JCDecaux社事例 シャンゼリゼ通りで無料WiFiを提供

HomeブログJCDecaux社事例 シャンゼリゼ通りで無料WiFiを提供

屋外広告サービスを提供するJCDecaux社は、パリのシャンゼリゼ通りを利用する市民や観光客向けに、無制限の無料高速WiFiサービスを提供しています。Coltは3千万の観光客を含め、年間1億人ものビジターが利用するネットワーク提供をサポートしています。

街路沿いの設備をWiFiハブに接続し、通信平均速度30Mbps以上、ピークバースト200Mbps、最大1万の同時接続を可能にするというJCDecaux社のプロジェクトのために、Coltは新規ファイバーネットワークの構築を実施しました。

シャンゼリゼWiFiプロジェクトはUEFAユーロ2016トーナメントが開幕する6月10日を目指し、約6週間という厳しい納期の中で無事に全ての作業を完了しました。観光客や現地でビジネスを展開する市民も含め、イベントに訪れた240万人の観光客に高品質かつ高速のWiFi接続サービスを問題なく提供できました。

「今日、人々は町中でもデジタルサービスを利用することを求めますが、町の事情により状況が異なるため、高い技術力が必要となります。JCDecaux社は都市のデジタルトランスフォーメーションにおいて重要な役割を果たしており、スモールセルやデジタル通信、接続された持続可能なモビリティや無料WiFiをスマートシティに提供してきた実績があります。都市のデジタルトランスフォーメーションにおいて最も重要なのは、ネットワークを街路沿いの設備と組み合わせることであり、Coltのサポートは欠かせません。」   – JCDecaux社 Marc Merlini氏(事業開発部長)

Female friends or business colleagues meet in coffee shop before or after work.

Yoko Kanazaki

11 September 2019

Recent posts

電話リレーサービスについて

聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(令和2年法律第53号)に基づき、聴覚や発話に障害のある方が電話リレーサービス提供機関である「(一財)日本財団電話リレーサービス」の手話通訳オペレータ等を介して電話をかけることによって、通話の相手方との意思疎通を可能とする「電話リレーサービス」が制度化、2021年7月1日よりサービス開始となりました。 電話リレーサービス制度について 「電話リレーサービス」は、聴覚や発話に障がいのある方とネット回線を通じ、手話・CHATなどの文字でコミュニケーションするオペレータが間に入り、相手先に電話をかけて音声で説明することにより、聴覚や発話に障がいのある方と耳の聴こえる方の意思疎通を仲介することで支障を解決するサービスです。(公共のサービスであり、弊社が提供するサービスではありません) 「電話リレーサービス」を提供する「電話リレーサービス提供機関」注1)に交付する交付金を電話会社全体で応分に負担することによって「電話リレーサービス」の提供を確保する「電話リレーサービス制度」が法令注2)により新たに創設されました注3)。 ...
Continue Reading

大手医療機器プロバイダー

クラウドファースト戦略によるICTO削減および従業員の生産性向上をサポート ITのTCO削減、従業員の生産性向上、アプリケーションパフォーマンス最適化、柔軟性とセキュリティ向上を同時に実現する方法 課題  世界中に25,000人の従業員、EMEAに1,500人の従業員を抱える同社は、クラウドベースのエコシステムに移行するためにColtを採用しました。同社は、ビジネスの柔軟性向上のためSAP ...
Continue Reading

Colt、Jaya Deshmukhを戦略&トランスフォーメーション担当EVPに任命

新設された戦略&トランスフォーメーションチームのヘッドとして、会社の長期的戦略を遂行 ロンドン発 –  Colt ...
Continue Reading