インターナップ・ジャパン株式会社

Homeネットワークサービス事例インターナップ・ジャパン株式会社

インターナップ・ジャパン株式会社、高品質IP接続サービスにColt(旧KVH)ソリューションを採用

本書面はKVH株式会社がColtグループになる前の状況に基づき作成されました。

インターナップ・ジャパン株式会社

インターナップ・ジャパン株式会社(以下インターナップ)は、2001年にNTTグループと米国インターナップ・ネットワークサービス社との合弁により設立された、企業向けインターネットサービスプロバイダです。独自技術「インテリジェント・ルーティング」と大手複数インターネットサービスプロバイダとのトランジット接続により、切断やゆらぎを抑えた高品質インターネット接続サービスを提供しています。世界中で約3,000社以上のエンドユーザーが利用しており、特にミッションクリティカルな業務をインターネット上で行うオンライントレーディング、Eコマース、データセンター事業者や、インターネットに品質や信頼性を高めるコンテンツ配信、クラウド事業者から絶大な信頼を得ています。また、海外とのインターネット通信に安定性を要求するグローバル企業も多く利用しています。

インテリジェント・ルーティングについて

「インテリジェント・ルーティング」とは、米国で開発されたインターナップ独自のルーティング技術の名称です。インターネット上のあらゆる通信先へのパケットロス、遅延、ジッタなどの回線状況を常時測定・分析し、その品質測定に基づき回線の混雑状態や切断状態を判断して、通信先まで常に最適なパスを提供します。これにより、一般的に不安定と言われているインターネットにおいて、安定したデータの送信が可能となります。

インテリジェント・ルーティングの効果を確実にし、ユーザーに最高のパフォーマンスを届けるためにはKVHとのパートナーシップは欠かせません。高い要求に応える通信サービスに加え、データセンターにおけるバイリンガルでの柔軟、迅速な対応を高く評価しています。ミッション・クリティカルな金融顧客を多くもつ点が弊社と共通しており、今後も協業を強め、高品質IP接続サービスの強化に取り組んでいきます。営業部、部長 中村 慎輔

Coltを採用いただいた理由

Coltとの協業は、2003年に企業向けインターネット接続サービス分野でスタートしました。企業のミッションクリティカルなニーズを標準とした高機能、高可用性を特長としている点がインターナップのサービス品質条件と合致しています。また、大手国内キャリアと比較してColtは短納期で回線を提供し、顧客の状況を把握し細かい要望にも応えてくれる柔軟性は、顧客満足度向上にもつながっています。2008年にアクセスポイント「P-NAPTM」を設置し新たにサービス拠点を開設した東京データセンター1(TDC1)の設備、リアルタイムで連絡を取り合いながら行える優れたリモートハンズサービスにも満足しています。障害対応も24時間365日、バイリンガルで迅速に対応してもらっています。

今後の展開

2003年にインターネット接続サービス分野でColtとパートナーシップを結んで以降、サービス提供エリアは東京だけにとどまることなく、大阪まで広がり、将来的には海外展開も視野に入れています。また、連携を通じてクラウドバックアップサービス、バイリンガルITサポートサービス等お客様に付加価値を提供できるサービスラインナップの充実にも取り組んでいます。今後も多方面において連携を強化し、ユーザーサービスの向上に注力します。

Coltソリューション

Colt(旧KVH)はインターナップのアクセスポイント「P-NAPTM」設置のために東京データセンター1(TDC1)と、ユーザーのオフィス/データセンターをつなぐアクセス回線として低遅延イーサネット専用サービスを提供しました。遅延を抑えた、高品質で安定したインターネット接続サービスを支え、障害発生時も影響の少ない冗長構成で、リモート対応可能なネットワーク環境を実現しています。

Coltコロケーションサービス(Colt東京データセンター1) →
ミッションクリティカルな金融業界向けに設計された、国際基準の信頼性と安全性をもつ堅牢な都市型データセンターです。FISC、ISMS、SAS70など国内および国際標準に準拠しています。バイリンガル対応可能なエンジニアの24時間365日体制での常駐により、サーバー運用に最適な環境でお客様システムの安定稼動を実現します。経験豊富なエンジニアによるオンサイトの技術サポート・障害対応が可能です。

Colt Ethernet Line/ Hub & Spoke →
Colt Ethernet Line(ポイント-ポイント型) / Hub & Spoke(ポイント-マルチポイント型)は、低遅延、高信頼性、帯域保証のイーサネット回線です。データセンター間のトラフィックが年々増加傾向にある中、回線コストや通信コストを低減しながらも妥協しないパフォーマンスを実現します。帯域保証(CIR*1=PIR*2)、一部帯域保証のバースト(CIR<PIR)の中からお選びいただけます。
*1 CIR: Comitted Information Rate
*2 PIR: Peak Information Rate

Colt Ethernet VPN →
Colt Ethernet VPNは複数のお客様拠点のLAN間をマルチポイントで接続するイーサネットVPNサービスです。企業のITシステムの高度化やクラウド化によりトラフィックが増大する中、大容量/広帯域の通信を低コストで実現し、お客様のTCO(Total Cost ofOwnership)削減に貢献します。日本全国をカバーし、主要データセンターへ接続も拡大します。多様なアクセス回線タイプから、その用途に合ったアクセス回線を選択することが可能です。クラウド接続(AWS/Azure)もサポートしており、1つのアクセス回線で複数のパブリッククラウドサービスへ閉域網接続します。

Colt Wave →
Colt Waveは広帯域かつ幅広いサービスプロトコルをサポートする専用線サービスです。お客様拠点間を信頼性の高いファイバーネットワークとWDM*1 装置で結びます。
(*1 WDM: Wavelength Division Multiplexing 波長多重装置)

お客様の導入事例:インターナップ・ジャパン株式会社

internap-logo

Colt Technology Services

20 March 2014

Recent posts

Colt、台湾の3つの取引所にてフルホスティングサービスを提供 TWSEの連続取引導入に伴う需要増大に対応

東京発 –  広帯域ネットワーソリューションの大手プロバイダー、Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、台湾証券取引所(TWSE)が2020年3月23日に連続取引を導入したことにより増大する需要に応え、台湾の3つの取引所でのフルホスティングサービスの提供開始を発表しました。Coltは、アジア、ヨーロッパおよび米国など他の市場でも同様のサービスを提供しており、ホスティング、取引所でのコロケーションサービスや、低遅延ネットワークサービスの提供で市場のリーダーとなっています。 Colt ...
Continue Reading

未来のネットワークと変化する需要に対して私たちができること

Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、現在のこの様な状況が起きることは今まで予想もしませんでした。 突然、多くの人が今までの働き方や生活を大きく変えなくてはいけない事態に遭遇し、この状況はしばらく続きそうです。 1年前に、将来のネットワークについて書いたことがあります。リモートワークをする社員が増え、クラウドサービスに大きく依存するようになるだろうと書きました。現在、多くの企業が計画を前倒して、これを実施しています。 この数週間、平均より20倍のデータキャパシティを要求するお客様が出ています。ボイスでも同様のリクエストが入っています。私たちは通信業界のパートナーと密接に協力して、キャパシティマネジメントをおこない、お客様の需要にしっかりと応えていきます。 ...
Continue Reading

Colt、アジア代表兼日本法人代表取締役として星野真人を任命

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、2020年3月1日付で星野真人がColtグループのアジア代表、および日本法人であるColtテクノロジーサービス株式会社の新代表取締役社長に就任したことをお知らせいたします。これまで、アジア代表兼日本法人代表取締役として同社の事業および企業文化の発展に貢献してきた日置健二は同職を退任しますが、Coltアジアの副会長として今後もアジアでの事業を支えていきます。 星野は今後、当社のアジア太平洋地域の事業全般を統括し、社外対応の責任者およびスポークスパーソンとしてアジアでの事業発展に尽くしていきます。また、日本法人の代表取締役として同社の経営に従事し、Coltグループの最高営業責任者(COO)であるKeri ...
Continue Reading