Tencent Cloud

Tencent Cloudは、Colt Waveの導入により、グローバル拡大戦略を支えるセキュアかつ信頼性の高いネットワーク環境を実現

課題

Tencent Cloudは中国の大手パブリッククラウドサービス事業者で、セキュアで信頼性が高い、高パフォーマンスのパブリッククラウドサービスを提供している。大規模ユーザープラットフォームとエコシステムを活かしたインフラ構築力により、クラウドコンピューティング、データ処理、クラウドオペレーションサービスなど多種多様なクラウドサービスを提供し、ビジネス貢献実績を誇る。Tencent Cloudは中国国内での成長に続き、日本を始めとするアジア太平洋地域、欧米でも急速に事業を拡大し、さらなるグローバル展開を進めるクラウドサービス事業者だ。同社事業の中核をなす自社クラウドサービスへの安全かつ一貫性のあるネットワーク接続を確保するため、セキュアで安定したネットワークでありながら同社グローバル戦略に対応した広範なグローバルカバレッジを提供可能なネットワークサービスプロバイダーを探していた。

Coltを選択した理由

Tencent Cloudは同社戦略に基づき、安全性を確保しながらも、グローバルに事業を拡大していくための冗長ネットワークを必要としていた。そこで、同社は日本で専用線サービス「Colt Wave」を採用した。採用の決め手となったのは、Coltはアジアの都市をシームレスな光ファイバーで接続するメトロエリアネットワークを自社運用しており、冗長ルートを提供可能な点だった。Coltはヨーロッパで700以上のデータセンター、日本では70以上のデータセンターと2,000以上の商用ビルを接続する自社ファイバー網を運用している。

「Coltの広範なグローバルネットワークはもちろん、セキュリティオプションにより、高い信頼性と安全性を確保できたことも評価しています」とジャオ氏は述べた。

ネットワーク構成図

Colt Waveは、主要な拠点とデータセンター間の接続を必要とする企業、通信事業者、クラウドプロバイダー向けに広帯域接続を提供する専用線サービスだ。最先端の光ファイバープラットフォームにより、メトロおよび長距離接続でポイント・ツー・ポイントの1Gbps~100Gbpsの帯域オプションを提供する。ヨーロッパやアジアの主要なデータセンターにバックボーンが直接接続され、DWDM装置が設置されている。

今後の目標

Tencent Cloudは2019年から日本国内でのクラウドサービスを提供しており、今後もグローバルに事業を拡大していく。特に日本では、現在東京エリアを中心としており、将来的にはさらに多くの都市でサービスを展開し、現在の3倍の売り上げを目指す。「クラウドコンピューティングを活用して中国市場へ参入する日本企業のサポートを開始するため、2020年後半には日本の自動車メーカーと提携する可能性があります」とジャオ氏はコメントした。

お客様導入事例のダウンロード

tencent

Colt Technology Services

21 July 2020

Recent posts

Colt、テッサ・ラウムをHR担当エグゼクティブ バイス プレジデントに任命

ロンドン発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、テッサ・ラウム(Tessa Raum)をHR担当エグゼクティブ ...
Continue Reading

Colt、アイテック阪急阪神のAWS 専用接続サービス 「i-TEC クラウドコネクト」にバックボーンを提供 

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、アイテック阪急阪神株式会社(以下「アイテック阪急阪神」)の新サービス「i-TEC クラウドコネクト」にバックボーンの提供を始めたと発表しました。 ...
Continue Reading