株式会社インフォマート

Home導入事例株式会社インフォマート

ビジネスの急拡大に伴いお客様拠点間ネットワークにColt Ethernet VPNを採用

会社紹介

当社は、1998年の創業以来、取引関係のある企業と企業を繋いで結ぶ「BtoB(電子商取引)プラットフォーム」を提供しています。
当社の「BtoBプラットフォーム」は、日々の受発注や請求業務をWeb上で行えるシステムとして、現在、利用企業数は122,824社、事業所数は390,672社(2016年11月末現在)となり、2015年度年間流通金額約1.3兆円のビジネスの場に成長しました。
全ての企業において、販売と購買、見積提出と見積受取、発注と受注、請求書発行と請求書受取、支払と入金の商行為が行われ、この企業間の商行為は世界共通です。電話やFAX、郵便、相対等、時間とコストをかけて行われている商行為を「BtoBプラットフォーム」を利用することで、生産性が向上、時間短縮とコスト削減につながり、売上拡大、そしてペーパーレスによるECOにも貢献できます。
私たちは、そんな世界が実現することを目指してBtoBプラットフォームを提供し発展させております。

お客様の課題

東京、大阪、福岡間の拠点ネットワークに、インターネットVPN(メイン)とコンシューマ用インターネット(バックアップ)を利用していましたが、インターネットであるため、他トラフィックの影響を強く受け、パフォーマンスが安定せず、たびたび業務に支障をきたしていました。そんな折、事業が急成長し、社員の数も格段に増えたため新社屋に移転をするタイミングで、ベストエフォートでパフォーマンスが不安定なネットワークを継続して利用するよりも、帯域保証型で高品質な専用ネットワークを導入することにしました。

Coltの帯域保証型の広帯域ネットワークを導入したことで、従来と比較して拠点間の通信速度が非常に安定し、大変満足しています。今後は、ネットワークに加えて、社内のサーバー群などの資産も含めた最適な社内システム構築を目指していきたいと思います。開発本部, ISインテグレーション部, 矢野 瞬平

Coltをお選びいただいた理由

ビジネス向けネットワークを選定するにあたり、Coltには、安定した拠点間通信を提供している実績が多数ありました。特に、一番のボトルネックとなっていた遅延については、Coltは金融向けに実績が高いこともあり、他の事業者と比較した時に当社が望むパフォーマンスを期待できるものでした。また、DR(災害復旧)・BCP(事業継続計画)という点を考慮すると、将来的にサーバー群などの資産をデータセンターへアウトソースすることが可能かどうかといった拡張性や融通性なども重要な選択基準でした。

今後の展望

拠点間ネットワークのパフォーマンスは従来と比較してとても安定するようになりました。今後は、この広帯域かつハイクオリティなネットワークを最大限利用するために、現在利用している業務アプリケーションなどの効率化を目指し、社内システムの構築・運用をしていきたいと思います。

Coltソリューション

Colt Ethernet VPN

  • Colt Ethernet VPN」は複数のお客様拠点のLAN間をマルチポイントで接続するイーサネットVPNサービスです。
    企業のITシステムの高度化やクラウド化によりトラフィックが増大する中、本サービスは大容量/広帯域の通信を低コストで実現し、お客様のTCO(Total Cost of Ownership)削減に貢献します。
  • 日本全国をカバーしており、主要データセンターへの接続も拡大しています。多様なアクセス回線タイプから、その用途に合ったアクセス回線を選択することが可能です。
  • クラウドゲートウェイオプションによるマルチクラウド接続(AWS/Azure)もサポートしており、1つのアクセス回線で複数のパブリッククラウドサービスへのインターネットを介さない閉域網接続が可能となります。

お客様の導入事例:株式会社インフォマート

Info-Mart

Make Do

21 December 2016

Recent posts

メディア、エンターテインメント、 ゲーム業界を未来につなぐ

優れたデジタルエクスペリエンスで顧客ロイヤリティを向上させる4つの方法 メディアやエンターテインメント、ゲームはコロナ禍において人々の拠り所となっています。映画館やライブ、イベント会場の扉が閉まっている間も、外出自粛期間を耐え忍ぶためにビデオストリーミングやオンラインゲーム、本といったサービスの需要が拡大しました。こうした状況下で、多くのコンテンツ制作会社が制作スケジュールに影響が出たり、競争の激化といったプレッシャーがある中でも、料金に見合った価値や没入感のある新たな経験を提供しなければなりません。 メディア各社はより迅速に行動し、コラボレーションや創造性を強化する必要があり、停滞しているデジタル・トランスフォーメーションの取り組みを再活性する必要があります。その第一歩として、旧型のインフラストラクチャを刷新することが重要です。ネットワークに接続されていないシステムや手作業を中心としたレガシー技術が変革を妨げる最大の要因であり、優先的に着手しなければなりません。 優れた顧客体験や戦略的パートナーシップによりイノベーションの先駆けとなるコンテンツ配信企業にとって、俊敏性と順応性は必須要件です。顧客ロイヤリティ獲得に向け、ネットワークが有効な資産となるかどうか、本レポートでぜひご確認ください。
Continue Reading

Coltグループ、2030年までにグローバル規模で純排出量ゼロの実現にコミット

ロンドン発- Coltテクノロジーサービス株式会社、Coltデータセンターサービス(Colt DCS)を含むColtグループは、2030年までに同グループのすべての事業において、グローバル規模での炭素純排出量ゼロを実現するというコミットメントを発表しました。テクノロジー業界の主要企業として、この取り組みは、新技術や既存技術の開発を通じて、ゼロカーボン経済への移行を加速させるという同グループの野心的な道のりの一部を形成しています。 Coltは、SBTイニシアチブによって承認された科学的根拠に基づく包括的な排出削減目標を設定しました。2030年までにスコープ1とスコープ2の排出量を46%削減し、サプライヤーと緊密に協力してサプライチェーン全体でスコープ3の排出量を大幅に削減することで、2030年までに地球温暖化を2℃よりもはるかに低く抑えることを目指します。この動きは、同グループの将来の事業戦略の中核をなすサステナビリティ戦略と、そのDNAに組み込まれています。 ...
Continue Reading

Colt、マーケットデータサービスのポートフォリオに中国の7つの取引所を追加

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、中国の7つの取引所をマーケットデータサービスのポートフォリオに加えたと発表しました。ヨーロッパ、北米、アジアで展開するマーケットデータサービスに新たに中国の取引所が加わり、Coltは株式、先物および商品取引所のマーケットデータサービスを包括的に提供する唯一のプロバイダーとなります。 これにより、お客さまは香港証券取引所(HKEX)のコロケーションファシリティから直接、上海証券取引所(SSE)、深圳証券取引所(SZSE)、中国金融先物取引所(CFFEX)、鄭州商品取引所(ZCE)のマーケットデータサービスにアクセスできるようになります。また、2021年Q3には上海先物取引所(SHFE)、大連商品取引所(DCE)、上海国際エネルギー取引所(INE)が追加される予定です。 Coltは、認可を受けたマーケットデータ・プロバイダーとしてボラティリティの高い期間も一貫した低遅延で、データをRAWフォーマットまたはソフトウェアノーマライズフォーマットのいずれかで配信します。お客様が取引所内にコロケーションしている場合は、Coltからのデータを直接受け取ることができます。また、取引所から離れている場合は、安定した低遅延やレジリエンシーを組み込んだColtのグローバルネットワークやColt ...
Continue Reading