Colt、AWSをColtオンデマンド・プラットフォームと接続

HomeニュースColt、AWSをColtオンデマンド・プラットフォームと接続

以下の文章は原文の翻訳です。記事の原文はこちら(注:英語です)
Colt IQ Network puts AWS connectivity on demand

2017年3月7日Coltテクノロジーサービス株式会社

Colt、AWSをColtオンデマンド・プラットフォームと接続

ロンドン発:Coltテクノロジーサービス(以下、「Colt」)はSDNベースの専用クラウドアクセス(DCA)サービスを拡張し、AWSクラウドへのインテリジェントで安全性が高く、かつ高信頼性のプライベート接続サービスをオンデマンド・ポートフォリオに追加することを発表しました。

ColtのDCA サービスにより、ビジネスはパブリックインターネットを使用する場合に比べ、より速く、より高信頼性のクラウドネットワーキング体験を提供します。DCAオンデマンドにより、カスタマーは「Colt IQ Network」※から、リアルタイムでAWS クラウドへの接続をサポートしているため、新規回線サービスの開通に数日から数週間かかっていた従来のデリバリープロセスを回避します。

カスタマーは、ポータルサイトで帯域を自由に増減速できるため、AWSクラウドのメリットである柔軟性をネットワークにおいても実現できるようになります。また、柔軟な対応に加え、カスタマーは従来の固定料金プランのほか、時間単位の従量制料金プランを選択することもできます。リアルタイムの帯域増減や即時サービスデリバリーに加え、プライベートLANやWANと同様の信頼性、パフォーマンス、セキュリティでクラウドにアクセスすることが可能となります。

DCAプラットフォームを通じ、カスタマーは2種類のAWS Direct Connectサービスを選択できます。ホステッド・コネクション・サービスを利用すると、カスタマーは接続毎にAWS Virtual Private Cloudへアクセスできます。また、2017年第2四半期(4月ー6月)に導入予定の専用ポート・オプションを利用すると、カスタマーは同一接続で複数のVirtual Private Cloudにアクセスできます。

今回のColt IQ Networkの拡張は英国のカスタマーが英国内でデータを保管できるように導入されたAWSロンドンリージョンのサービス開始に伴うもので、既にあるアイルランド、ドイツに続くAWSの3番目のヨーロッパリージョンとなります。

Colt はヨーロッパ各地に10箇所のAWS Direct Connect PoP(points of presence)を設置しており、3つのAWSリージョンすべてに接続しています。

ColtのCTOであるRajiv Datta は次のように述べています。

パブリッククラウド・サービスは以前から、スケーラブルで柔軟性があるとされており、Coltのオンデマンド・サービスは、ネットワークにおいても同様のメリットや機能性を提供します。インテリジェント・ネットワークはパブリッククラウド体験の重要な一部で、今回のDCAオンデマンド・サービス導入は既存のWANサービスやインターネット接続に対して新たな標準となるものです。企業はネットワークに対してさらなる要求をするべきであり、Coltはオンデマンド・ポートフォリオにより従来の殻を破っていきます

今回の発表により、Microsoft Azureに続いて2番目のクラウドサービス・プロバイダーとしてAWSがColtオンデマンド・プラットフォームで利用できるようになりました。

今後、Coltはその他の主要クラウドサービス・プロバイダーとのDCAオンデマンド・サービスも展開し、企業カスタマーが複数のクラウドプラットフォームで同一の体験をできるようにします。Colt IQ Networkのロードマップの一環として、DCAオンデマンドは2017年後半、アジアでも展開していきます。現在5千以上のビルや200以上のデータセンターで、パブリッククラウドとのオンデマンド接続が利用できます。

※SDN、NFV、クラウドサービス向けに最適化された、オフィスビルやデータセンターを結ぶ100Gpbs対応ネットワーク

Colt について
Colt はヨーロッパ、アジアおよび北米の主要ビジネス・ハブの法人およびホールセール顧客に広帯域サービスを提供しています。ColtはColt IQ Networkと呼ばれるインテリジェントな専用のクラウド統合ネットワークによって、企業のデジタル革新を支えます。Coltのネットワークは世界各地の700以上のデータセンターおよび24,500以上のビルをオンネット接続します。ColtはSDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)分野における革新者および先駆者としても高く評価されています。

Coltはカスタマーファーストの姿勢で、グローバルに活躍する顧客企業をローカルスタッフが機敏にサポートします。顧客は約30ヶ国、200以上の都市にまたがり、データ集約型企業が中心です。世界トップ25の通信会社のうち19社、トップ25のグローバル・メディア会社のうち18社(Forbes 2000リスト、2016年)がColtのサービスを採用しています。さらに、50以上の取引所およびヨーロッパの主要13銀行、アジアでは主要8銀行との取引実績を有しています。株式非公開会社のColtは業界でも財政的にもっとも健全な会社のひとつで、競合価格で最良の顧客体験を提供しています。

Coltは選び抜かれた技術、サービスおよびビジネスに裏打ちされた、信頼性の高いビジネス・グレードのサービスを提供しており、様々なミッションクリティカルなシーンで選択されています。詳しい情報は、ColtのWebサイト https://www.colt.net/ja/ をご覧ください。

報道関係者からのお問い合わせ先
Coltテクノロジーサービス株式会社
宮坂 美樹/梁 鎭(リョウ チェン)
TEL: 03-4560-7181
E-Mail: asia-press@colt.net

クレアブ株式会社
ColtテクノロジーサービスPR担当:石黒/寒田(そうだ)/宮津
TEL: 03-5404-0640 FAX: 03-5404-7120
E-Mail: colt@kreab.com

Abstract 3D network in future

Colt Technology Services

07 March 2017

Recent posts

パーソルキャリア株式会社

Oracle Cloud Infrastructureとの接続にColtクラウド接続サービスを採用 低遅延・広帯域のColtクラウド接続サービスによりOCIとデータセンターをセキュア ...
Continue Reading

「DXに乗り遅れないために~Oracle Cloud移行時の意外な落とし穴とは?(ネットワーク編)~」

クラウド活用がデジタルトランスフォーメーション(DX)のスタンダードとなりつつある今、「焦って導入・移行したはいいけど失敗してしまった…」とならないためには、クラウドのメリットを知るだけでなく、目的に合わせた最適なネットワークを選択することが重要です。 この度、ITおよび経営企画部門の担当者・管理者の皆様のスムーズなクラウド移行をサポートすべく、Coltテクノロジーサービス株式会社、日本オラクル株式会社にてウェビナーを開催いたしました。 本ウェビナーでは、「いざクラウドを導入する時、どんなことに気を付けたらいいのか?」「どんなネットワークを選ぶべきなのか?」といった気になるポイントをクラウド移行・活用に関する最新の市場動向やモデルケースを交えながら、2社のパネルディスカッション形式で解説いたします。
Continue Reading

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading