エクスペリアンジャパン株式会社

Homeネットワークサービス事例エクスペリアンジャパン株式会社

本書面はKVH株式会社がColtグループになる前の状況に基づき作成されました。

エクスペリアンジャパン株式会社

エクスペリアングループは、世界各国でデータや分析ツールを提供しているグローバルな情報サービス企業で、アイルランドのダブリンに本社を置き、40カ国に約17,000人の社員を擁してビジネスを展開しています。エクスペリアンジャパンでは、エクスペリアングループの強みを生かし、マーケティングサービス、ビジネスインフォメーションサービス、意思決定分析サービスを軸に事業を展開。メール配信システムの提供、メールコミュニケーション支援サービス、金融機関向け与信戦略管理/不正対策ソリューションの提供、海外企業調査レポートなどを主力サービスとして提供しています。エクスペリアンジャパンは、47カ国にオフィスを構え90カ国で事業を展開しています。組織や消費者に情報、分析サービスおよびマーケティング サービスを提供することで、日々の業務や財務の決定を行う際のリスクおよび利益の管理を支援しています。

お客様の課題

近年、BCP/DRに対するお問い合わせやご要望がお客様から徐々に増えていましたが、2011年の東日本大震災をきっかけに、BCP/DRに対するお客様からのお問い合わせやご要望が増える中で、災害・震災により東京都内に被害が及んだとしても、お客様システムの高稼働率を維持するためのに、セカンダリーデータセンターを早急に立ち上げる必要性がありました。

Coltを採用いただいた理由

BCP/DRのご要望が増えてきていた中で、我々は下記3つのポイントによりColtを選択しました。

1. 都内で被害が及んだとしても稼働し続けられしつけられるデータセンターであること。都心からのある程度離れている立地でありながらメンテナンスのためにアクセスできる距離であること。

2. データのトランザクションがどんどん増えている状況下で、すでに稼働しているプライマリーセンターとのデータコピーやバックアップのために、安価な広帯域な通信網をのデータセンター間との接続に太い帯域を安価に提供可能なこと。

3. グローバルのメンバーからのもデータセンターへの問い合わせ/訪問に対応するため、をする、上で24時間体制はもとより、日英バイリンガルが必須であること。

単なる災害時のバックアップ専用データセンターではなくトラフィック分散も考慮しながら今後は運用していきたいと考えています。また、現在海外のデータセンターで稼動しているサービスのレスポンスタイムをさらに向上させていくため、現在海外のデータセンターで稼動しているサービスを順次日本に移設することも検討してきたいと思っています。日本だけではなく、グローバルでもお客様へのレスポンスタイムなどにも今後は取り組んでいきたいと考えています。

弊社のBCP/DR対策として、Coltデータセンター2(TDC2)とSmartGigaは、私たちのビジネスになくてはならないインフラです。TDC2は、セカンダリーデータセンターとして、またSmartGigaはプライマリーデータセンター間を接続する広帯域ネットワークとして私たちのビジネスの高稼働率を保証してくれるでしょう。今後は、海外のデータセンターで稼動しているサービスのエンドユーザのレスポンスタイムの向上やトラフィック分散にも取り組んでいきたいと思っています。

Coltソリューション

Coltは東京近郊の第2データセンターとして、東京データセンター2(ColtTDC2)を2011年2月1日より運用しています。「ColtTDC2」は、グローバルでも業界有数の高水準なセキュリティと、スペックの高さを実現しています。東京都心からアクセスしやすく、海岸線からも20km 以上離れた印西市に立地し、強固な地盤、将来を見据えた十分な電力供給可能な最大4棟のデータセンター構築が可能な広大な土地を確保しています。「Colt TDC2」は、自社プラットフォーム拠点としての役割に加え、今後拡大が見込まれるクラウド事業者や、Coltの主要顧客層である金融サービス・サービスプ ロバイダーのBCPやDRニーズに対応した、アジアの中核的なクラウド・BCPデータセンターになることを目指しています。Tier 3+相当のアーキテクチャ内には、4,000m²のサーバースペースがあります(Tier 4へのアップグレード可)。

Colt Wave →
Colt Waveは広帯域かつ幅広いサービスプロトコルをサポートする専用線サービスです。お客様拠点間を信頼性の高いファイバーネットワークとWDM*1 装置で結びます。
(*1 WD M: Wavelength Division Multiplexing 波長多重装置)

お客様の導入事例:エクスペリアンジャパン株式会社

Experian

Colt Technology Services

04 March 2015

 

Recent posts

世界最大の映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭において、デジタルコンテンツ伝送への移行をスムーズに実現

ベルリン国際映画祭(通称「ベルリナーレ」)は、毎年約30万人を超える来場者が訪れる世界最大級の映画祭のひとつです。Coltは、ベルリン国際映画祭で物理メディアに記録されたフィルムをスムーズにデジタルコンテンツ放送に移行するため、ビデオ伝送用ネットワークサービスを提供しました。 Coltは、複雑かつ高度なデジタル化に応えるため、ネットワーク、データセンターおよびITサービスを提供しました。映画祭成功のためにはフィルムの保管場所と上映会場を接続する高性能かつ高信頼性のネットワークが不可欠であり、ベルリン国際映画祭運営委員会は厳しい要求や制約等に応えられるネットワーク、データセンターおよびITサービスプロバイダーとの提携を求めていました。 厳しい納期と複雑な物流を克服し、Coltはフィルムが保管されているスタジオとベルリン各地に設置された20カ所の上映会場を接続する高速伝送システムを構築しました。Coltのマネージドイーサネット専用線サービスを活用し、デジタルコンテンツを各会場のサーバに配信し、ベルリン内の広範なメトロエリアネットワークとデータセンターを利用し、Coltは映画祭の会期中、スムーズな映画上映に必要なネットワークサービスと接続ソリューションを提供しました。 「Coltは技術的な観点だけではなく、パートナーとして私たちのビジネスの目標達成の観点からも協力してくれました。これは映画祭の精神にも通じる考え方です」-ベルリン国際映画祭ディレクター ...
Continue Reading

Alpargatas社の人気ビーチサンダル、ハワイアナスの世界流通をサポート

ハワイアナス(havaianas)のビーチサンダルで有名なブラジルのAlpargatas社は、スペインのマドリードに本社を置き、英国、フランス、イタリア、ポルトガル、ドイツに営業所を展開しています。 Alpargatas社はヨーロッパでの事業拡張に伴い、本社および営業所間の通信を統一するためにColtの仮想専用ネットワーク(VPN)を採用しました。暗号化機能を兼ね備えたVPN接続により、新規でソフトウェアをインストールすることなく全従業員がどこからでも安全にネットワークにアクセス可能となりました。 「ColtのVPNはAlpargatas社ヨーロッパの事業成長の要であり、事業運営をサポートしてくれています。高信頼性のネットワークおよび迅速な対応という、我々がITプロバイダーに期待していた要求に応えてくれました。」 ―AlgargatasヨーロッパのIT担当ディレクター、Adolfo Martín氏
Continue Reading

EUROVISION社事例 新ネットワークにより4倍の伝送能力と20%のコスト削減を実現

ヨーロッパ放送連合(EBU)を母体とするEUROVISIONは、年間45,000時間以上のスポーツ中継および88,000時間以上の番組を放送しています。Coltネットワーク導入にあたり、番組放送を中断することなくスムーズに移行すること、そして4Kテレビやセカンドスクリーンサービス、リモートプロダクションの普及といった放送関連の将来的な技術進展にも対応できるネットワークであることが必須でした。 Coltがヨーロッパ全域のネットワークを直接コントロールすることにより、ネットワーク管理が簡易化し、生放送や中継において重要な計画保全の可視化や不測の事態への迅速な対応が可能となりました。 EUROVISIONとColtのネットワークマネージャー同士が直接連携することで、問題発生時も迅速に解決し、EUROVISIONが求める高度な技術サポートを提供可能となりました。また、ネットワークパフォーマンスそのものが向上したことで、高品質かつ安定した放送を続けられるようになりました。 「Coltとの長年の付き合いから、高品質のサービスを確実に提供いただけるという信頼がありました。超高解像度TVやセカンドスクリーン・サービス、遠隔制作機能を実現するため、非圧縮フォーマット対応の10GbpsのEthernetによるビデオ伝送機能の提供はもちろん、大規模かつ複雑な本移行プロジェクトを予定通り遂行するため、当社の事業やネットワークに対するニーズについても精通しているColtのサポートが無ければ実現できませんでした。」- ...
Continue Reading