Search Results

大切なのは全てのつながり

クラウドをリアルタイムで構築したのに、ネットワークの接続に数週間かかってしまったという経験はありませんか?ビッグデータを活用したいのに、トラフィックの量が読めずにネットワークの帯域幅を決めかねていませんか? Coltはお客様のニーズに合った幅広いネットワーク・サービスを用意しています。100Gbpsネットワークをベースに低遅延、高い可用性を持った専用線、Ethernet、IPやボイスサービスを提供します。 IDCの予想によると、パブリック・クラウド・サービスの売上げは2020年には世界で1,950億ドル以上に伸び、企業の85%は少なくとも1つのクラウド・サービスを定常的に利用するようになります。 モバイルアプリ、IoT、ビデオ・ストリーミング、オンラインゲーム、クラウドやコンテンツ・サービスには高パフォーマンスのネットワークが欠かせません。 現在のネットワークはこのデジタルトランスフォメーションがもたらす様々なビジネス課題に対応するよう設計されていません。通常、ネットワークの納期は長く、帯域は固定で料金も高く、長期契約で拘束されます。 25年にわたり数々のグローバルアワードに輝いたサービスを作り上げ、SDN(Software-Defined-Network)やNFV(ネットワーク機能仮想化)など最新テクノロジーに継続的に投資をおこなっているColtは、ネットワークに知性を持たせた「Colt IQネットワーク」により、さらに高いカスタマーエクスペリエンスを実現します。 Coltでは、お客様の時間の価値を理解し、お客様自身がネットワーク管理等に時間をかけるのはもったいないと考えます。また、ミッションクリティカルなシステムを支えるネットワークの重要性についても十分理解しており、国内及び海外のネットワーク構築、運用及び安定稼働を包括的にサポート致します。 また、業界の動向や「Colt IQネットワーク」に関するホワイトペーパーを作成しました。ダウンロードしてご覧いただけます。 ホワイトペーパーのダウンロード Contact Us 担当者と話をする 03 4560 4800 (大代表) 自動音声のガイドに従い、ご希望の部門をご選択ください。 Step 1 言語選択 → 日本語「1」 Step 2 部門選択 → 営業部門「1」人事部門「2」番号照会「3」その他「0」

Read More...

会社概要

社名 Coltテクノロジーサービス株式会社(旧:KVH株式会社) 設立 1999年4月2日 事業内容 自社の光ファイバー・ネットワークを中心に、データ通信、インターネット接続、音声、ITマネジメントサービス、プロフェッショナルサービスなど、統合的なプラットフォームとプロセスでICTインフラストラクチャ・サービスを法人向けに提供 登録電気通信事業者 出資者 Colt Group Holdings Limitedによる100%出資 代表者 日置 健二 (代表取締役社長 アジアCCO 兼 アジア代表) 従業員数 500名 本店所在地 〒106-6027 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー 27F Colt 会社概要 パンフレット

Read More...

Colt購買約定書

  Colt購買約定書 Colt売買約定書 Colt工事請負約定書

Read More...

第三者による不正電話利用の被害防止について

  第三者による不正電話利用の被害防止について 平成28年11月18日Coltテクノロジーサービス株式会社 お客様が知らない間に、お客様設備(IP-PBX等)が第三者に操作され、勝手に国際電話をかけられ結果、お客様に高額な通話料が請求されるという被害が増えています。 当社が把握している不正利用の形態は以下のようなものですがお客様におかれましては、この様な被害を防ぐために、外部からの接続環境の再確認を行い第三者による不正アクセスを防御するための対策を講じて頂きますようお願いいたします。 不正利用の形態1: インターネットを介したお客様設備へのアクセスお客様設備(IP-PBX等)へインターネットを介して接続し、内線端末になりすまし、不正発信を行う。 不正利用の形態2: 外線からお客様設備への不正アクセス外出先等からお客様設備へ接続し、パスワード解析などを行い、不正発信を行う。 ご確認頂きたい内容 インターネット経由でIP-PBX等へのアクセスを可能としている場合、そのセキュリティ対策に不十分な点がないか確認をお願いいたします。 IP-PBX等へのアクセスパスワード (管理者用のパスワードや外部接続用のパスワード等)について、簡易なパスワード設定を避けるとともに定期的な変更をお願いいたします。 (上記2点についてはお客様設備のメーカー、もしくは、保守業者と確認を行い、対策を進めることが有効です。) お客様設備へのアクセスログの記録・保存を行い、不正アクセスがないか、確認をお願いいたします。 国際通話を利用しない場合は、海外向けの電話の発信を行わないよう、お客様設備側で設定をお願いいたします。 弊社にお申し出いただくことで、海外向けへの発信を行わないよう設定することも可能です。 【本件に関するお問い合わせ先】サービスデスク: asia-servicedesk@colt.net

Read More...

情報セキュリティについて

  セキュリティ基本方針に関する宣言書 目的「業界一お客様志向の企業になる」というColtのビジョンは、物理的資産、情報資産および社員の資産を保護するための適切な管理策を有効に適用することの確実な実施に基づき成り立っている。当宣言書の目的は、Coltのセキュリティに関する原則とそれらがどのように情報伝達され、実行され、監視されているかを組織の最上位レベルで明らかにすることである。私は、全社員がColtのセキュリティを保持する上でその責任を理解し、十分に責任感を持つことを期待している。 はじめにColtのセキュリティ基本方針に関する宣言書の概要は、Coltの戦略的セキュリティ原則、その原則の適用のためのオーナーシップの所在、どのように当宣言書およびその付随する方針、基準、手順が伝達されるのか、当宣言書を遵守することの重要性と遵守違反の場合の帰結、となっている。当宣言書に含まれる原則は、方針、基準、そしてどのように実施されるかを説明した手順の枠組みによって構成されている。 セキュリティ基本方針 Coltは、すべての適用法令、法的なセキュリティ要求事項、契約上の義務を遵守します。 Coltは、ISO27001認証基準に準拠した情報セキュリティ管理システム(ISMS)を実行し、運用します。それは、ISMSの運用状況を監視し、レビューし、適切かつ継続的に改善します。当宣言書および付随する方針や基準に一致するように、セキュリティの目的は組織全体で明確にされ文書化されなければなりません。 Coltは、顧客から委託されたものを含めてISMSの範囲内の全資産を洗い出し、かつその機密性、完全性、可用性への脅威を明確にしなければなりません。 Coltは、セキュリティに関するリスクや機会を有効に管理するために、物理的資産、情報資産および社員の資産と連動したセキュリティ管理策を実行します。 Coltは、敷地内やシステムへのアクセスを有効に管理することに力を注がなければなりません。アクセス権が提供される場所は、ビジネス上の要求に基づく明確に区別されたものでなければなりません。 Coltは、従業員、第三者、訪問者のための安全な職場を維持します。 Coltは、全従業員と、同伴者なしで敷地内やシステムにアクセスする第三者の身分を、事前に確認することとします。リスク評価が必要な場所においては、事前に、また要求があれば雇用期間中であっても定期的間隔で、従業員に対して適切なレベルのバックグラウンド調査を行うことがあります。 Coltは、全従業員および第三者間のセキュリティへの意識を促進し、事業全体でセキュリティやリスクを意識する文化を育てます。 最高基準の誠実な倫理行動は、Coltの成功の基盤となるものです。そのため、Coltは、犯罪行為や非道徳的事業運営の申し立てをすべて追跡し調査します。そして、犯罪防止と資産保護の積極的な取り組みを維持します。 Coltは、あらゆる分野の事業において、従業員の安全性に影響を与えたり、重要な事業の機能や進行が中断する可能性もあるという緊急事態も想定していると明言します。 Coltおよびその顧客に危険を及ぼす可能性のある取引関係は、懸念分野を特定するために積極的に調査されます。特定のリスクは有効に、そしてビジネスリスク選好に一致するレベルで管理されます。 カール グリヴナー最高経営責任者 ISMSの国際標準及び国内標準の認証取得 当社では、お客様からお預かりする情報をはじめとし、様々な情報資産を適切且つ安全に保護するために、上記のとおり情報セキュリティ基本方針を策定しております。 当社は2004年にISO27001の認証を取得し、その後、認証範囲を国内全オフィスおよび香港およびシンガポールのデータセンターまで拡大いたしました。 今後とも、全ての情報をあらゆる脅威から適切に守り、信頼性の高いサービスを提供するため、情報セキュリティ対策について積極的に取り組んでまいります。 認証概要 対象事業所: 日本国内のColtオフィスおよび東京データセンター1、東京データセンター2、香港データセンター1、シンガポールデータセンター1 登録範囲: 下記の国内外向けサービスに関する企画設計・開発・運用・保守 ネットワークサービス ボイスサービス データセンターサービス マネージドITサービス 認証基準: ISO/IEC27001: 2013 (JIS Q 27001:2014) 認証登録番号: IS 87997 初回登録日: 2004年10月28日 有効期限: 2019年10月25日 認証機関: BSIグループジャパン株式会社 認定機関: 米国規格協会(ANAB)及び情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)

Read More...

Website Terms and Conditions

1. Colt’s web sites (the “Websites”) are operated by Colt Technology Services Group Limited (registered number 03232904) whose registered address is at Colt House, 20 Great Eastern Street, London EC2A 3EH (“Colt” “we”, “us”, “our”). 2. These terms relate to your use of our Websites. Other terms may apply to Services provided via our Websites, and you…

Read More...

Colt、緊急通報の提供開始

Colt音声サービスにおいて、既存のお客様に対して2019 年3 月1 日より、緊急通報をご利用頂く事が可能となりました。ご利用中のColt音声回線から緊急通報(110番・警察、118番・海上保安、119番・消防)を発信した際に、発信場所を管轄する所定の各機関との通話が可能となります。

Read More...

株式会社電話放送局

株式会社電話放送局は、自社IVRシステムのインフラとして高品質かつ高セキュリティのColt音声サービスを採用

Read More...

Colt、マーク・ギルモアをモバイルコネクティビティ・ソリューション統括に任命

広帯域ネットワークサービスを高速かつオンデマンドで提供し、お客様のデジタル・トランスフォーメーションを実現するColtテクノロジーサービス(以下、「Colt」)は本日、マーク・ギルモア(Mark Gilmour)をモバイルコネクティビティ・ソリューションの統括に任命したことを発表しました。

Read More...

サービス

Read More...

Colt、IQ Networkをオーストラリアに拡張

Colt、IQ Networkをオーストラリアに拡張アジア太平洋地域におけるプレゼンスを高め、国内外でビジネスチャンスを最大限に活用できるようサポート

Read More...

Colt、Private Waveサービスの提供を開始しアジアでのセキュリティポートフォリオを拡張

東京・ロンドン発 – ColtグループのAPAC部門として法人向け広帯域ネットワークをグローバルで展開するColtテクノロジーサービス株式会社

Read More...