できるようになります。

Colt のCCO(Chief Commercial Officer)であるTom Regentは「2016年に世界の主要都市において広帯域ネットワークを展開する戦略を発表しました。今回の拡張により、この戦略をより強固なものとするとともに、広帯域ネットワークを必要とする多国籍企業からの需要により柔軟に応えられるようなります」とコメントしています。

さらにTom Regentは「Coltにとって北米市場は重要であり、北米での営業体制を3倍に強化します。Colt IQネットワークをデジタル・エコシステムの最大の集積地である米国の都市へと拡張することにより、Coltは北米に本社を置く多国籍企業のグローバル接続ニーズに応えていきます」と付け加えています。
米国でのColt IQネットワークの拡張およびグローバル海底ケーブル容量拡張は2018年前半の完遂を予定しています。

Colt について
Coltは、先進的な広帯域ネットワークサービスの提供によって顧客のデジタル・トランスフォーメーションを実現するリーダーです。Colt IQ ネットワークは、ヨーロッパ、アジアおよび北米の主要都市にて800以上のデータセンターおよび25,000以上の商用ビル群を接続しており、さらに拡大し続けています。

またColtは、これまでカスタマー・ファーストの理念の上でサービスを提供し、多量のデータを扱う企業を中心に、約30ヶ国、200以上の都市に拠点を置くお客様より高い評価を頂いているほか、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)分野における革新的かつ先進的な企業としても広く認知されています。

Coltは業界でも安定した財源基盤のもと、競争力の高い価格で最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。詳細についてはColtのウエブサイトをご覧ください。www.colt.net/ja

Confident young man riding electric scooter in the city

Make Do

06 November 2017

Recent posts

メディア、エンターテインメント、 ゲーム業界を未来につなぐ

優れたデジタルエクスペリエンスで顧客ロイヤリティを向上させる4つの方法 メディアやエンターテインメント、ゲームはコロナ禍において人々の拠り所となっています。映画館やライブ、イベント会場の扉が閉まっている間も、外出自粛期間を耐え忍ぶためにビデオストリーミングやオンラインゲーム、本といったサービスの需要が拡大しました。こうした状況下で、多くのコンテンツ制作会社が制作スケジュールに影響が出たり、競争の激化といったプレッシャーがある中でも、料金に見合った価値や没入感のある新たな経験を提供しなければなりません。 メディア各社はより迅速に行動し、コラボレーションや創造性を強化する必要があり、停滞しているデジタル・トランスフォーメーションの取り組みを再活性する必要があります。その第一歩として、旧型のインフラストラクチャを刷新することが重要です。ネットワークに接続されていないシステムや手作業を中心としたレガシー技術が変革を妨げる最大の要因であり、優先的に着手しなければなりません。 優れた顧客体験や戦略的パートナーシップによりイノベーションの先駆けとなるコンテンツ配信企業にとって、俊敏性と順応性は必須要件です。顧客ロイヤリティ獲得に向け、ネットワークが有効な資産となるかどうか、本レポートでぜひご確認ください。
Continue Reading

Coltグループ、2030年までにグローバル規模で純排出量ゼロの実現にコミット

ロンドン発- Coltテクノロジーサービス株式会社、Coltデータセンターサービス(Colt DCS)を含むColtグループは、2030年までに同グループのすべての事業において、グローバル規模での炭素純排出量ゼロを実現するというコミットメントを発表しました。テクノロジー業界の主要企業として、この取り組みは、新技術や既存技術の開発を通じて、ゼロカーボン経済への移行を加速させるという同グループの野心的な道のりの一部を形成しています。 Coltは、SBTイニシアチブによって承認された科学的根拠に基づく包括的な排出削減目標を設定しました。2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を46%削減し、サプライヤーと緊密に協力してサプライチェーン全体でスコープ3の排出量を大幅に削減することで、2030年までに地球温暖化を2℃よりもはるかに低く抑えることを目指します。この動きは、同グループの将来の事業戦略の中核をなすサステナビリティ戦略と、そのDNAに組み込まれています。 ...
Continue Reading

Colt、マーケットデータサービスのポートフォリオに中国の7つの取引所を追加

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、中国の7つの取引所をマーケットデータサービスのポートフォリオに加えたと発表しました。ヨーロッパ、北米、アジアで展開するマーケットデータサービスに新たに中国の取引所が加わり、Coltは株式、先物および商品取引所のマーケットデータサービスを包括的に提供する唯一のプロバイダーとなります。 これにより、お客さまは香港証券取引所(HKEX)のコロケーションファシリティから直接、上海証券取引所(SSE)、深圳証券取引所(SZSE)、中国金融先物取引所(CFFEX)、鄭州商品取引所(ZCE)のマーケットデータサービスにアクセスできるようになります。また、2021年Q3には上海先物取引所(SHFE)、大連商品取引所(DCE)、上海国際エネルギー取引所(INE)が追加される予定です。 Coltは、認可を受けたマーケットデータ・プロバイダーとしてボラティリティの高い期間も一貫した低遅延で、データをRAWフォーマットまたはソフトウェアノーマライズフォーマットのいずれかで配信します。お客様が取引所内にコロケーションしている場合は、Coltからのデータを直接受け取ることができます。また、取引所から離れている場合は、安定した低遅延やレジリエンシーを組み込んだColtのグローバルネットワークやColt ...
Continue Reading