Skip to content

Colt IQネットワークは、トランスナショナルなビジネス展開をサポートします

HomeデータハブColt IQネットワークは、トランスナショナルなビジネス展開をサポートします

IDCによる調査では、2020年までにアジアにおける労働者の半数以上がミレニアル(1980年代以降に生まれた若い人)で構成されるようになり、デジタル世代が拡張現実(AR)や仮想現実(VR)、人工知能(AI)やロボティクスなどの利用を牽引すると考えられています。

また、海外からアジアへ向けた投資が増えており、ヨーロッパに本社を置く何百もの企業がアジア市場を訪問し、医療、医薬品、エネルギー分野などの各種分野で提携を進めているほか、Spotify、MonzoやAirBnBといったデジタルネイティブの企業もアジアでのビジネス展開を図っています。

中国が考案したアジアとヨーロッパをつなぐ一帯一路構想(OBOR)は、グローバル経済に大きな影響を与えようとしています。この構想の元となった「シルクロード」は、東洋と西洋を結ぶ交易のネットワークでしたが、今日ではデジタルトラフィックにおいて同様のネットワークが構築されようとしています。

このような構想も、データセンターやクラウドでホスティングされるクリティカルなアプリケーションに対していかにセキュアかつスケーラブルに広帯域接続を実現し、十分なネットワーク要領を確保できるかどうかにかかっています。

Coltは「Colt IQネットワーク」により、障害耐性に優れた広帯域の専用回線、EthernetおよびIPサービスの提供を通じて、国内の主要拠点および海外拠点を繋ぐ、お客様のビジネスを支えるネットワークを構築致します。

Colt IQネットワークで、よりつながる世界へ。

 

お客さま情報