メディアマート株式会社

Home導入事例メディアマート株式会社

メディアマート株式会社は、クラウド型PBX「V-SQUARE」のインフラとして高品質なColt SIP Trunkingを採用

 

課題

メディアマート株式会社は、人と人との「コミュニケーション」を大切に、「最適なITサービス」を創造し社会に貢献する、という経営理念のもと、システム開発やネットワーク構築、システム保守といった多岐にわたるサービスを提供しているITソリューション企業だ。中でも、同社の提供するクラウド型PBXであるV-SQUAREは、クラウド創世記の2008年頃、リーマンショック以降に、IP-PBX(構内交換機)をクラウドソリューションとして月額提供する新しい電話サービスとして市場の先駆けとなった。V-SQUAREを導入することで、従来のオンプレミス型PBXのようにPBX機器を購入し、資産として管理・保守する必要がなくなり、電話サービス・PBX器などの初期導入コストをはじめとする設備投資を大幅に削減できる。運用管理やシステム維持管理などのリソースを低減し常に最新の機能を利用できるため、基幹事業に集中できるというメリットもある。また、クラウド型PBXはスマートフォンやタブレット端末を内線化することで場所にとらわれないワークスタイルを実現できる上、国内外との通話も内線電話として使用できるため、社内コミュニケーションにも非常に高い費用対果を発揮する。一方で、従来のV-SQUAREはゲートウェイを介したISDN/PRI接続でサービスを提供していたが、構成が複雑なことが悩みだった。ネットワーク構成シンプルにすることで、より競争力のある価格でのサービス提供を実現するため、PBXサーバーへ回線を直収できるSIP Trunkingを提供可能な通信事業者を探していた。

Coltをお選びいただいた理由

同社はV-SQUAREとPSTNを接続するため、品質とコストの両面でメリットのある音声回線を探す必要があった。品質においてはColt SIP Trunking は閉域網提供される音声サービスであり、インターネットよりも高い音声品質と安定性を実現できるため、同社が求める条件を満たしていた。コストの観点でも、Colt SIP Trunkingの電話通信費は秒課金方式などユーザーの利用シーンに合わせて柔軟な料金体系の提供が可能なため、ユーザーの需要にあわせて非常に高いコストメリットを生み出すことができる。「V-SQUAREの安定稼働には、高いセキュリティと音声品質を担保できる専用線での接続は必須でした」と小野氏は振り返る。またクラウド型PBXの最大の特長として、オンプレミス型PBXのように物理的な資産を維持する必要がないため、オフィス移転や組織変更に伴う突発的な事業規模の変や、災害発生時などにも設置工事無しですぐに利用、拡張が可能であり、必要な機能を自由に選択できる点が挙げられる。「Colt SIP Trunkingはユーザーの要望に合せて柔軟にチャネル数の増減が可能であり、クラウド型PBXの持つ強みを最大限に活かすことができる点も高く評価しています」と小野氏は付け加えた。

今後の展望

V-SQUAREを活用することで、外出時や在宅勤務の場合でも事業所と同じ番号で発着信、内線通話や転送が可能な他、チャットやWeb会議等のユニファイドコミュニーション機能により、場所を問わない効率的な業務が可能となる。「在宅・モバイルワークの推進など、社会全体が働き方改革の実現に向けて動き出しています。今後らにモバイル化の傾向は進み、それに伴いPBXのクラウド移行も加速していくと確信しています。私たちはお客様の働き方改革の実現に向けて、『最適なITサービスの創造に取り組みます。Coltには今後も高品質の音声ネットワークにより、V-SQUAREの安定したサービス稼働を支えて頂きたいと思います」と小野氏は強調する。同社は、V-SQUAREがよりユーザーフレンドリーなサービスとなるようさらなる品質向上に取り組んでいる。今後はチャットボットとの連携なども視野に入れ、ホテルやコールセンター向けのスマートソリューションとして機能拡張も図っていく。さらに、V-SQUAREのユーザーは社用、人用を問わずスマートフォンやタブレットなどのデバイスから050番号を利用して発信できる。「Coltは050番号を提供可能な回線事業者であるため、今後はインフラの増強だけでなく、モバイル連携での協業を深化していきたいと考えています」と小野氏は語った。

Download the case study

media-mart-logo

Colt Technology Services

16 November 2018

Recent posts

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading