3年後は「Colt=広帯域」になる?

Homeニュース3年後は「Colt=広帯域」になる?

(TECH ASCII.jpより引用)

昨年、Coltグループによる買収を経て、Coltテクノロジーサービスと社名を変更したKVH。通信事業者やデータセンターの統合が進み、グローバルプレイヤーとの競争が激化する中、Coltはどのように存在感を出していくのか? 同社の執行役員に聞く。・・・

(記事全文はこちら

Shot of two attractive young women drinking coffee and using a laptop while relaxing together at home over the weekend

Colt Technology Services

21 April 2016

Recent posts

2021年クラウド導入状況レポート:進化するクラウド戦略

新型コロナウイルスの流行がきっかけとなり、この12ヶ月間でクラウド移行がかつてないほど加速しました。 デジタル・トランスフォーメーションによりレガシーシステムへの依存を軽減し、クラウドを中心とした次世代のコンピューティングやネットワーク活用に積極的な企業が増えています。今がまさに、クラウド移行を次の段階へと進め、新しいクラウドの可能性を模索するタイミングといえます。 本レポートでは、世界のIT 意思決定者を対象としたクラウド移行戦略の最新動向の調結果をもとに、新時代のクラウド導入の原動力となるテクノロジーやソリューションをご紹介しています。 ...
Continue Reading

電話リレーサービスについて

聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(令和2年法律第53号)に基づき、聴覚や発話に障害のある方が電話リレーサービス提供機関である「(一財)日本財団電話リレーサービス」の手話通訳オペレータ等を介して電話をかけることによって、通話の相手方との意思疎通を可能とする「電話リレーサービス」が制度化、2021年7月1日よりサービス開始となりました。 電話リレーサービス制度について 「電話リレーサービス」は、聴覚や発話に障がいのある方とネット回線を通じ、手話・CHATなどの文字でコミュニケーションするオペレータが間に入り、相手先に電話をかけて音声で説明することにより、聴覚や発話に障がいのある方と耳の聴こえる方の意思疎通を仲介することで支障を解決するサービスです。(公共のサービスであり、弊社が提供するサービスではありません) 「電話リレーサービス」を提供する「電話リレーサービス提供機関」注1)に交付する交付金を電話会社全体で応分に負担することによって「電話リレーサービス」の提供を確保する「電話リレーサービス制度」が法令注2)により新たに創設されました注3)。 ...
Continue Reading

大手医療機器プロバイダー

クラウドファースト戦略によるICTO削減および従業員の生産性向上をサポート ITのTCO削減、従業員の生産性向上、アプリケーションパフォーマンス最適化、柔軟性とセキュリティ向上を同時に実現する方法 課題  世界中に25,000人の従業員、EMEAに1,500人の従業員を抱える同社は、クラウドベースのエコシステムに移行するためにColtを採用しました。同社は、ビジネスの柔軟性向上のためSAP ...
Continue Reading