Skip to content

Search Results

Colt Group of Companies

In the table set out below, you will find details of each of the trading companies within the Colt group of companies (of which the ultimate parent company is Colt Group Holdings Limited, an English domiciled company, which is not itself a trading company.) If you are a customer or supplier of a member of…

Read More...

メラニー ハルシー

2019年4月にColt入社。エグゼクティブリーダーシップチームの一員として、カール・グリブナーのもとでColt全体の人材獲得戦略の指揮を執り、事業の成功に尽力。 前職のFidelity系の投資会社Eight Roads社では人事部長を歴任。 Fidelity社での15年間においてはテクノロジー、運用、投資管理、人事など様々な領域で活躍。

Read More...

グラント・スピアーズ

Grant Speirsは、2019年6月30日に理事会および監査委員会に任命されました。 Grantは、2019年3月からFILの最高財務責任者、2008年からM&GインベストメントのCFOといった要職に就いていました。 また、南アフリカのプルデンシャル・ポートフォリオ・マネジャーのファイナンス・ディレクターとして、9年以上にわたりオペレーション、監督およびテクノロジーの責任者を務めました。

Read More...

Colt Online アジア向けガイドライン

Colt Online アジア向けガイドライン Colt OnlineはColtのお客様およびパートナー向けのオンラインツールで、各種サービスを迅速かつ容易にご利用いただけます。 下記にて、Colt Onlineの使い方に関するガイドラインとなりますので、ご活用ください。 Colt Online Quick User Guide .pdf [EN] Colt Online Quick User Guide .pdf [JA] Colt Online Customer User Guide .pdf [EN] Colt Online Customer User Guide .pdf [JA] Colt Online FAQs [EN] Colt Online FAQs [JA] ご不明な点がございましたら、FAQ section (EN)をご覧くいただくか、サポートチーム(Asia-Coltonline@colt.net)まで直接ご連絡ください。

Read More...

SAP移行のネットワークチェックリスト

SAP移行のネットワークチェックリスト ビジネスにおいてワークロードをクラウド移行する傾向は、近年増々強まっています。とりわけ、SAPユーザーにとっては、迫りくるサポート終了期限がオンプレミスのERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)システムをクラウドへ移行する決断を促しているかもしれません。 300社のSAPユーザーを対象とした調査では、54%のユーザーが3年以内にSAP S/4HANAの導入を予定しています。さらに、回答者の72%がすでにクラウド移行を検討しています。この結果からも、SAPユーザーのビジネスモデルがオンプレミスからクラウドにシフトしていることは明らかです。 クラウド移行により、SAPユーザーはオンプレミス機器の管理・維持費用を削減しながら、SAPのもたらす柔軟性、拡張性、生産性、機能性といったメリットを享受できます。しかし、クラウド移行は容易に決定できるものではありません。多くの企業は基幹業務システムのクラウド移行に慎重になっています。 SAP移行に、オンデマンドでのネットワーク接続は欠かせません。ネットワーク帯域を必要以上に増速したり、既存のネットワーク・パラメータに合わせて移行するよりも、オンデマンドでセキュアかつ低遅延なネットワークを接続する方がスムーズに移行を進めることができるためです。ネットワークは検討事項が多いため後回しにされがちです。こうしたアプローチでは、移行計画全体がリスクにさらされる可能性があります。クラウド移行の過程をできるだけスムーズに進められるよう、ColtはSAP移行のネットワークチェックリストを作成しました。 SAP移行のネットワークが準備できているか、確認すべきポイントをまとめています。

Read More...

Colt Online FAQs

OCNについて OCNはColtがお客様に付与するお客様番号です。お客様の会社に関連づけられます。デフォルトでログイン初回にお客様の親オラクルお客様番号(OCN)が選択されます。 お客様の会社組織体制により、Colt Onlineでは複数の会社として設定される場合があります。例えば、多国籍企業の場合で、英国とフランスの事業部門がColtと取引をおこなっている場合、英国の事業部門とフランスの事業部門それぞれにOCNが付与されます。この場合、1つ以上のOCNがお客様のプロファイルに割当てられます。 お客様の部門がリストにない場合はColt Onlineシステム管理者にご連絡ください。Colt Onlineシステム管理者が担当者に連絡します。 パスワードを忘れた場合 パスワードを忘れた場合、新規パスワードをオンラインで申請できます。 Colt Online ログインページに「パスワードを忘れました」のリンクがあります。Colt OnlineユーザIDとアカウント設定で使用したメールアドレスを入力してください。指定のメールアドレスにパスワードリセットページへのリンクが記載されたメールが送信されます。 注意:お客様のColt OnlineユーザIDがわからない場合、 オンラインでパスワードリセットできません。Colt OnlineユーザIDが分からない場合はColtヘルプデスクにご連絡ください。 ユーザの設定方法 メニューバーの「管理( Administration )」で「ユーザ管理( User Management)」、次に「ユーザ追加( Add User)」を選択します。 「ユーザ追加(Add User)」ページが表示されます。ユーザ設定プロセスは4つのセクションに分かれています。必須フィールドはすべて入力する必要があります。まず、ユーザ詳細について記入します。Colt Onlineでユーザがデータを閲覧できる会社を指定します。次に請求契約番号(Billing Contract Numbers ―BCN)を設定しColt Onlineでユーザが閲覧できる請求書を指定します。最後に、このユーザに許可する権限を指定します。 BCNについて BCN( Billing Contract Number)は請求契約番号です。この番号でお客様がColtと締結した契約を識別します。お客様の複数のサービスを1つのBCNにまとめることも、複数のBCNに分けることもできます。 モジュールへのアクセスが制限される場合 Colt は1社につき少なくとも1つのColt Online管理アカウントを設定します。 お客様の Colt Onlineシステム管理者はサブアカウントを作成する時に当該ユーザがアクセスできるモジュールを指定します。例えば、会社の財務部門向けにアカウントを作成する場合、このアカウントはビリングモジュールのみにアクセスするよう設定できます。 自分のプロファイルをオープンし、「役割(Roles)」タブを選択すると、アクセスできるモジュールにチェック印がついています。またモジュールのリストが表示されますので、アクセスを希望するモジュールに印を付けて、「提出」するとアクセス申請できます。アクセス申請は承認を得るため、お客様の会社の管理者に送信されます。 申請のステータスは「リクエスト追跡(Track Requests)」タブをクリックしてご覧いただけます。 Colt Onlineに関してサポートが必要な場合のColtの連絡先 について Colt Onlineに関する問題や問い合わせ等があれば、 Asia-coltonline@colt.net までメールをお願い致します。 (例:ログインできない、発行したチケットが見れない等) まず、Colt…

Read More...

ミサワホーム株式会社

ミサワホーム株式会社はColt Wave、Colt Ethernet LineおよびColt Ethernet VPNの導入により、キャリア冗長と同等の高い可用性のIT環境を実現

Read More...

会社概要

Colt とは Coltテクノロジーサービス株式会社は、都市部に広がる自社光ファイバーネットワーク網を活用した法人向けネットワーク、データセンター、音声サービスをグローバルで提供し、幅広い業界のお客様ビジネスを支援する通信事業者です。 会社名 Coltテクノロジーサービス株式会社(旧:KVH株式会社) 拠点 東京、大阪、シンガポール、香港、上海、シカゴ、ソウル、大連 設立 1999年4月2日 出資者 Colt Group Holdings Limitedによる100%出資 社員数 約500名 顧客数 約2,700社 代表者 日置 健二(代表取締役社長 アジアCCO 兼 アジア代表) 本店所在地 〒106-6027東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー 27F 会社名 Colt Group S.A. 本社 ロンドン 設立 1992年 社員数 約5,000名 顧客数 約25,000社 代表者 Carl Grivner (最高経営責任者 CEO) Colt 会社概要 パンフレット 事業内容 大切なのは全てのつながり Coltはリアルタイムかつオンデマンドの 広帯域ネットワークソリューションの提供を通じて お客様のデジタルトランスフォーメーションを サポート致します。 Coltは企業及びホールセールのお客様向けに、ヨーロッパ、アジア、北米の主要なビジネス拠点において広帯域ネットワークと音声サービスを提供する通信事業者です。 お客様の要求に応える…

Read More...

Colt、オラクルのアジア地域におけるクラウドサービス拡張に伴い 国内でOracle FastConnectへの接続サービスを提供開始

Colt、信頼性に優れた低遅延広帯域ネットワークのOracle Cloudへの接続サービスの提供によりオラクルのアジアサービス拡張をサポート

Read More...

クラウド・アプローチを見直すタイミングは今

「Cisco Global Cloud Index」によると、2021年には、ワークロードとコンピューティング・インスタンスの94%がクラウド・データセンターで処理されるようになる見込みです。企業がクラウド移行を検討するフェーズは終了し、いつまでに、何を移行するかを考える段階にきています

Read More...

Your Future Network

今日のネットワークは、10~15年前には存在していなかったアプリケーションやサービスを配信するために構築されたものです。想定されるユーザーも創業間もない企業向けであり、人々の暮らしと働き方を変えるプロダクトやサービスを提供しています。

Read More...

IBM Cloud サービス

IBMダイレクトリンク・サービスを利用した専用ネットワーク接続で、簡単にお客様拠点をIBMのクラウドサービスに接続可能です。 Coltクラウド接続サービスを利用すれば、お客様のデータセンター、オフィスやコロケーション環境からコスト効果の高い、広帯域の専用ネットワークで、インターネットを介さず直接クラウド上の環境へ接続することが可能となります。また、これらのサービスはIBM Cloudと連携してスムーズに提供されます。 IBM Cloudに専用アクセス: 高速かつセキュアなクラウド接続サービス Coltクラウド接続サービスはパブリック・インターネットを介さずに優れたネットワーク環境の構築を実現します。企業のデジタル・トランスフォーメーションは重要ですが容易に実現できるものではありません。クラウドサービスの活用はデジタル・トランスフォーメーションを実現する重要な項目です。セキュアで可用性の高いColtのネットワークサービスを通して、エンド・ツー・エンドのネットワークを構築することで、ユーザーはより付加価値の高いビジネスに集中することが可能となります。 Coltクラウド接続サービスのもたらすメリット 予測可能かつ信頼性の高いネットワーク・パフォーマンス 高い可用性 ビジネスの状況に応じてスケール可能なネットワーク環境 重要度の高いアプリケーションへのセキュアなアクセス 単一インターフェースからの管理 TCOの最適化 広範囲にわたるサービスエリアによるエリア拡張のサポート 低遅延ネットワークによるパフォーマンスの最適化 クラウドロケーション Expand Colt は東京に設置されたIBM Cloudのアクセスポイントへの専用ネットワークを提供します。これにより、ネットワークの構築がシンプルかつ迅速になる他、ユーザーにとって最適なトラフィックルートが提供されます。 また、Coltは2万5千以上の商用ビル、および800拠点以上のデータセンターをつなぐ「Colt IQ Network」により、クラウドサービスのユーザーに向けた付加価値の高いネットワークサービスを提供しています。 サービスの特色 Expand Coltクラウド接続サービスには、IBM Cloudへの接続のためにカスタマイズされた各種ネットワーク・オプションが含まれます。 帯域 100Mbps 1Gbps サービスエリア 東京23区、多摩、川崎、横浜、埼玉、千葉、大阪の一部 アクセスネットワーク冗長性 冗長なし (シングルクラス) 、冗長あり (デュアルクラス) コア・ネットワーク 冗長性 SLA サービス納期、障害復旧、サービス可用性、遅延、ジッター、フレーム損失 オプションサービス トラフィックレポーティング(トラフィック量)、パフォーマンスレポーティング (遅延、ジッター、パケット配信) 掲載されているすべてのサービス名称およびロゴに関する権利は、当社もしくは当社にその使用を認めた権利者に帰属します。

Read More...