Implenia

ImpleniaはMPLSからColt SD WANへ切り替えネットワークインフラストラクチャを最適化

Home導入事例Implenia

建設現場はこれまで常に特別な魅力を発揮してきた。地盤を掘り起こし、何トンもの土を移動する掘削機。高さが数メートルあり、遠くからでも見える家壁全体を運搬するクレーン。山を動かし、道路やトンネルのスペースを作る爆破物。大規模プロジェクトの各作業ステップをスムーズに進めるには、計画立案とロジスティクスを適切かつ同時進行で実行・運用する必要がある。

建築家とプロジェクト立案者は、広帯域を要するソフトウェアアプリケーションをクラウドで使用してモデルを作成し、現場マネージャーと現場監督は、建設現場の施工プロセスを確認するために移動中にこのモデルにアクセスする。

スイスの大手建設・不動産サービスプロバイダーであるImpleniaはクラウドファースト戦略の一環として革新的なSD WANテクノロジーを活用して同社の建設現場をネットワーク化した。

主要プロジェクトのデジタル化

Impleniaは、チューリッヒ州のオプフィコンに本社を置いており、長年にわたって複雑で大規模なプロジェクトに取り組んでいる。同社は不動産開発、構造・土木工学、専門家による建設サービスを専門にしており、ベルリンの地下鉄5号線のギャップクロージャ、ゴッタルド基底トンネル、持続可能な市街地など、数十億ユーロの価値があるプロジェクトを成功させてきた。

また、同社はヨーロッパで最深クラスの地下鉄駅の建設契約を受注した(ストックホルム近くの「Sofia」地下鉄駅は、地表から100mの深さにある)。さらにDACH地域やフランス、ノルウェー、スウェーデン、イタリアなど、ヨーロッパ全域の無数の建設現場で活躍しており、多くの場合、プロジェクトは数年間にわたって継続する。

建設フェーズの期間に応じて設置された現場は、以前までMPLSネットワークで接続されていた。Impleniaは、クラウド移行の一環として、ネットワーク構造の最適化を推進するとともに、従業員と外部のプロジェクト参加者間のクラウドベースのデジタルコラボレーションを促進するデジタルワークスペースコンセプトを開発した。これにより、ビジネスに関連するデータとアプリケーションにいつでもどこからでも安全にアクセスできるようになり、よりモバイル化された効率的なやり方でプロジェクトを実施できるようになった。

あらゆる点で柔軟なSD WAN

「多くの人々は建設業を変化がない産業ととらえています。しかし、私たちは絶えず増加し続けるニーズを満たすため、変革する必要があることをずっと前から明確に認識していました。Coltが提供してくれたソリューションはワンストップな点が理想的でした。グローバルでの提供実績に加え、SD WANテクノロジーの柔軟性とコストパフォーマンスは当社にとって納得のいくものでした」とImpleniaのITオペレーションサービス責任者のFlavio Losurdo氏は述べ、Coltにロールアウトを委託した経緯について説明している。

SD WANでは、個々の現場をクラウドに直接接続し、個別に設定することができる。また、アプリケーションベースのルーティングにより、常にフェイルセーフな方法で重要なビジネスアプリケーションの可用性が確保されるため、すべてのプロジェクト参加者が現在の建設ステータスに関するリアルタイムデータに常にアクセスできる。

単一のソースからすべての現場を接続

Coltは新型コロナウイルスの感染拡大による制限がある中にも関わらず、1年足らずですべての現場を接続した。本プロジェクトで課題となったのは、地理的に広く分散し、遠く離れていることもある建設現場同士をつなぐ適切なネットワークを提供することであった。Coltは最適なネットワークを確立するため、現場ごとに個別にネットワークの候補を確認し、可能な場合には、オンネット接続を作成した。その他の現場については、Coltは既存の通信事業者との間で必要な調整を行った。

Coltはグローバルにおいて広いカバレージがあるため、卸売パートナーの強力なネットワークを利用し、その顧客にこれらの接続すべてを単一のソースから提供でき、建設フェーズが完了し、別の場所に新しい現場が設置された場合でも、ネットワークは問題なしに適応できる。必要なハードウェア(ネットワーク間を移動するデータトラフィックを制御するためのCPEルーターなど)は、Coltによって新しい現場に持ち込まれるか、プールに戻される。また、ハードウェアパッケージは、必要な帯域に応じて提供される。

パフォーマンスの高いネットワーク

導入時におけるColtの最優先事項は完璧なカスタマーエクスペリエンスを提供することだ。そのため、最適なネットワークパフォーマンスを確保できるように、アカウントチームに加えてプロジェクト専任のサービスマネージャーとチームを配置する。

このように、ネットワークは複数の国にまたがって継続的にモニタリングされ、問題が発生した場合には、その発生場所にかかわらず、同じく単一のソースから迅速に解決される。

「私たちのビジネスは十分に油を差した車輪のようにスムーズに機能しなければなりません。建築家、技術者、その他の建設サービスプロバイダーは、現場に出た時に自分自身の仕事をしたいと考えます。仕事が遅れると、罰則が科されるからです。Coltのサービス管理のおかげで、プロセス全体が滞りなく進行します。気持ちよく仕事ができるだけでなく、当社全体のイノベーションに取り組む時間もできます」とプロジェクトを総括しているLosurdo氏は述べる。

Impleniaはすでにデジタルトランスフォーメーションにおける次のマイルストーンとして、Impleniaの本社をディートリコンからオプフィコン(どちらもチューリッヒの近く)への移転を決めている。柔軟なオフィススペースと最適化されたネットワークによってハイブリッド型勤務に適した環境を備えたビルに移転する方針だ。

Implenia Logo - Case Study
会社名

Implenia

業種

建設・不動産サービス

Coltをお選びいただいた理由

・お客様の課題と優先事項を十分に理解していた点
・柔軟性
・ワンストップでネットワークを管理できる点
・コストパフォーマンス

Colt提供サービス

関連事例

ウィズ・プランナーズ株式会社

ウィズ・プランナーズ株式会社は、同社ユーザー向けコンタクトセンターのバックボーンとしてColt SIP Trunkingを採用
詳細はこちら

Fintyre

FintyreはハイパフォーマンスなColt SD WANで事業効率化を実現
詳細はこちら

COMPO

COMPOは支店ネットワークを柔軟かつフェイルセーフに管理できるネットワークソリューションとしてColt SD WANを採用
詳細はこちら

Implenia

ImpleniaはMPLSからColt SD WANへ切り替えネットワークインフラストラクチャを最適化
詳細はこちら