Coltはグローバル・キャリア・アワードで各種賞を受賞

HomeブログColtはグローバル・キャリア・アワードで各種賞を受賞

Global Carrier Awards 2017において
「ベスト・ホールセール・セールス・チーム」、「ベスト・SDN/NFV・デプロイメント」、「ベスト・アジア・プロジェクト」の3つの賞を受賞

Coltは、2017年10月25日にCapacity Magazine社が主催する第13回Global Carrier Awardsで「ベスト・ホールセール・セールス・チーム」、「ベスト・SDN/NFV・デプロイメント」、「ベスト・アジア・プロジェクト」の3つの賞を受賞し、ホールセール分野での強みを確固たるものにしました。

ロンドンのインターコンチネンタルO2ホテルで開催された授賞式は、人類史上初めてアマゾン川を踏破し、ギネス世界記録保持者となったエド・スタフォード(Ed Stafford)氏がゲストスピーカーを務めました。

2016年9月にホールセール担当VPとしてティム・パッシンガム(Tim Passingham)がColtに入社し、カール・グリブナー(Carl Grivner)CEOのリーダーシップのもと、グローバル・ホールセール・ビジネスを確立しました。数年前より、ホールセール部門をリージョナル・ビジネスの一環として運用していましたが、今後3年間の5億ユーロ投資計画の一環として新たなチームを結成し、Colt IQ NetworkやSDNを導入したことにより市場全体が大きく前進したとともに、過去1年でColtはヨーロッパおよびアジアのホールセール市場に大きな影響を与えました。

今年の1月、Coltはホールセールのお客様向けに柔軟性の高いオンデマンドのネットワーキングソリューションを提供するため2つのSDN/NFVイノベーションを導入しました。SD WANは、アジャイルな開発アプローチにより、SDNベースのオーケストレーションと集中型・分散型ネットワーク機能仮想化(NFV)を組合せたソリューションで、IP VPNサービスを補完します。これにより、リモートオフィスとの接続が簡潔に展開、管理できるようになります。また、プライベートMPLSベースのIP VPN接続性の安定性、耐障害性、サービスの品質をインターネットの持つ柔軟性と手頃な価格で実現することで、お客様はデータを安全性の高いインターネット・トンネルに迂回させ、帯域をビジネス・クリティカルなデータのために空けることができます。トラフィックはポータルを通じてアプリケーションごとにインターネット/MPLSで伝送されるため、優れたカスタマー体験を実現します。両方のアクセス方法は帯域、遅延、ジッタ―、パケット損失やリンク障害などのしきい値に基づいてリアルタイムで切り替えることができます。

2つ目は、オンデマンドEthernetコネクティビティにより、お客様はインテリジェント・オンライン・ポータルを通じてリアルタイムで自分の拠点間接続を申請でき、さらに使用量やニーズにより帯域を柔軟に増減速できます。

Capacity Magazine の記事はこちらをご覧ください。

Young beautiful Caucasian woman reading news or checking social media on smartphone while traveling by bus.

Colt Technology Services

15 November 2017

Recent posts

Colt、グローバルSIP Trunkingサービスを韓国で開始、米国でもサービス拡大

アジアおよび米国で音声サービスを拡大し、世界中の企業のデジタルトランスフォーメーションを支援  東京発 –Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、グローバルSIP Trunkingサービスの提供を韓国および米国の6つの州(ニュージャージー州、テネシー州、バージニア州、フロリダ州、マサチューセッツ州およびワシントン州)で新たに開始し、ColtのSIP ...
Continue Reading
Mirko Voltolini

Colt、Mirko Voltoliniを戦略&イノベーション(Strategy and Innovation) 担当バイス プレジデントに任命

ロンドン発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、ミルコ・ヴォルトリーニ(Mirko Voltolini)を戦略&イノベーション担当バイス プレジデント(VP)に任命しました。 ...
Continue Reading

加速する企業のSD WAN需要

SD WANがビジネスにもたらす変化と今後の展開 2020年は「不確実性」の時代となり、あらゆる企業がビジネス継続性の確保のためにICTの優先順位を見直し、管理リソースの削減に取り組みました。 SD ...
Continue Reading