Colt、2023年のテクノロジー・トレンドを予測

HomeニュースColt、2023年のテクノロジー・トレンドを予測

――オンデマンド・ネットワーキング、サイバーセキュリティ革新、プライベート5G、

クラウド及びスマートXなどがリストの上位にーー

 

2022年12月7日

Coltテクノロジーサービス株式会社

(英国ロンドン、12月6日発) – デジタル・インフラストラクチャとグローバルな広帯域ネットワーク・ソリューションのリーディング・プロバイダであるColtテクノロジーサービス(本社:英国ロンドン、代表:ケリー・ギルダー(Keri Gilder)、は本日、2023年の企業内テクノロジーの最大のトレンドとその影響に関する予測を発表しました。デジタル・インフラストラクチャ企業であるColtは、オンデマンド・ネットワーキング、高度なサイバーセキュリティ機能、スマートX(特にスマート・ビルディング)の成長が、ICT業界全体で進むと予想しています。また、デジタル化が世界の接続、消費、協業のあり方に大きな変化をもたらし続ける中、企業におけるプライベート5Gやクラウドへの投資拡大も2023年に進展するでしょう。

Coltでは、以下の重要なトレンドを予測しています。

1) 未来の働き方:

組織はハイブリッド・ワークの方針を正式決定し、その目標を達成する為に必要なテクノロジーに投資する為、「未来の働き方」は引き続きテクノロジーの採用に影響を与えるでしょう。これにより、Software-Defined Networking(SDN)やSecure Access Service Edge(SASE)など、機敏でオン・デマンドなネットワーキング技術プラットフォームが成長すると思われます。米アナリスト企業のFuturiomは、SD-WAN/SASEマネージドサービス調査の中で、2023年のCAGRは34%、市場規模は2022年の35億ドルから46億ドルに増加すると予測しています。

2) サイバーセキュリティ能力の向上:

ベンダーが革新的なソリューションを市場に投入し、リスクに対するより高い保護レベルを実現することで、サイバーセキュリティ機能が強化されることを期待しています。AI、機械学習、IoTは、ICT業界が高度な機能や性能を開発する上で、引き続き重要な役割を果たすでしょう。

3) 5G事例の成熟:

5Gの企業向けユースケースは成熟すると見ています。米コンサルティング会社PWCは、5Gは2023年に転換点を迎え、米国では75%のカバー率に達すると述べています。企業は、オンデマンドのファイバーネットワークなどのデジタルインフラでプライベート5Gネットワークを支援し、ネットワークへのハイブリッド・アプローチでこのアクセス性能を最適化することになります。

4)クラウドへの投資とアプリケーションの移行:

企業は、価値の創出、柔軟性の向上、拡張性の増強、自動化の推進を目指し、クラウドへの投資とアプリケーションの移行を継続的に行っていくでしょう。IT部門長の73%は、2年以内にクラウドへの投資額が最大となる見込みです。現在から2024年の間に、40%がCRMシステムをクラウドに移行し、約38%が人事システム、製造実行システム、及びユニファイド・コミュニケーションをクラウドに移行する予定です。

5)マルチクラウド戦略:

市場及び消費者データを専門とするドイツの調査会社Statistaによると、大企業の94%が2023年までにマルチクラウド戦略に移行すると予想されており、マルチクラウド戦略が普及すると考えられています。金融サービス業界など、従来はアプリケーションをクラウドに切り替えることに慎重だった業界では、フロントオフィス・アプリケーションの移行が進むと思われます。

6)メタバースのビジネス事例:

メタバースのビジネス事例は、特に製造業、農業、ヘルスケアなどの産業部門でより明確になるでしょう。最近の米コンサルティング・ファーム、アクセンチュアの調査では、企業幹部の71%がメタバースは企業にとって良いものであると回答し、42%が「画期的」または「変革的」になると考えています。2023年には、企業はメタバースのユースケースの計画を拡張し、仮想テスト環境として、新たな機会や創造性を試行するとされています。

7)SmartXの成長:

2023年以降、都市、オフィス、ビルを中心にSmartXの成長が加速することが予想されます。米調査会社、ジュピター・リサーチの調査によると、エネルギー消費量の削減や二酸化炭素排出量ゼロ化などのサステナビリティ目標がこの加速を後押しし、2026年には世界のスマートビルの数は現在の4500万から150%増の1億1500万棟に達すると予想されています。また、ITとOT(Operational Technology)の統合により、データフローと分析が改善され、デジタル化が進み、産業部門全体の可視化が進むことで、スマート・マニュファクチャリング市場の成長も期待されます。

8) ブロックチェーン;

ブロックチェーンは、堅牢なセキュリティ、高度な暗号化、ピアツーピアのコラボレーションを必要とする、日常的に使用する業務アプリケーションに、より広く統合されるようになるでしょう。2019年以降CAGR46%以上で成長し、2024年には170億ドルを生み出すと予想されています。最近まで、その利用は一般的に金融サービス業界全体で経験されてきましたが、2023年にはより多くの業界がこの技術を採用することになりそうです。

9)低遅延・大容量ネットワーク:

– 企業が、戦略的目標の達成に向け、デジタルインフラに投資し、as-a-serviceの恩恵を受けることで、低遅延かつ大容量のネットワークの展開が、新規及び既存の地域に渡り加速すると思われます。

10) 革新的ネットワーク技術;

 2023年には、海底ファイバーネットワークから高高度プラットフォームシステム(HAPS(High Altitude Platform Station:高高度プラットフォームまたはHigh Altitude Pseudo Satellite:高高度疑似衛星)まで、ICTベンダーが革新的なネットワーク技術を提供し、互いにシームレスに連携し、顧客体験に基づく強力なエコシステムを構築することが可能になります。

Colt テクノロジーサービスCEOのケリー・ギルダー(Keri Gilder)は、「2023年は、テクノロジー企業が国境を越え、世界を開放し、これまで考えられなかったようなスマートで高速、かつパワフルな機能を備えた刺激的なインテリジェント・テクノロジーを提供する、顧客企業にとってはゲームの在り方を変える年になるでしょう」と述べています。

ギルダーはまた、「2023年は、オンデマンド・ネットワーキングの年であり、5Gが企業にとって驚くべき価値を示す年であり、ICT業界が真に団結して、顧客体験を中核とする、接続されたシームレスなグローバルエコシステムを構築する年です。」と続けています。

 

Coltについて;

Coltは、顧客企業のビジネスを成功に導く、”比類なき接続性”を提供する、グローバルなデジタル・インフラ提供企業です。

優秀な人材と同じ志を持つパートナーに支えられ、デジタル・ユニバースの力をどこでも、いつでも、そしてあらゆる方法でお客様に届けるという目的を持って行動しています。

1992年にロンドンで創業し、今では世界中に60を超える拠点を抱えるまでに成長したColtは、顧客企業への深いコミットメントで通信事業者としてのプレゼンスを確立しています。Coltは自社運用の「Colt IQ Network」により、欧州、アジア、北米を中心とする32か国222都市において、1,000か所以上のデータセンター、51の都市部エリアネットワーク、31,000棟以上の商用ビルを接続しています。

株式非公開企業であるColtは、最も財務健全性の高い企業の一社でもあります。

Coltは業界を牽引する優れた顧客体験の提供にこだわり、顧客企業の革新を、自身の価値観や顧客企業、パートナー、人々、及び地球への責任を以て支援します。

詳細については、www.colt.net/ja/をご覧ください。

 

 

Computer network connection modern city future technology

Colt Technology Services

07 December 2022

その他事例紹介

ウィズ・プランナーズ株式会社

July 12, 2022
, , ,

ウィズ・プランナーズ株式会社は、同社ユーザー向けコンタクトセンターのバックボーンとしてColt SIP Trunkingを採用

続きを読む

Fintyre

April 18, 2022

FintyreはハイパフォーマンスなColt SD WANで事業効率化を実現

続きを読む

COMPO

April 18, 2022
, , ,

COMPOは支店ネットワークを柔軟かつフェイルセーフに管理できるネットワークソリューションとしてColt SD WANを採用

続きを読む

Implenia

April 18, 2022
, , ,

ImpleniaはMPLSからColt SD WANへ切り替えネットワークインフラストラクチャを最適化

続きを読む