ワールド・ファミリー株式会社

Home導入事例ワールド・ファミリー株式会社

ディザスターリカバリー対策としてColt Ethernet Line / Hub & Spoke を採用

ワールド・ファミリー株式会社

私たちが掲げるビジョンとバリューは、本物の英語を通じて夢をかなえていくこと。私たちの指針。それは“子どもたちの可能性を最大限に引き出し、本物の英語を通じて夢をかなえていくこと”。ワールド・ファミリーは、そのビジョンを礎に、日々の活動に取り組んでいます。
子どもたちが世界へ羽ばたき、本物の英語で自由にコミュニケーションできるようになる。そのために私たちは、子どもたちの好奇心を刺激し、楽しみながら英語を身につけられる最高の英語習得システムと、最良の英語環境を提供していきます。

お客様の課題

社内システムを適正化する上で以下の点が課題となっていました。
1. 各拠点からの通信速度が遅かったこと
2. 各拠点にサーバーを置いていたため、運用負荷が高かったこと/データセンターにサーバー群を移行する必要があったこと
3. 災害時にも通信が可能な社内ネットワークを構築する必要があったこと
4. これらのネットワークを低コストで構築しなければならなかったこと

Coltをお選びいただいた理由

複数事業者のネットワークサービスを検討しましたが、Colt Ethernet Line / Hub & Spokeのエンド・ツー・エンドで各拠点から冗長構成を組めること、広帯域ネットワーク提供の豊富な実績、そして優れたコストパフォーマンスで導入できる点にありました。もともと、金融機関において、低遅延ネットワークと冗長構成を数多く手掛けているため、シビアな要求にもしっかりと応えてきた対応実績にも高い安心感がありました。

今後の展望

現在、ネットワークのパフォーマンスにはとても満足しています。今後は、この広帯域かつハイクオリティなネットワークを最大限利用するために、現在利用している業務アプリケーションの効率化を目指し、社内システムの構築・運用をしていきたいと思います。

Coltの高信頼性のネットワークのお蔭で2011年におこった東日本大震災の際も業務に支障をきたすこともなく稼働でき大変満足しています。今後もこの安定した高品質なネットワークを最大限に生かし、安全で業務効率のよい社内システム構築に役立てていきたいと考えています。ネットワークマネージメント
シニア・マネージャー
工学博士
篠崎 安博

Coltソリューション

Colt Ethernet Line / Hub & Spoke

Colt Ethernet Line / Hub & Spokeは、金融業界での実績やキャリア品質、超低遅延というこれまでの特長を備えながら、増大する広帯域への要求を満たしつつクラウドやデータセンターとの接続にも配慮した次世代イーサネットプラットフォームソリューションです。

超低遅延
金融業界での経験と実績を最大限に発揮し、ファイバールートとネットワークトポロジを最適化。高性能ネットワーク機器と効率的なトラフィックエンジニアリングの導入により超低遅延ネットワークを提供。

高い柔軟性と拡張性
全てのお客様に1Gbpsもしくは10Gbpsのアクセスリンク容量を提供するため物理工事不要で帯域の柔軟な変更が可能。また回線終端装置設置済みの場合、1Gbps以上の広帯域回線でも10営業日以内に開通可能。

高品質
コアバックボーン全体にわたる冗長設計とオプションで冗長構成が可能なアクセス回線により、エンド・ツー・エンドでの帯域保証を提供し、障害発生時には高速自動切替。可用性、帯域、故障対応、納期等広範囲にわたるSLAにより最高品質のサービスを保証。

お客様の導入事例:ワールド・ファミリー株式会社

World-Family

Colt Technology Services

06 December 2016

Recent posts

2021年クラウド導入状況レポート:進化するクラウド戦略

新型コロナウイルスの流行がきっかけとなり、この12ヶ月間でクラウド移行がかつてないほど加速しました。 デジタル・トランスフォーメーションによりレガシーシステムへの依存を軽減し、クラウドを中心とした次世代のコンピューティングやネットワーク活用に積極的な企業が増えています。今がまさに、クラウド移行を次の段階へと進め、新しいクラウドの可能性を模索するタイミングといえます。 本レポートでは、世界のIT 意思決定者を対象としたクラウド移行戦略の最新動向の調結果をもとに、新時代のクラウド導入の原動力となるテクノロジーやソリューションをご紹介しています。 ...
Continue Reading

電話リレーサービスについて

聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(令和2年法律第53号)に基づき、聴覚や発話に障害のある方が電話リレーサービス提供機関である「(一財)日本財団電話リレーサービス」の手話通訳オペレータ等を介して電話をかけることによって、通話の相手方との意思疎通を可能とする「電話リレーサービス」が制度化、2021年7月1日よりサービス開始となりました。 電話リレーサービス制度について 「電話リレーサービス」は、聴覚や発話に障がいのある方とネット回線を通じ、手話・CHATなどの文字でコミュニケーションするオペレータが間に入り、相手先に電話をかけて音声で説明することにより、聴覚や発話に障がいのある方と耳の聴こえる方の意思疎通を仲介することで支障を解決するサービスです。(公共のサービスであり、弊社が提供するサービスではありません) 「電話リレーサービス」を提供する「電話リレーサービス提供機関」注1)に交付する交付金を電話会社全体で応分に負担することによって「電話リレーサービス」の提供を確保する「電話リレーサービス制度」が法令注2)により新たに創設されました注3)。 ...
Continue Reading

大手医療機器プロバイダー

クラウドファースト戦略によるICTO削減および従業員の生産性向上をサポート ITのTCO削減、従業員の生産性向上、アプリケーションパフォーマンス最適化、柔軟性とセキュリティ向上を同時に実現する方法 課題  世界中に25,000人の従業員、EMEAに1,500人の従業員を抱える同社は、クラウドベースのエコシステムに移行するためにColtを採用しました。同社は、ビジネスの柔軟性向上のためSAP ...
Continue Reading