日本ビジネスシステムズ株式会社

Homeネットワークサービス事例日本ビジネスシステムズ株式会社

Microsoft AzureやAWSなど複数のクラウドへの接続が可能なこと、また広帯域でサービスのコストパフォーマンスが高いことからColtを最適な回線提供事業者だと判断しました。Coltの回線をパッケージ化することにより、JBSはこれまで以上にお客様の期待を超えるご満足を提供し、更なる『カスタマー・ファースト』を追求していきたいと思います。執行役員パートナーアライアンス本部長 三浦 剛志

会社紹介

日本ビジネスシステムズ(JBS)は、Microsoftプロダクトを中心とした情報系インフラの構築、アプリケーション開発、システム保守・運用までワンストップで提供する独立系システムインテグレータで、マイクロソフトプラットフォームを筆頭にパートナー企業と連携し、お客様にとって最良のシステム、最善のサービスを提供しています。JBSはITの最前線で積み重ねた実績により、「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー」など、多くのアワードを受賞しています。
JBSの社員はお客様に120% 満足いただくために、お客様のニーズを徹底理解することを最優先に考えるプロ集団です。すべてのリソースはお客様のために。これがJBSの「カスタマー・ファースト」の基本ポリシーです。お客様が何に困っているか?何をしなければいけないか?お客様以上に理解したうえで仕事を進めていく。「お客様の期待を超えたい」という強い気持ちこそが、われわれの強みです。

お客様の課題

JBSは約10,000名の学生を抱える某私立大学(エンドユーザー)様へクラウドサービスを提案していました。研究内容によって複数のクラウドを使い分けたいとの要望もあり、また、バックアップ(災害対策用)という側面からもMicrosoft Azureに加えAWSにも接続可能なマルチクラウドでのネットワーク提供が必須条件でした。また、都心から少し離れたエンドユーザーの拠点全てをカバーできること、さらに、広帯域でかつ安価なネットワークサービスを構成することもまた必須条件でした。しかしながら、JBSは回線のコンサルから販売までのノウハウが少なく、エンドユーザー様もITに携わる本格的な部門がなかったことから、回線導入を全て任せられる事業者を探していました。

Coltテクノロジーサービスを採用いただいた理由

Coltは①エンドユーザー様の希望エリアをカバーできたこと、②ネットワークが高性能でシンプルであったこと、③他事業者と比較して広帯域でのコストパフォーマンスが一番良かったことが決め手となりました。
また、将来的にはエンドユーザー様の他の複数拠点にも接続することを検討しており、Coltの広域イーサネットサービスを利用して全てのサービスをワンストップで提供できるという利点もありました。結果的に、JBSよりクラウドサービス、回線、検証、運用の全てをワンストップで提供し、エンドユーザー様の「次世代IT基盤構想」も満たすことができました。

今後の展望

エンドユーザー様は回線も含めたクラウドサービスの提供が初めてということもあり、導入段階では検証に多くの時間を費やしましたが、いずれの検証でもColtの回線が高性能であるということを証明できました。今までエンドユーザー様に対してはオンプレミスの提供がほとんどでしたが、今後このようなマルチクラウドサービスを提供することが増えると見込んでいます。回線をパッケージ化したワンストップの統合クラウドサービスの提供など、今後も柔軟かつ最適なソリューションをColtとの強力なパートナーシップで実現していきたいと考えています。

Coltソリューション

  • 「Colt Ethernet VPN」は複数のお客様拠点のLAN間をマルチポイントで接続するイーサネットVPNサービスです。
  • 企業のITシステムの高度化やクラウド化によりトラフィックが増大する中、本サービスは大容量/広帯域の通信を低コストで実現し、お客様のTCO(Total Cost of Ownership)削減に貢献します。
  • 日本全国をカバーしており、主要データセンターへの接続も拡大しています。多様なアクセス回線タイプから、その用途に合ったアクセス回線を選択することが可能です。
  • クラウドゲートウェイオプションによるマルチクラウド接続(AWS/Azure)もサポートしており、1つのアクセス回線で複数のパブリッククラウドサービスへのインターネットを介さない閉域網接続が可能となります。

お客様事例 – 日本ビジネスシステムズ株式会社

JBS

Colt Technology Services

22 December 2016

Recent posts

未来のネットワークと変化する需要に対して私たちができること

Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、現在のこの様な状況が起きることは今まで予想もしませんでした。 突然、多くの人が今までの働き方や生活を大きく変えなくてはいけない事態に遭遇し、この状況はしばらく続きそうです。 1年前に、将来のネットワークについて書いたことがあります。リモートワークをする社員が増え、クラウドサービスに大きく依存するようになるだろうと書きました。現在、多くの企業が計画を前倒して、これを実施しています。 この数週間、平均より20倍のデータキャパシティを要求するお客様が出ています。ボイスでも同様のリクエストが入っています。私たちは通信業界のパートナーと密接に協力して、キャパシティマネジメントをおこない、お客様の需要にしっかりと応えていきます。 ...
Continue Reading

Colt、アジア代表兼日本法人代表取締役として星野真人を任命

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、2020年3月1日付で星野真人がColtグループのアジア代表、および日本法人であるColtテクノロジーサービス株式会社の新代表取締役社長に就任したことをお知らせいたします。これまで、アジア代表兼日本法人代表取締役として同社の事業および企業文化の発展に貢献してきた日置健二は同職を退任しますが、Coltアジアの副会長として今後もアジアでの事業を支えていきます。 星野は今後、当社のアジア太平洋地域の事業全般を統括し、社外対応の責任者およびスポークスパーソンとしてアジアでの事業発展に尽くしていきます。また、日本法人の代表取締役として同社の経営に従事し、Coltグループの最高営業責任者(COO)であるKeri ...
Continue Reading

Coltテクノロジーサービス株式会社- CEOより新型コロナウイルス感染症についてお知らせ

私たちはいま、かって経験したことがない不透明な状況に遭遇しています。新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、私たちは日夜、お客様および社員の安全を守るために努力を続けています。   Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、コネクティビティの重要性がこれまで以上に高まっています。リモートワークをする社員の増加に伴いクラウドサービスの需要が拡大しており、多くのお客様は数カ月前とは違ったネットワーク要件への対応を迫られています。 ネットワークトラフィックが急増する中、特にボイスのトラフィックの増加は顕著で、多くのお客様が帯域幅を増幅しています。私たちは、お客様の変化するニーズに応えるために努力を続けています。Colt ...
Continue Reading