株式会社エクシード

Home導入事例株式会社エクシード

クラウド上での「決済サービス」システム構築・運用にColtクラウド接続サービスを採用

株式会社エクシード

株式会社エクシードは、先進的な仮想化技術と運用管理技術を基軸に、オープンソースの深い知識を加えて、お客様の環境にあわせて設計・構築から運用までをご支援するインフラ基盤の専門インテグレーターです。お客様のオンプレミスのシステム基盤構築・運用のみならず、昨今お客様からのニーズが高まってきているパブリッククラウドでのシステム構築、運用、またセキュリティ対応まで、より付加価値の高いサービスを提供しております。お客様のビジネス・インフラ構築に貢献し、お客様と共に新しい価値を生み出し、育て、社会に溢れさせることを目指しています

お客様の課題

Azure上でのシステム構築・運用ソリューションとして、エンドユーザー様拠点とAzureを接続するための安定した品質及び高いセキュリティレベルを保持した専用線でのネットワークサービスを探していました。
また導入期日が迫っており、短納期での提供が必須条件でした

Coltを採用いただいた理由

ColtはAzureにダイレクトに接続する帯域保証型の専用線の設備を有しており、短納期のネットワークサービスを提供することができる唯一のパートナーでした。金融業界での実績などの信頼性の高さや、タイトな工事スケジュールにもかかわらずスピーディにご対応いただいたことに加え、圧倒的なコストパフォーマンスの高さも選定するにあたり大きな理由となりました。

今後の展開

クラウド接続にも特化したColtのネットワークサービスとのコラボレーションによって更に包括的なソリューションをご提案できるようになりました。その強みを最大限に生かすために今後もColtとの情報共有の機会を積極的に増やし、より強固なパートナーシップであらゆるクラウドビジネスをサポートしていきたいと考えています。

Coltソリューション

Coltクラウド接続サービス

Coltクラウド接続サービスは、専用線を利用してお客様拠点と各クラウド(AWS, Azure, Bluemix Infrastructure)間を閉域網で接続するセキュアで高品質なネットワークサービスです。

特長

  • Coltは専用線でAzureへ接続可能な唯一のプロバイダーです。
  • ColtはAzure ExpressRouteプロバイダーとして認定され、Microsoftと直接接続をベースに閉域網接続サービスであるExpressRouteをサポートします。
  • 専用線接続は、3種類のExpressRoute(Microsoftピアリング、Azure Publicピアリング、Azure Privateピアリング)をサポートします。

接続イメージ図

AzureExpress Routeの接続イメージ図

マネージドサービス

データセンターやお客様宅内で運用されるルータ、スイッチ、ロードバランサー、サーバ等の機器のレンタル、コンフィギュレーション設計、機器設置および設定、管理、監視、障害対応などをご迂闊的に提供するサービスです。ネットワーク機器は冗長構成をとることで、耐障害性の高いネットワークを実現します。通信事業者として培ってきた、Coltならではの、プロフェッショナルなネットワーク設計、運用により、様々なメリットをお客様に提供します。ネットワークの設計から導入、運用までの全行程を、Coltのネットワークの専門家やエンジニアが管理および指揮し、スムーズなサービスの導入と運用を支援。複雑なネットワーク運用作業をアウトソースすることで、お客様はコア事業の拡大に専念することが可能です。

株式会社エクシード

Xseeed

Colt Technology Services

26 May 2016

Recent posts

パーソルキャリア株式会社

Oracle Cloud Infrastructureとの接続にColtクラウド接続サービスを採用 低遅延・広帯域のColtクラウド接続サービスによりOCIとデータセンターをセキュア ...
Continue Reading

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading