ビジネスにおける俊敏性の向上は、企業にとって避けて通れない課題といえます。ネットワークの通信速度を高めることにより、生産性、サービスの展開や改善、パフォーマンスを高めることにつながります。

続きを読む

自前で社内システムのハードウェアとネットワークを調達管理する従来のオンプレミス形態から、クラウド移行が急速に進みました。2019年調査*1では過半数の企業がクラウド移行を選択しています。クラウド移行にあたって、意外と盲点になるのが「クラウド接続サービス」です。

続きを読む

株式会社フルエナジーはOracle Cloud Infrastructure(以下OCI)に精通したエンジニア集団で、クラウド環境の設計構築、移行、運用支援までワンストップで提供する独立系クラウドインテグレーターだ。各主要パブリッククラウドの導入、構築、運用

続きを読む

2020年代はクラウドファースト戦略が一層重要視されるようになり、クラウドネットワーキングの時代になろうとしています。米調査会社Gartnerは、2025年までに企業の80%が従来型データセンターを閉鎖してすべてクラウドに移行するとの見解を述べています。

続きを読む

Oracle Cloud Infrastructureを含む電話サービス基盤の接続に Colt クラウド接続サービスを採用。デンフォン株式会社(以下デンフォン)は、自社製品のIP-PBXと Polycom製品を中心に、ユーザーのニーズに合わせたオーダー メイドソリューションを提供するITSP企業だ。

続きを読む

ビジネスにおいてワークロードをクラウド移行する傾向は、近年増々強まっています。とりわけ、SAPユーザーにとっては、迫りくるサポート終了期限がオンプレミスのERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)システムをクラウドへ移行する決断を促しているかもしれません。

続きを読む

ColtグループのAPAC部門として法人向け広帯域ネットワークをグローバルで展開するColtテクノロジーサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長、アジアCCO兼アジア代表:日置健二、以下「Colt」)は本日、Google Cloud Platformへのオンデマンドの直接接続をグローバルで提供することを発表しました。

続きを読む