ポートの概要

Knowledge Centre

HomeSolutionsオンデマンド・サービスOn DemandナレッジセンターOn Demandナレッジセンター: ポートの概要

ポートの概要

ポートは、回線を終端するために使用されます。

On Demandモデルにおいてポートは単体のアイテムであり、回線のオーダーの際にポートが不可欠なアイテムである従来の通信モデルとは異なります。

On Demandでは1Gbps及び10Gbpsポートが利用可能です。主要データセンターでは100 Gbpsポートもサポートされています。

On Demand ポートのオーダーでは物理ポートがお客様のサイトとColtのコアネットワークに確保されます。

論理ポート(1Gbps物理ポートにおける100Mbpsなど)はご利用いただけません。

Coltは、1Gbps、10Gbps、および100Gbpsポートにおける仕様をすべてサポートしています。

1000Base-LX 10GBASE-LR 100GBASE-LR4
1000Base-SX 10GBASE-SR 100GBASE-SR4
1000BaseT

1000Base-Tインターフェースが必要な場合、ポートはAuto negotiationを有効にして設定されます。Coltでは、10Base-Tまたは100Base-Tポートの手動設定はサポートしておらず、デフォルトではAuto negotiationが常に有効にとなります。

On Demandポータルでは、まずGoogleマップインターフェースを介して必要なオンネットビルを選択し、次に必要なポート速度とインターフェースタイプを選択してポートの追加をします。

DC & RB 1

新しいポートは、デフォルトの共有エリア(データセンターのMMRなど)または特定の部屋(商用ビルの3階の通信室など)にリクエストできます。On Demandプラットフォームでは、デフォルトの共有エリアの選択をすることで、ほぼリアルタイムで利用が可能なポートを選択することができます。

Port 199

On Demandポータルには、ほぼリアルタイムで予約可能なポート(緑色のチェックマーク)と、ネットワーク容量の拡張が必要なポート(灰色の「プラス」記号)が表示されます。

ポートの追加 1

重要!  On Demand ポートは、ポートに接続が追加されるまで無効のままです。お客様は、通常のサポートプロセスでチケットを発行することで、接続が追加される前に新しいポートのテストをリクエストできます。

ポート料金

On Demand Flex model では、ポート追加時お客様に3ヶ月または12ヶ月の契約期間の選択が求められます。その後、契約期間に基づき定額レンタル料金が適用されます。

商用ビルでのご利用期間は最低12ヶ月です。商用ビルでのポート追加の場合、新しいポート構築の費用として、お客様には少額の初期費用も請求されます。

Fixed model には、ポートの最低利用期間やレンタル料金はありません。Fixed model では、新しいポートが追加された場合、お客様には1回限りの初期費用が請求されます。詳細については、料金のセクションを参照してください。

クロスコネクトをリクエストする

データセンター事業者からクロスコネクトを発注する

データセンター拠点を追加する際に、お客様はOn DemandポータルからLOAを作成することができます。これにより、データセンターがColtラックへのアクセスすることを許可し、DC内でのクロスコネクトを手配することができます。

LOAはクロスコネクトをオーダーる際に、DC事業者に提出する必要があります。

LOALOA
Cross Connects

クロスコネクトがリクエストされた場合、お客様はお客様側引き渡し場所の情報を入力する必要があります。また、お客様のラックにクロスコネクトを引くためのLOAを発行する必要あります。お客様側引き渡し場所の情報とLOAは必須です。

Coltを介してクロスコネクトを発注する場合

別の方法としては、お客様がOn Demandプラットフォームを介してデータセンターでのクロスコネクトをリクエストすることも可能です。これに従い、Coltは、指定されたOn Demand ポートとお客様のラックとの間でのクロスコネクトをデータセンター事業者にリクエストします。

新しいポートがリクエストされると、お客様にクロスコネクトが必要かどうかの確認画面が表示されます。

Colt On Demandではファイバーでのクロスコネクトのみのサポートとなります。メタルケーブルでのクロスコネクトはサポートされていません

XC 5

クロスコネクトがリクエストされた場合、お客様はお客様側引き渡し場所の情報を入力する必要があります。また、お客様のラックへクロスコネクトの手配Coltが行うために、LOAをアップロードしてください。お客様側引き渡し場所の情報とLOAは必須です。

XC 6

クラウドポート

クラウド接続の際には、ホスト型接続用の仮想クラウドポート、または専用接続用の物理クラウドポートのいずれかのクラウドポートを選択していただく必要があります。詳細については、クラウド接続のセクションを参照してください。

マルチサービスポート

すべてのOn Demand ポートでは、VLANを使用して、複数のサービスをサポートできます。使用事例には次のようなものがあります。

  • マルチクラウド:お客様拠点における1つの物理ポートで終端するマルチクラウド接続
  • EVPN用NNI:サービスプロバイダハンドオフのために同じ物理ポートにおける複数のイーサネット接続の集約
  • Enterprise multi service:インターネットアクセス、データセンター接続、および一般的な企業WANサービスをサポートする複数のクラウド接続

Colt On DemandプラットフォームでサポートされているVLAN構成の詳細については、On Demand 接続のセクションを参照してください。