クラウドインテグレーターが語る、Oracle Cloud需要拡大の背景

Homeニュースクラウドインテグレーターが語る、Oracle Cloud需要拡大の背景

東京発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は、Oracle Cloudに精通したエンジニア集団であり、クラウド環境の設計、構築、移行、運用支援をワンストップで提供する独立系クラウドインテグレーターの株式会社フルエナジーに、Oracle Cloud接続を提供すると発表しました。

Coltは2019年5月より、日本国内でOracle Cloud Infrastructure FastConnectへの接続サービスを提供しておりましたが、今年に入りオラクルが東京と大阪でOracle Cloudへのオンデマンド・アクセスサービスを追加し、その連携をさらに強化しました。Coltが提供するオンデマンドサービス “Colt On Demand for Oracle Cloud Infrastructure”を活用することで、お客様はOracle Cloud Infrastructureに容易に接続できるだけでなく、必要に応じカスタマーポータルを使ってほぼリアルタイムで帯域を増減速し、柔軟な従量制料金モデルで購入できます。

2007年に創立された株式会社フルエナジーは、クラウド環境の設計、構築、移行、運用支援までをワンストップで提供しています。同社によると、Oracle Cloudに関するお問い合わせや相談は日々増加しており、昨年の東京でのサービス開始以来、約30社にOracle Cloudを提供し、大阪でも既に顧客を獲得をしています。Oracle Cloudを導入した企業の口コミが広がり、利用拡大を後押ししています。

マルチクラウドインテグレーション部ディレクターの松本昭史氏は次のようにコメントしています。「Oracle Cloudを導入されるお客様の背景として、クラウドの新規導入が圧倒的に多く、国産のクラウドやその他のプライベートクラウドからの移行が次に多いです。お客様がOracle Cloudを選ぶ主な理由は、基幹系システムの移行時や運用時の信頼性と安定性です。さらに、コストメリット、性能、セキュリティ、SLAなども他のクラウドプロバイダーに比べて優れています。Oracle Cloudの場合、閉域網でのアウトバウンドのデータ転送に対して別途料金が必要なく、すべてOracle Cloud Infrastructure FastConnect料金に含まれます。他のパブリッククラウドと比較し、隠れたコストの少ないOracle Cloudのコストパフォーマンスの高さは多くのお客様に評価されています。また、Coltの低遅延ネットワーク、優れた費用対効果、高い技術力を持ったColtのエンジニアチームのサポートで可用性が高い構成が組めることも、当社がColtを推奨する理由です。Coltの企画力、提案力、カスタマー第一の姿勢にも満足しています。」

2019年からColtと株式会社フルエナジーは、ITソリューションの提供でお客様のインフラ環境の改善に尽力してきました。エンドユーザーからは、Coltの接続サービスをベースとするOracle Cloud導入により、業務環境の改善、生産性の向上、残業費等のコスト削減や、新型コロナウィルス感染拡大により増加した在宅勤務への移行をスムーズに行うことができたとの声が寄せられています。

2020年8月、株式会社フルエナジーは自社環境にOn Demandのサービスを導入。実際にサービスを利用した経験を生かした提案を行い、お客様の満足度の最大化を目指していきます。

株式会社フルエナジー について
株式会社フルエナジーはOracle Cloudに精通したエンジニア集団であり、クラウド環境設計、構築、移行、運用支援までワンストップで提供する独立系クラウドインテグレーターです。新しい技術を自社で検証し、自信をもってお客様に提案し続け、次の3年、5年を見据えたインフラ環境を、お客様と一緒に作りあげます。大手クラウドベンダーそれぞれの良さを理解し、必要に応じてマルチクラウド・ハイブリッドクラウドをお客様のニーズに合わせて組み立てます。また、クラウドと接続するネットワーク回線を非常に重要視しており、10Gbps帯域保証回線を積極的に提案しています。

Colt について
Coltは、先進的な広帯域ネットワークサービスの提供によってお客様のデジタル・トランスフォーメーションを実現する業界リーダーです。Colt IQ ネットワークは、ヨーロッパ、日本を含むアジアおよび北米の主要都市にて積極的な投資を続けており、900以上のデータセンターおよび29,000以上の商用ビルを接続しています。
またColtは、徹底したカスタマー・ファーストの理念に基づいてサービスを提供することで、30ヶ国以上、210都市以上で事業を展開されるお客様より高い評価を頂いているほか、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)分野における革新的かつ先進的なサービスプロバイダーとしても広く認知されています。
Coltは業界でも安定した財源基盤のもと、競争力の高い価格で最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。
詳細についてはColtのウェブサイトをご覧ください。 https://www.colt.net/ja/

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

Two female colleagues having business meeting in high end restaurant with senior client. Multi-ethnic group. High angle view

Colt Technology Services

16 December 2020

Recent posts

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading

Colt、IBMとの連携を強化 5Gと法人顧客向けエッジソリューションでコラボレーション

ロンドン発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、IBM(NYSE:IBM)との連携を強化し、ハイブリッドクラウド環境間でのデータやアプリケーションのシームレスな移動を可能にするエッジコンピューティング戦略のお客様企業への導入を支援していくことを発表しました。広帯域、およびオンデマンドコネクティビティ・ソリューションの大手プロバイダーであるColtはIBMと連携し、世界各地の29,000もの商用ビルに入居するお客様企業向けに、IBM Cloud SatelliteおよびEdge ...
Continue Reading