IP Accessガイド

ナレッジセンター

IP Access On Demand

IP Access On Demandサービスは、データセンターおよび企業拠点の標準On Demandポートでサポートされています。IP Access接続は、ヨーロッパおよびアジア太平洋地域の以下の場所のすべてのオンネットのアクセスポイントで利用できます。5 GbpsのIP Accessサービスが利用可能な場所は緑色で強調表示されています。他のすべての場所でサポートされている最大帯域幅は1 Gbpsです。

ヨーロッパ:アムステルダム、アントワープ、バルセロナ、バーゼル、ベルリンバーミンガム、ブリュッセル、ケルン、コペンハーゲン、ダブリン、デュッセルドルフフランクフルト、ジュネーヴ、ハーグ、ハンブルクハノーファー、リスボン、ロンドン、ルガーノ、ルクセンブルク、リヨン、マドリード、マンチェスターマルセイユミラノミュンヘンパリレディングローマ、ロッテルダム、スラウ、ストックホルム、シュトゥットガルトトリノ、ウィーン、ツーク、チューリッヒ。

アジア太平洋地域:香港、名古屋、大阪、シンガポール、東京。

お客様は標準的なColt IP Accessサービス(市場トップクラスのインターネットピアリングに基づく)と同じキャリアグレードのインターネットの恩恵を受けることができ、フレックス契約オプションや、迅速な帯域幅のアップグレードなどの標準On Demand機能を利用できます。

このサービスは「有線のみ」で提供され、お客様はIP Accessサービスを終端するOn Demandポートがあるデータセンターまたは企業拠点にルーターを提供する必要があります。これなしでのお客様のLANへのIP Accessサービスの直接接続は現在サポートされておらず、誤った構成となります。

ポートの場所により、IP Accessサービスを親にするために使用されるColtのコアIPルーターの場所が決定されます。たとえば、フランクフルトのOn Demandポートで終端となるIP Accessサービスは、フランクフルトに拠点を置くColtのコアIPルーターにより親サービスとなります。

On Demandモデルでは、IP Accessサービスは、データセンターまたは企業拠点の標準ポートで終端となる回路接続として扱われます。IP Access接続ポートは、専用ポート(ポートごとに単一のIP Access)またはその他のDCNet、イーサネット、Cloud On Demand接続が終端されるマルチサービスポートで提示されます。

次の表に、IP Accessがサポートされている帯域幅をまとめています。

IP Access接続(企業拠点) 10、20、50、100、200、300、400、500 Mbps、1 Gbps (すべてのOn Demand拠点)。2、3、4、5 Gbps (上記の緑色で強調表示された場所) On Demandポートで終端するIP Access接続。標準On Demandポートの帯域幅が適用されます(1 Gbps、10 Gbps、100 Gbpsポート)
IP Access接続(データセンター) 100、200、300、400、500 Mbps、1 Gbps (すべてのOn Demand拠点)。2、3、4、5 Gbps (上記の緑色で強調表示された場所)

IP Accessのプロビジョニングの流れはシンプルなもので、お客様は以下を選択するだけで完了します。

  • サービスが終了する既存のポート
  • VLAN構成(ポートを開く、VLANを追加、VLANをフィルタリング)
  • サービス帯域幅
  • 契約上のコミットメント(1時間のフレックスまたは3〜36ヶ月の固定期間)。

他のすべての設定パラメータ(IPアドレス範囲など)はOn Demandプラットフォームによって自動的に適用されます。

IP Access On Demand接続がライブになると、お客様は(固定契約を通じて)帯域幅を永続的にアップグレード、もしくは(フレックス契約を通じて)一時的に帯域幅をアップグレードまたはダウングレードして、VLANパラメータまたは契約上のコミットメントを変更することができます。

IP Access接続では帯域幅スケジュール(カレンダー)機能は現在サポートされていないことにご注意ください。

IPアドレス

ColtはWAN接続に/30範囲を提供し、最初に使用可能となるIPアドレスはColtコアIPルーターのポートに割り当てられたIPアドレスとなります。

IP Access On Demand接続が有効になると、ColtはIPv4に基づいて/29プロバイダー集約(PA)アドレスのブロックを割り当てます。

IPV4はお客様の機器(ルーター、ファイアウォール、アクセスポイントなど)のLAN側で使用できます。追加のIPアドレスはIP Access On Demandではサポートされていません。

Colt ASは8220です。

Coltが使用するプライマリ/セカンダリDNSサーバーのアドレスは次のとおりです。

プライマリDNSサーバー 195.110.64.205
セカンダリDNSサーバー 212.121.128.10

仮想CPE (vCPE)

仮想インスタンス (vCPE) に基づく管理対象ルーターは現在サポートされていません。ただし、この機能は今後のOn Demandリリースでサポートされる予定です。

IPバックボーンネットワーク

Coltは、お客様の必要とされるインターネット接続に柔軟かつスケーラブルなIPベースのソリューションを提供できるよう、専用のIPベースでのネットワーク構築に多額の投資を行っています。

さらに、Coltはヨーロッパおよびアジア地域における主要な直接・間接的なピアリングとパートナーシップ契約においても大きな存在感を示しており、世界中のお客様に最高水準のサービスを提供するための能力強化に努めています。

IP Access On Demandサービスは、従来のIP Accessサービスと同じネットワークプラットフォームに基づいています。