NECネッツエスアイ株式会社

Home導入事例NECネッツエスアイ株式会社

本書面はKVH株式会社がColtグループになる前の状況に基づき作成されました。

NECネッツエスアイ株式会社

NECネッツエスアイは、人・企業・社会をスムーズにつなぐためのネットワークシステムの構築と、その基盤となる通信インフラの工事、そして、システムをより安心・安全にご利用いただくためのお客様サポートを展開しています。豊富な実績に裏付けされたコミュニケーションシステムをはじめ、高速・大容量なバックボーンを構成するネットワークプラットフォーム、安心・安全を確保するセキュリティ、更には、電気・電源などのファシリティ面、省エネ・エコ対策も含め、システム環境を一括してご提供することが可能です。トータルにお任せいただくことで、ビジネスの進展や拡大にも柔軟に対応でき、バランスの取れた良好なシステム環境を実現します。

お客様の課題

エンドユーザ様のご要望として、グループ会社全体で同じWAN環境を利用しなくてはいけない方針により、コストダウンや品質、そして安定稼働などというさまざまなポイントでネットワークを見直し、現行のネットワーク環境を大幅に変更することなく、最適化する必要がありました。

KVHのネットワークを採用することにより、弊社のエンドユーザ様がご希望されていたハイクオリティ(低遅延)、ハイコストパフォーマンスに加えて、KVH1社でL1とL2の異なるネットワーク冗長を実現することができました。エンドユーザ様の基幹ネットワークの中核となる箇所に、1Gbpsのネットワークで冗長構成が組めたことによる継続的な安定稼働や運用負荷の軽減も大きなメリットとして考えています。ニューソリューション推進事業部、クラウド構築部 システム課長、林田 達也

Coltを採用いただいた理由

Coltを採用した理由は、①低価格 ②低遅延ネットワーク提供の豊富な実績 ③1社でL1とL2の異なるネットワーク冗長を実現でき一番重要とされる基幹ネットワークの安定稼働に寄与してくれると考えたからです。また、運用という点でも、Colt1社でL1とL2の異なるネットワーク冗長を実現しているので、ワンストップでColtに連絡することが我々の運用負荷につながると判断したためです。

今後の展開

首都圏を中心にColtに変更できる個所は、Coltのネットワーク回線へ変更し、コスト、低遅延、安定稼働の更なる実現をしていきたいと考えております。

Coltソリューション

Colt Ethernet Line / Hub & Spoke →

Colt Ethernet Line / Hub & Spokeは、金融業界での実績やキャリア品質、超低遅延というこれまでの特長を備えながら、増大する広帯域への要求を満たしつつクラウドやデータセンターとの接続にも配慮した次世代イーサネットプラットフォームソリューションです。

超低遅延
金融業界での経験と実績を最大限に発揮し、ファイバールートとネットワークトポロジを最適化。高性能ネットワーク機器と効率的なトラフィックエンジニアリングの導入により超低遅延ネットワークを提供。

高い柔軟性と拡張性
全てのお客様に1Gbpsもしくは10Gbpsのアクセスリンク容量を提供するため物理工事不要で帯域の柔軟な変更が可能。また回線終端装置設置済みの場合、1Gbps以上の広帯域回線でも10営業日以内に開通可能。

高品質
コアバックボーン全体にわたる冗長設計とオプションで冗長構成が可能なアクセス回線により、エンド・ツー・エンドでの帯域保証を提供し、障害発生時には高速自動切替。可用性、帯域、故障対応、納期等広範囲にわたるSLAにより最高品質のサービスを保証。

お客様の導入事例:NECネッツエスアイ株式会社

NEC

Colt Technology Services

04 March 2016

Recent posts

2021年クラウド導入状況レポート:進化するクラウド戦略

新型コロナウイルスの流行がきっかけとなり、この12ヶ月間でクラウド移行がかつてないほど加速しました。 デジタル・トランスフォーメーションによりレガシーシステムへの依存を軽減し、クラウドを中心とした次世代のコンピューティングやネットワーク活用に積極的な企業が増えています。今がまさに、クラウド移行を次の段階へと進め、新しいクラウドの可能性を模索するタイミングといえます。 本レポートでは、世界のIT 意思決定者を対象としたクラウド移行戦略の最新動向の調結果をもとに、新時代のクラウド導入の原動力となるテクノロジーやソリューションをご紹介しています。 ...
Continue Reading

電話リレーサービスについて

聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(令和2年法律第53号)に基づき、聴覚や発話に障害のある方が電話リレーサービス提供機関である「(一財)日本財団電話リレーサービス」の手話通訳オペレータ等を介して電話をかけることによって、通話の相手方との意思疎通を可能とする「電話リレーサービス」が制度化、2021年7月1日よりサービス開始となりました。 電話リレーサービス制度について 「電話リレーサービス」は、聴覚や発話に障がいのある方とネット回線を通じ、手話・CHATなどの文字でコミュニケーションするオペレータが間に入り、相手先に電話をかけて音声で説明することにより、聴覚や発話に障がいのある方と耳の聴こえる方の意思疎通を仲介することで支障を解決するサービスです。(公共のサービスであり、弊社が提供するサービスではありません) 「電話リレーサービス」を提供する「電話リレーサービス提供機関」注1)に交付する交付金を電話会社全体で応分に負担することによって「電話リレーサービス」の提供を確保する「電話リレーサービス制度」が法令注2)により新たに創設されました注3)。 ...
Continue Reading

大手医療機器プロバイダー

クラウドファースト戦略によるICTO削減および従業員の生産性向上をサポート ITのTCO削減、従業員の生産性向上、アプリケーションパフォーマンス最適化、柔軟性とセキュリティ向上を同時に実現する方法 課題  世界中に25,000人の従業員、EMEAに1,500人の従業員を抱える同社は、クラウドベースのエコシステムに移行するためにColtを採用しました。同社は、ビジネスの柔軟性向上のためSAP ...
Continue Reading