Colt 、三菱総研DCSのマルチクラウドストレージサービス「Dibertas(ディバタス)」に ネットワークソリューションを提供

HomeニュースColt 、三菱総研DCSのマルチクラウドストレージサービス「Dibertas(ディバタス)」に ネットワークソリューションを提供

広帯域、低遅延のColtのソリューションでDibertasをサポート

東京発 –
Colt テクノロジーサービス株式会社は本日、三菱総研DCS株式会社(以下、「三菱総研DCS」)が同社の新サービス「Dibertas(ディバタス)」で、Coltクラウド接続サービス(Colt Dedicated Cloud Access)とEthernetソリューションを使用すると発表しました。

「Dibertas」は、様々な環境のデータを集約することで、複数のクラウドサービスやオンプレミス環境からデータを横断的に利用できる、従量課金型のマルチクラウドに対応したストレージサービスです。Coltの閉域網ネットワークを利用しプライベート接続を確立することで、インターネット等の公衆網接続よりも安全かつ高速なクラウドアクセスを実現し、信頼性が高く低遅延という「Dibertas」の特長をサポートしていきます。

Coltクラウド接続サービスは、グローバルで29,000以上の商用ビルおよび900以上のデータセンター、アジアで90以上のデータセンターおよび2,500の商用ビルを接続するColt IQネットワークをベースとしており、コアビジネス業務やデータアクセス時にクリティカルとなる、優れたパフォーマンスとコントロール性、柔軟性、スケーラビリティのあるサービスを提供します。

三菱総研DCSの常務執行役員 DX部門長の合田敬氏は次のようにコメントしています。「Dibertasを利用する大きなメリットの一つは、お客様が様々な拠点からセキュアかつ迅速にデータにアクセスできることです。「Dibertas」は、お客様のデータをセキュアに保つというコンセプトに基づき、監視・運用のしやすい自社データセンターで運営されています。パブリッククラウド上のサーバーとデータストレージが物理的に異なる場所に設置されるため、信頼性と安全性が高く、低遅延のネットワークを選定することが必須条件でした。信頼性が高い、低遅延、広帯域、のColtのネットワークでそれが実現でき、満足しています。」
同部門 テクノロジー事業本部 データテクノロジー部長の安藤稔氏は「Coltのコンサルタンシーサービスのサポートを通じて、お客様の環境に合わせたパブリッククラウド内のネットワーク環境を設計、構築することができたことも安心感がありました。」と、パブリッククラウド内に踏み込んだColtのコンサルタンシーサービスによるネットワーク設計・構築支援を評価しました。
「最後に重要なことですが、Coltはコストパフォーマンスの面でも優れていました。当初、バックアップに別のキャリアを使うことも考えましたが、そうするとコストが増加してしまう。Colt Ethernet Hubを起点としたポイント・ツー・マルチポイントの構成により、複数のパブリッククラウド接続を効率的に管理できたため、各パブリッククラウド毎に個別回線を敷設する構成と比較してコストを削減することができました。さらに、Coltのネットワークはリング構成を取っているため、キャリア冗長を取ることなく高い信頼性、安定性を担保できたことで、非常に高いコストメリットを実感しました。」と、合田氏は満足感を示しました。

Coltのアジア代表および代表取締役社長の星野正人は次のようにコメントしています。「クラウドでビジネス環境を向上させる「Dibertas」のような優れたサービスに、Coltのソリューションを提供できたことを光栄に思っています。Coltは接続ソリューションのプロバイダーとして最新のマーケットニーズを理解し、我々のサービスが常に業界の未来のニーズに応えるものであるよう努めています。今後も、常にカスタマーファーストの姿勢を貫き、お客様に大きな価値をもたらすよう最善の努力をしていきます。」

現在、「Dibertas」はAmazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureに対応していますが、お客様のニーズに合わせてその他主要パブリッククラウドにも順次対応していく予定です。今後の展望として、西日本でのサービス展開や東阪間でのサービス連携など、更なる拡張も計画しているほか、「Dibertas」と組み合わせて効果的に利用できる新規サービスの開発を検討しています。

事例紹介はこちら

三菱総研DCSについて
三菱総研DCSは、銀行・クレジットカード等金融関連業務で豊富な実績を有する他、千葉情報センターを核としたアウトソーシングやBPO業務等でも強みを持っています。また、会社創業時からご提供している人事給与サービスPROSRV は受託数約2,000 事業所と国内トップクラスの実績を有します。2004 年からは、三菱総研グループの一員として一体的サービスを展開し、シンクタンク~コンサルティング~ソリューション~BPO の一貫したバリューチェーンをご提供できる日本でも数少ない企業集団として、お客様の企業価値向上の実現に取り組んでいます。
「Dibertas」に使用されるストレージ「Infinibox」について、同社は、INFINIDAT と 2018 年6 月よりパートナーシップ契約を締結し、「Infinibox」含むイスラエル INFINIDAT, Inc.のストレージ製品の提供を開始しています。

Colt について
Coltは、先進的な広帯域ネットワークサービスの提供によってお客様のデジタル・トランスフォーメーションを実現する業界リーダーです。Colt IQ ネットワークは、ヨーロッパ、日本を含むアジアおよび北米の主要都市にて積極的な投資を続けており、900以上のデータセンターおよび29,000以上の商用ビルを接続しています。
またColtは、徹底したカスタマー・ファーストの理念に基づいてサービスを提供することで、30ヶ国以上、210都市以上で事業を展開されるお客様より高い評価を頂いているほか、SDN(Software-Defined Network)とNFV(ネットワーク機能仮想化)分野における革新的かつ先進的なサービスプロバイダーとしても広く認知されています。
Coltは業界でも安定した財源基盤のもと、競争力の高い価格で最良のカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。
詳細についてはColtのウェブサイトをご覧ください。 https://www.colt.net/ja/

Businesswoman looking at adhesive notes stuck on glass wall. Mature female business professional is planning in office. She is in smart casuals.

Colt Technology Services

15 October 2020

Recent posts

SAP移行を成功させるために、柔軟性の高いデジタルプラットフォームが必要な理由

Colt発行の2021年クラウド導入状況レポートにおいて、クラウド移行の次の段階はCRM(顧客関係管理)およびERP(統合基幹業務システム)を中心に検討されているものの、コラボレーションツールや人事関連ツールも高い注目が集まっていることを明らかにしています。こうしたプロジェクトには多大な予算が必要です。そのため、回答者の33%が「次のクラウド移行プロジェクト予算に25万1,000~50万ポンド(約3,800万~7,700万円)を用意している」と回答したことも、こうしたアプリケーションの重要性を考えれば当然とも言えます。 こうした動きを後押しする背景はいくつか理由が考えられますが、その最大の理由としてテクノロジーの進化がアプリケーション性能を高め、コスト削減につながることが挙げられます。こうした目標を達成してミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けるには、ミスは許されません。 Colt とSAPがスポンサーとなって実施された最新のIDC ...
Continue Reading

Colt、IBMとの連携を強化 5Gと法人顧客向けエッジソリューションでコラボレーション

ロンドン発 – Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、IBM(NYSE:IBM)との連携を強化し、ハイブリッドクラウド環境間でのデータやアプリケーションのシームレスな移動を可能にするエッジコンピューティング戦略のお客様企業への導入を支援していくことを発表しました。広帯域、およびオンデマンドコネクティビティ・ソリューションの大手プロバイダーであるColtはIBMと連携し、世界各地の29,000もの商用ビルに入居するお客様企業向けに、IBM Cloud SatelliteおよびEdge ...
Continue Reading