日本ビジネスシステムズ株式会社

Homeネットワークサービス事例日本ビジネスシステムズ株式会社

Microsoft AzureやAWSなど複数のクラウドへの接続が可能なこと、また広帯域でサービスのコストパフォーマンスが高いことからColtを最適な回線提供事業者だと判断しました。Coltの回線をパッケージ化することにより、JBSはこれまで以上にお客様の期待を超えるご満足を提供し、更なる『カスタマー・ファースト』を追求していきたいと思います。執行役員パートナーアライアンス本部長 三浦 剛志

会社紹介

日本ビジネスシステムズ(JBS)は、Microsoftプロダクトを中心とした情報系インフラの構築、アプリケーション開発、システム保守・運用までワンストップで提供する独立系システムインテグレータで、マイクロソフトプラットフォームを筆頭にパートナー企業と連携し、お客様にとって最良のシステム、最善のサービスを提供しています。JBSはITの最前線で積み重ねた実績により、「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー」など、多くのアワードを受賞しています。
JBSの社員はお客様に120% 満足いただくために、お客様のニーズを徹底理解することを最優先に考えるプロ集団です。すべてのリソースはお客様のために。これがJBSの「カスタマー・ファースト」の基本ポリシーです。お客様が何に困っているか?何をしなければいけないか?お客様以上に理解したうえで仕事を進めていく。「お客様の期待を超えたい」という強い気持ちこそが、われわれの強みです。

お客様の課題

JBSは約10,000名の学生を抱える某私立大学(エンドユーザー)様へクラウドサービスを提案していました。研究内容によって複数のクラウドを使い分けたいとの要望もあり、また、バックアップ(災害対策用)という側面からもMicrosoft Azureに加えAWSにも接続可能なマルチクラウドでのネットワーク提供が必須条件でした。また、都心から少し離れたエンドユーザーの拠点全てをカバーできること、さらに、広帯域でかつ安価なネットワークサービスを構成することもまた必須条件でした。しかしながら、JBSは回線のコンサルから販売までのノウハウが少なく、エンドユーザー様もITに携わる本格的な部門がなかったことから、回線導入を全て任せられる事業者を探していました。

Coltテクノロジーサービスを採用いただいた理由

Coltは①エンドユーザー様の希望エリアをカバーできたこと、②ネットワークが高性能でシンプルであったこと、③他事業者と比較して広帯域でのコストパフォーマンスが一番良かったことが決め手となりました。
また、将来的にはエンドユーザー様の他の複数拠点にも接続することを検討しており、Coltの広域イーサネットサービスを利用して全てのサービスをワンストップで提供できるという利点もありました。結果的に、JBSよりクラウドサービス、回線、検証、運用の全てをワンストップで提供し、エンドユーザー様の「次世代IT基盤構想」も満たすことができました。

今後の展望

エンドユーザー様は回線も含めたクラウドサービスの提供が初めてということもあり、導入段階では検証に多くの時間を費やしましたが、いずれの検証でもColtの回線が高性能であるということを証明できました。今までエンドユーザー様に対してはオンプレミスの提供がほとんどでしたが、今後このようなマルチクラウドサービスを提供することが増えると見込んでいます。回線をパッケージ化したワンストップの統合クラウドサービスの提供など、今後も柔軟かつ最適なソリューションをColtとの強力なパートナーシップで実現していきたいと考えています。

Coltソリューション

  • 「Colt Ethernet VPN」は複数のお客様拠点のLAN間をマルチポイントで接続するイーサネットVPNサービスです。
  • 企業のITシステムの高度化やクラウド化によりトラフィックが増大する中、本サービスは大容量/広帯域の通信を低コストで実現し、お客様のTCO(Total Cost of Ownership)削減に貢献します。
  • 日本全国をカバーしており、主要データセンターへの接続も拡大しています。多様なアクセス回線タイプから、その用途に合ったアクセス回線を選択することが可能です。
  • クラウドゲートウェイオプションによるマルチクラウド接続(AWS/Azure)もサポートしており、1つのアクセス回線で複数のパブリッククラウドサービスへのインターネットを介さない閉域網接続が可能となります。

お客様事例 – 日本ビジネスシステムズ株式会社

JBS

Colt Technology Services

22 December 2016

 

Recent blog posts

Colt、緊急通報の提供開始

Colt音声サービスにおいて、既存のお客様に対して2019 年3 月1 日より、緊急通報をご利用頂く事が可能となりました。 ご利用中のColt音声回線から緊急通報(110番・警察、118番・海上保安、119番・消防)を発信した際に、発信場所を管轄する所定の各機関との通話が可能となります。 各機関 電話番号 警察 110 海上保安 118 消防 119   ご利用開始可能日 2019年3月1日以降(日程については別途ご案内申し上げます) 対象となるサービス 以下の0AB-J番号を付与可能なColt音声サービスが対象となります。 ...
Continue Reading

株式会社電話放送局

ソリューション: 株式会社電話放送局は、自社IVRシステムのインフラとして 高品質かつ高セキュリティのColt音声サービスを採用   課題 株式会社電話放送局は、電話のIVR(自動音声応答)システムを 用いた、あふれ呼、オートコール、自動受付、SMSなどのサービスで企業活動をサポートするサービ事業者だ。ユーザーのニーズに合わせた柔軟な提案力とシステム開発力を強みとし、社名にある通り、「電話」を含むコミュニケーションをもっと円滑に、そして便利にすることを追求し続けている。 同社は自社開発によるシステムでIVRを活用した電話業務サービスを提供してきた。20 0 0年以降、クラウドシフトが加速する中で、大量の入電をしっかりと受けられるサービス環境を整える必要があった。さらに、電話業務には個人情報の取り扱いなどセンシティブな部分が多いため、ネットワークを含むIT基盤も万全を期す必要があり、高い堅牢性、信頼性を持ったネットワークを提供できる回線事業者を探していた。   Coltをお選びいただいた理由 同社はサービス提供にあたり、Pマーク(プライバシーマーク)に加え、カード番号の取り扱いに必要なPCI DSSの認証も取得するなどサービス品質の確保に注力してきた。個人情報の漏洩や盗聴のリスク削減のため、同社はサービス提供基盤を専用線のみに限定し、インターネット接続を最小限に抑えることでさらに堅牢なサービス供を実現している。 Colt音声サービスは完全閉域の専用線のため、非常にセキュアなネットワーク環境を構築可能だ。「セキュリティ対策を特に重要視される金融業界のお客様に多く利用され、金融業界での豊富なネットワーク提供実績があることもColtを採用した決め手です」と黒木氏は述べた。 また、同社はマルチキャリアのネットワークを使用することで、安定したサービス継続を担保してきた。「当初からマルチキャリアでの運用を想定していました。障害リスク削減に加え、お客様の環境や番号を変えることなくクラウド型音声サービスをご利用いただけるという利点があります」と黒木氏は説明する。「各キャリアと比較しても、Colt音声サービスは可用性が非常に高く、メンテナンス等による停止頻度も最小限であり、音声サービスの提供において重要な安定性は申し分ありません。ネットワーク導入時から今まで、サービス稼働率はほぼ100%確保できています」と黒木氏は満足感を示した。 お客様の個人情報を含む機密情報を扱う私たちの業務において、セキュリティは堅牢すぎるということはありません。IVRシステムのインフラとして採用したColt音声サービスは専用線サービスのため、高セキュリティなネットワーク環境を実現できました。株式会社電話放送局代表取締役森 正行氏 お客様導入事例のダウンロード
Continue Reading

Colt、マーク・ギルモアをモバイルコネクティビティ・ソリューション統括に任命

移動体通信事業者(MNO)が効果的にColt IQ Networkを活用できるよう支援 (このプレスリリースは、2月6日に発表されたこちらのリリースの抄訳です。) ロンドン発 - 広帯域ネットワークサービスを高速かつオンデマンドで提供し、お客様のデジタル・トランスフォーメーションを実現するColtテクノロジーサービス(以下、「Colt」)は本日、マーク・ギルモア(Mark Gilmour)をモバイルコネクティビティ・ソリューションの統括に任命したことを発表しました。 経験豊かで技術に精通したリーダーであるギルモアは、Coltの最高営業責任者(CCO)であるケリー・ギルダー(Keri Gilder)にレポートし、Coltのモバイルコネクティビティ・ソリューションを主導、拡張していきます。また、世界各地のチームと協力し、Coltのモバイル戦略を推進する上で中核的な役割を果たすことで、モバイル市場におけるColtの地位を強化します。 ギルダーは次のように述べています。「Coltは、Colt IQ Networkの全世界の主要メトロエリアにわたるリーチと密度によって、移動体通信事業者(MNO)が5G対応に着手する際の強力なパートナーとなっています。ギルモアはこの分野で幅広い経験を有しており、モバイル業界に関する豊富な知識が、Coltのモバイル戦略を形作ってくれるものと期待しています」 ギルモアは20年以上にわたる業界経験を有し、これまではCiena社にて多くの役職を歴任してきました。直近では、携帯電話および無線の製品ライン管理担当シニア・アドバイザーとして、無線・携帯電話分野における製品化の責任を担っていました。 また、Three、Ericsson、Hutchisonといった携帯電話事業者(Mobile Operator)においても、さまざまな職務に従事してきました。 今回の任命に関して、ギルモアは次のように述べています。「Coltはそのネットワーク資産を通じて、MNOによるモバイルバックホール戦略の定義および強化を最適な立場から支援できます。市場では5Gに関してさまざまな議論がありますが、企業が4Gネットワークを最大限に活用できる方法は数多く存在します。Coltはモバイルコネクティビティ・ソリューション分野において重要なパートナーとして貢献できます。多くの企業があらゆる未来に対応できるよう、携帯ネットワークを最大限に生かしたいと考えており、このような重要な時期にColtに参加できることを大変喜ばしく思っています」 マークは今年1月にColtに入社し、英国ロンドンのColt本社(Colt ...
Continue Reading