株式会社エス・エム・エス

Homeネットワークサービス事例株式会社エス・エム・エス

本書面はKVH株式会社がColtグループになる前の状況に基づき作成されました。

自社サービスシステム基盤にColt(旧 KVH)のワンストップソリューションを採用

株式会社エス・エム・エス

株式会社エス・エム・エス(以下SMS)は、介護・医療業界で、人材紹介、求人情報、事業者向け経営支援、コミュニティ等を、ウェブサイト等を通じて提供するサービス会社です。同業界でこれらの事業を総合的に展開する国内唯一の企業で、高齢社会に役立つ情報インフラを提供し、社会への貢献を続けています。SMSが提供する、「ナース人材バンク」で知られる医療分野の看護師向け人材紹介サービスは、業界No.1*の紹介実績を誇り、登録者数も転職者数の約3分の2を占めています。SaaS形式の中小介護事業者向け介護保険請求ソフト「カイポケ」は、介護事業者にとって面倒な介護保険の請求手続きをサポートし、タブレット端末を配布して、介護現場でのペーパーレス化と業務効率化を図れることに定評があります。現在は、海外やアクティブシニア領域のサービスにも力を入れており、順調に事業拡大を続けています。 *SMS調べ(2012年)

お客様の課題

2012年、SMSはビジネスの成長に合わせてITインフラの拡大が必要になりました。当時の問題として、データセンタのラックの収容数・電源容量が不十分であること、クラウド等外部サービスとの連携に制約が多いこと、社内のインフラ業務の生産性を上げるため可能な限りオペレーション業務をアウトソースする必要性があること等がありました。データセンターのリソース制約を取り除き、将来的にはクラウドサービス等の新プラットフォーム導入を見据え、ITインフラの選択肢をもてる拡張性の高いデータセンターを新たに探すことが課題となっていました。

日本だけでなく、アジア各国も遅かれ早かれ高齢社会になります。時代の変化に対応できるよう、早い段階から布石を打ち、アジアにおいても圧倒的なNo.1を目指すためには、優れたサービス品質と価格競争力のあるソリューションが必要不可欠であり、KVHに期待しています。健情報システム部、インフラアーキテクトグループ、グループ長 村田 喜一

Coltを採用いただいた理由

SMSは、効率的な運用を実現するため、自社サービス基盤にColtのワンストップソリューションの採用を決めました。他社サービスと比べても、高品質でありながらコストパフォーマンスが高い点が決め手となりました。Coltデータセンターを採用することで、スケーラブルなラックスペースと十分な電源容量を確保でき、ネットワークの問題も解消することができました。Coltがグローバルな視野をもち、アジア展開というSMSと同じ方向性を持っていることも、長期的ビジネス戦略において重要なパートナーとして選択した理由のひとつでした。SMSは、ITインフラをColtに任せることで、自社システムを柔軟性のあるアーキテクチャに切り替えることが可能になりました。サービス利用開始後、Coltリモートハンズサービス等の使い勝手が良い点についても、高く評価をいただいています。

今後の展開

SMSは、日本を含むアジア11ヶ国で展開しており、更なる海外事業拡大とユーザー数の増加を目指します。安定したITシステムでサービスを支えるため、今後はBCP(事業継続計画)を念頭に置き、コロケーションラックの増設や、Any-to-Anyネットワーク、クラウドサービスの導入を検討し、システムの強化を図ります。

Coltソリューション

SMSのサービス提供機器を設置するための、堅牢で拡張性の高いColtデータセンターのコロケーションサービスを提供しました。Coltデータセンターを起点に、会員アクセス用のインターネット接続サービス、コールセンター利用のためのColt音声サービス、拠点間接続に、冗長構成をとったColt Ethernet Line / Hub &Spokeをご利用いただくことで、サービス窓口を一元化でき、SMSにとってスムーズなオペレーションが実現しました。

Coltコロケーションサービス(Colt東京データセンター1) →
ミッションクリティカルな金融業界向けに設計された、国際基準の信頼性と安全性をもつ堅牢な都市型データセンターです。FISC、ISMS、SAS70など国内および国際標準に準拠しています。バイリンガル対応可能なエンジニアの24時間365日体制での常駐により、サーバー運用に最適な環境でお客様システムの安定稼動を実現します。経験豊富なエンジニアによるオンサイトの技術サポート・障害対応が可能です。

Colt Ethernet Line/ Hub & Spoke →
Colt Ethernet Line(ポイント-ポイント型) / Hub & Spoke(ポイント-マルチポイント型)は、低遅延、高信頼性、帯域保証のイーサネット回線です。データセンター間のトラフィックが年々増加傾向にある中、回線コストや通信コストを低減しながらも妥協しないパフォーマンスを実現します。帯域保証(CIR*1=PIR*2)、一部帯域保証のバースト(CIR<PIR)の中からお選びいただけます。
*1 CIR: Comitted Information Rate
*2 PIR: Peak Information Rate

Colt IP Access →
Colt IP Accessは高速・高品質な通信を必要とされる企業、法人のお客さま向けのインターネット接続サービスです。Webサーバーによるコンテンツ提供、クラウドサービスの活用、VoIP、オンラインバックアップなどインターネットに関するお客様の多様なビジネスニーズに対応するために帯域専有型や帯域共有型のアクセス回線を提供します。また、オプションとしてレポーティングサービス、マネージドルータサービス、インターネットのセキュリティリスクに対応するためのDDoS対策、マネジドファイアウォールやマネージドIDS/IPSなど各種セキュリティサービスをワンストップで提供します。

Colt音声サービス →
Colt 音声サービスは、お客様のニーズに合わせてISDNサービス、IPサービス、050 IP サービスから選択可能です。番号ポータビリティにより(050 IPを除く)、現在お使いの番号をそのまま継続利用いただけ、また弊社独自の0AB-J(03番号など)をご利用いただくことも可能です。

お客様の導入事例:株式会社エス・エム・エス

sms-logo

Colt Technology Services

29 September 2014

Recent posts

Colt、台湾の3つの取引所にてフルホスティングサービスを提供 TWSEの連続取引導入に伴う需要増大に対応

東京発 –  広帯域ネットワーソリューションの大手プロバイダー、Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、台湾証券取引所(TWSE)が2020年3月23日に連続取引を導入したことにより増大する需要に応え、台湾の3つの取引所でのフルホスティングサービスの提供開始を発表しました。Coltは、アジア、ヨーロッパおよび米国など他の市場でも同様のサービスを提供しており、ホスティング、取引所でのコロケーションサービスや、低遅延ネットワークサービスの提供で市場のリーダーとなっています。 Colt ...
Continue Reading

未来のネットワークと変化する需要に対して私たちができること

Coltは常に、大切なのはすべての「つながり」と唱えてきましたが、現在のこの様な状況が起きることは今まで予想もしませんでした。 突然、多くの人が今までの働き方や生活を大きく変えなくてはいけない事態に遭遇し、この状況はしばらく続きそうです。 1年前に、将来のネットワークについて書いたことがあります。リモートワークをする社員が増え、クラウドサービスに大きく依存するようになるだろうと書きました。現在、多くの企業が計画を前倒して、これを実施しています。 この数週間、平均より20倍のデータキャパシティを要求するお客様が出ています。ボイスでも同様のリクエストが入っています。私たちは通信業界のパートナーと密接に協力して、キャパシティマネジメントをおこない、お客様の需要にしっかりと応えていきます。 ...
Continue Reading

Colt、アジア代表兼日本法人代表取締役として星野真人を任命

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、2020年3月1日付で星野真人がColtグループのアジア代表、および日本法人であるColtテクノロジーサービス株式会社の新代表取締役社長に就任したことをお知らせいたします。これまで、アジア代表兼日本法人代表取締役として同社の事業および企業文化の発展に貢献してきた日置健二は同職を退任しますが、Coltアジアの副会長として今後もアジアでの事業を支えていきます。 星野は今後、当社のアジア太平洋地域の事業全般を統括し、社外対応の責任者およびスポークスパーソンとしてアジアでの事業発展に尽くしていきます。また、日本法人の代表取締役として同社の経営に従事し、Coltグループの最高営業責任者(COO)であるKeri ...
Continue Reading