3年後は「Colt=広帯域」になる?

Homeニュース3年後は「Colt=広帯域」になる?

(TECH ASCII.jpより引用)

昨年、Coltグループによる買収を経て、Coltテクノロジーサービスと社名を変更したKVH。通信事業者やデータセンターの統合が進み、グローバルプレイヤーとの競争が激化する中、Coltはどのように存在感を出していくのか? 同社の執行役員に聞く。・・・

(記事全文はこちら

Young Japanese man striding through pedestrian zebra crossing on a relaxing city break in urban Tokyo.

Colt Technology Services

21 April 2016

Recent posts

Colt、グローバルSIP Trunkingサービスを韓国で開始、米国でもサービス拡大

アジアおよび米国で音声サービスを拡大し、世界中の企業のデジタルトランスフォーメーションを支援  東京発 –Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、グローバルSIP Trunkingサービスの提供を韓国および米国の6つの州(ニュージャージー州、テネシー州、バージニア州、フロリダ州、マサチューセッツ州およびワシントン州)で新たに開始し、ColtのSIP ...
Continue Reading
Mirko Voltolini

Colt、Mirko Voltoliniを戦略&イノベーション(Strategy and Innovation) 担当バイス プレジデントに任命

ロンドン発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、ミルコ・ヴォルトリーニ(Mirko Voltolini)を戦略&イノベーション担当バイス プレジデント(VP)に任命しました。 ...
Continue Reading

加速する企業のSD WAN需要

SD WANがビジネスにもたらす変化と今後の展開 2020年は「不確実性」の時代となり、あらゆる企業がビジネス継続性の確保のためにICTの優先順位を見直し、管理リソースの削減に取り組みました。 SD ...
Continue Reading