ミサワホーム株式会社

Homeネットワークサービス事例ミサワホーム株式会社

Colt Dedicated Cloud AccessおよびColt Ethernet VPNのネットワークサービス導入により、キャリア冗長と同等の高い可用性のIT環境を実現

Coltにバックボーンの異なる回線サービスを組み合わせた完全冗長構成を提供いただき、TCOを大幅に削減しつつ安定したクラウド接続環境およびオフィス間の通信環境を実現しました。Coltネットワークの品質はもちろん、高い技術力によりIT環境構築をトータルでサポートいただけたことに大変満足しています。ミサワホーム株式会社, 情報システム部 システム企画課, 参事, 森嶌 浩之氏

Colt Dedicated Cloud Access →
Colt IP VPNサービス →

 

課題

ミサワホーム株式会社は、「住まいを通じて生涯のおつきあい」という精神のもと、50年以上にわたり、住宅業界のパイオニアとして良質の「住まい」を提供し、豊かな社会づくりに貢献する住宅メーカーだ。戸建住宅の建設に加え、マンション・ ビル・ホテルなどのリフォームや、賃貸住宅をはじめとした土地活用提案、医療・介護・保育などの複数の機能を盛り込んだコンパクトシティ型の不動産開発など、住まいを中心に多岐にわたる施設建設を展開している。 同社は会計システムや基幹システム、社内ファイルサーバー等の各種システムを300台の物理サーバーで維持していた。インターネット経由の接続はセキュリティに対する不安もあり、クラウド移行に踏み切れずにいたが、2012年、専用線によるクラウド接続サービス 「AWS Direct Connect」の開始に伴い、AWSへの移行を決めた。

システムを物理サーバーからAWS上へ移行することで、ハードウェアの維持および管理の負担が軽減した上、従来約6時間かかっていたサーバー復旧作業がわずか30分にまで短縮した。「AWSに移行したことでハードウェアを意識する必要がなくなり、本来の業務に集中することができるようになりました」と森嶌氏は語る。

しかし一方で、AWS Direct Connectのメンテナンス時にバックアップ回線の帯域が逼迫し、既存回線の帯域が不十分となる問題がでてきた。また、特定のAWS VPC上にあるWSUSサーバーから約1万台のデバイスに向けてWindows Updateが一斉配信される際に、他の基幹業務で安定した通信が確保できないという課題も抱えていた。同社は課題解決に向け、ネットワーク環境の見直しを決めた。

Coltをお選びいただいた理由

複数のプロバイダーを比較、検討していく中で、同社は既存のバックアップ回線の帯域を10倍に増やしながら、運用コスト半減できるColtの採用を決めた。
ColtはAWS接続のメイン回線としてオプティカル専用線サービス「Colt Wave」を、バックアップ回線としてイーサネット専用線サービス「Colt Ethernet Line」というバックボーンの異なる回線を組み合わせた冗長構成を提供した。Windows Update配信に伴うWSUSサーバーのトラフィック集中によりメイン回線の応答性能が低下する問題に対し、バックアップ回線を迂回用通信経路として利用することで帯域圧迫を回避した。「金融業界での豊富な提供実績やSLAに裏付けられた信頼性はもちろんですが、採用の決め手となったのはColtの高い技術力です。我々の要望や課題に対して的確かつ迅速に回答いただけたことで、最適なネットワーク環境を設計することができました」と森嶌氏は語る。
また、同社はクラウド接続に加えて、グループ拠点間の社内ネットワークとしてColt Ethernet VPNを採用している。同サービスは障害発生時にはわずか50ms以内で網内回線が自動で切替わるため、万全の運用体制を実現可能だ。「Coltの各種サービスによりIT環境を見直したことで、年間約2,000万円以上のTCO削減が実現しました。契約はColtに一本化しながら、バックボーンの異なる回線を組み合わせたことでキャリア冗長と同等の可用性を実現できたことにも大変満足しています」と森嶌氏は述べた。

今後の展望

同社は今後の事業拡大に備え、現在HaaS上で運用している約160台の物理サーバーも一部を残してすべてクラウドへ移行することを検討している。将来的には約500台のサーバーをAWS上で運用することになるため、安定して稼働するIT環境が不可欠だ。「通常なら専用線は導入や増減速に時間を要するものですが、Coltは自社ファイバーを所有する通信事業者で、既存回線の増速であれば短納期で対応いただけます。今後クラウド利用の拡大が予測されるため、拡張性の観点からも高く評価しています」と森嶌氏は述べる。
さらに、同社はオーストラリアや北米エリアなどグローバルでの展開にも注力しており、さらなるITインフラ拡大が見込んでいる。「Coltには引き続き高品質な広帯域ネットワークと高い技術力を活かして国内、国際問わず、ミサワホームグループのサービス運用をサポート頂ければと思います」と森嶌氏は語った。

お客様導入事例のダウンロード

misawa-logo

Colt Technology Services

24 May 2019

Recent posts

Colt、台湾の3つの取引所にてフルホスティングサービスを提供 TWSEの連続取引導入に伴う需要増大に対応

東京発 –  広帯域ネットワーソリューションの大手プロバイダー、Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、台湾証券取引所(TWSE)が2020年3月23日に連続取引を導入したことにより増大する需要に応え、台湾の3つの取引所でのフルホスティングサービスの提供開始を発表しました。Coltは、アジア、ヨーロッパおよび米国など他の市場でも同様のサービスを提供しており、ホスティング、取引所でのコロケーションサービスや、低遅延ネットワークサービスの提供で市場のリーダーとなっています。 Colt ...
Continue Reading

未来のネットワークと変化する需要に対して私たちができること

Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、現在のこの様な状況が起きることは今まで予想もしませんでした。 突然、多くの人が今までの働き方や生活を大きく変えなくてはいけない事態に遭遇し、この状況はしばらく続きそうです。 1年前に、将来のネットワークについて書いたことがあります。リモートワークをする社員が増え、クラウドサービスに大きく依存するようになるだろうと書きました。現在、多くの企業が計画を前倒して、これを実施しています。 この数週間、平均より20倍のデータキャパシティを要求するお客様が出ています。ボイスでも同様のリクエストが入っています。私たちは通信業界のパートナーと密接に協力して、キャパシティマネジメントをおこない、お客様の需要にしっかりと応えていきます。 ...
Continue Reading

Colt、アジア代表兼日本法人代表取締役として星野真人を任命

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、2020年3月1日付で星野真人がColtグループのアジア代表、および日本法人であるColtテクノロジーサービス株式会社の新代表取締役社長に就任したことをお知らせいたします。これまで、アジア代表兼日本法人代表取締役として同社の事業および企業文化の発展に貢献してきた日置健二は同職を退任しますが、Coltアジアの副会長として今後もアジアでの事業を支えていきます。 星野は今後、当社のアジア太平洋地域の事業全般を統括し、社外対応の責任者およびスポークスパーソンとしてアジアでの事業発展に尽くしていきます。また、日本法人の代表取締役として同社の経営に従事し、Coltグループの最高営業責任者(COO)であるKeri ...
Continue Reading