ハイブリッド型勤務向けのソリューションを探している

場所や時間にとらわれないフレキシブルなネットワーク

HomeSolutionsハイブリッド型勤務向けネットワーク

Occupancy

働き方は常に変化しています。必要に応じてリモート勤務とオフィス勤務を使い分ける「ハイブリッド型勤務」が定着しつつある昨今、企業は状況に合わせて柔軟にIT環境を最適化する必要があります。

1. オフィス勤務者数の変化への対応

対面での会議はバーチャル化が推奨され、電話・ビデオ会議の利用頻度ますます高まっています。

例えば、出社率が60%の企業では、ビデオ会議の需要拡大により帯域幅を50%以上拡張する必要があります。

2. コラボレーションツールやグループウェアのクラウド化

効果的なリモート勤務環境実現における鍵はインフラです。パブリックインターネット経由の接続は速度と信頼性が低く、十分なパフォーマンスを確保できない可能性があります。ツールとアプリケーションの品質はネットワークに左右されるので、ネットワークの管理は避けて通れない課題と言えます。

3. 社外からのアクセスによるセキュリティリスクへの対策

今回のパンデミックで、フィッシングやサイバー攻撃が大幅に増加しました。従業員と会社のデータを安全に保つことを最優先すべきです。

帯域試算ツール »

オフィスの場所や利用量をもとにトラフィック量を試算いただけます。

働き方や社会情勢の変化により、ビデオ会議やグループワーク利用が増加することでネットワークトラフィック全体に大きな影響を与える可能性があります。人々がオフィスに戻ったとしても、会議のバーチャル化傾向は進むことが考えられます。そのため、十分なパフォーマンスを確保する高速かつ安定したネットワークが必要です。

帯域試算ツール

25%

※本ツールの結果は理論値となります。実際の数値とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

ハイブリッド型勤務の実現

場所や時間にとらわれないインテリジェントなネットワーク

世界中の企業が変化に適応し続ける必要があります。昨今、オフィス勤務を再開する企業が増え、リモート勤務環境の改善以上にハイブリッド型勤務への対策が重要視されつつあります。

Coltは、従業員がどこにいても安全かつストレス無く働ける高パフォーマンスのIT環境構築をサポートします。トラフィック優先制御や帯域幅を数分で増減する機能により、場所や時間にとらわれない柔軟なネットワークを構築することが可能です。

Coltは30年にわたるネットワーク提供実績を活かし、ネットワークだけでなく付随するサービスとソリューションにも投資し、お客様のIT環境のパフォーマンス向上に貢献します。

Bandwidth-Modelling-4-3