通信業界の変革


(このBlogはこちらの記事の抄訳です。)

もはや選択肢はない。ソリューションの一部となるか、乗り遅れるか。
SDN、クラウドサービス、VoIPの発展に伴い市場ではまさにデジタル破壊が始まろうとしており、通信業界は変革への道のりを歩み始めています。これらのテーマは、Coltがスポンサーを務めるシカゴで開催予定のITW 2016でも間違いなく注目を集めることでしょう。議論が新しい技術の輝かしい面に傾くことには疑いの余地はありませんが、その一方で技術だけでは勝ち抜くことはできません。
顧客へのフォーカス、イノベーションに対するオープンな思考の採用、開放的で協力的な文化の推進という3つの次元を受け入れた者だけが、成功を収めるのです。

真の顧客は誰か?
もしも自社のデジタル戦略を設計しているのであれば、真のエンドカスタマー、すなわちサービスのユーザーがターゲットであり、製品やサービスには彼らのニーズが反映されるべきです。創造的なITスキルを最前線のオペレーションに組み込むことは、自社のやり方に固執しすぎる組織にとっては非常に大きな挑戦となりますが、設計上のメッセージが失われることを回避し、市場の変化への対応を速め、カスタマーエクスペリエンスを真に理解する助けとなることでしょう。

コラボレーションの利点
競争に関する書物の重さで書棚は軋んでいますが、より情報化されネットワーク化が進んだ世界では、秘密のノウハウの力ではなく、どのように知識が共有されているかによって違いが生じています。
アイデアを所有することは、そのアイデアが利用されない限り意味をなしません。とりわけネットワークの開放とAPIの公開が標準になってきている現在、コラボレーションと共有がイノベーションと成功への近道であることを、誰もが少しずつ学んでいます。
心地よいITワールドの中で、人々は空想の境界線を打ち破り、アイデアが双方向に流れるままにしなければなりません。

ポールポジションに立つドライバー
テクノロジー主導のストーリーには説得力があります。しかし、特にこのようなソフトウェアで定義された世界では、本末転倒となる場合も多々あります。時期早尚に最新のテクノロジーソリューションに飛びつく前に、一歩下がってより広い視野で理解することが何よりも大切です。例えば、誰と、どのような理由で提携するのかを考えることは、貴社ビジネスの将来にとって重要な決断となります。クラウドやSDNといったこの新しい世界では、単独ではうまく行きません。より賢明な選択が重要です。
顧客、イノベーション、コラボレーションの3つが揃って、ドリームチームを構成します。ありとあらゆるものが、目標を達成するための手段であるツールキットの一部に過ぎません。
今年のITWに参加のご予定であれば、ぜひColtのスタッフにお声かけください。私たちには皆さんと共有する数多くのアイデアがあります。そして、皆さんからも多くのことを学びたいと願っています。

担当者と話をする

03 4560 4800 (大代表)

自動音声のガイドに従い、ご希望の部門をご選択ください。
Step 1言語選択 → 日本語「1」
Step 2部門選択 → 営業部門「1」
人事部門「2」
番号照会「3」
その他「0」

担当者とのチャット

Colt サービスに関するお問合せ
平日 9:00 - 17:00

チャットでのお問合せ

お問い合わせ