電話リレーサービスについて

Homeニュース電話リレーサービスについて

聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(令和2年法律第53号)に基づき、聴覚や発話に障害のある方が電話リレーサービス提供機関である「(一財)日本財団電話リレーサービス」の手話通訳オペレータ等を介して電話をかけることによって、通話の相手方との意思疎通を可能とする「電話リレーサービス」が制度化、2021年7月1日よりサービス開始となりますので、以下の通りご案内させていただきます。

<電話リレーサービス制度について>

  • 「電話リレーサービス」は、聴覚や発話に障がいのある方とネット回線を通じ、手話・CHATなどの文字でコミュニケーションするオペレータが間に入り、相手先に電話をかけて音声で説明することにより、聴覚や発話に障がいのある方と耳の聴こえる方の意思疎通を仲介することで支障を解決するサービスです。(公共のサービスであり、弊社が提供するサービスではありません)
  • 「電話リレーサービス」を提供する「電話リレーサービス提供機関」注1)に交付する交付金を電話会社全体で応分に負担することによって「電話リレーサービス」の提供を確保する「電話リレーサービス制度」が法令注2)により新たに創設されました注3)

<電話リレーサービスについての弊社の対応について>

  • 弊社は上記法令で定められた事業者による負担額について、現行のユニバーサルサービス料金同様に、お客さまにご負担をお願いすることに賛同しました。お客さま各位におかれましては、電話リレーサービス制度についてご理解いただき、ご協力を賜りたく宜しくお願い申し上げます。
  • 対象となるサービス注4)の電気通信番号単位に、本年度は2021年7月利用分より毎月1円(税込1円)を2022年1月まで7か月間、合計7円(税込み7.7円)を請求させて頂く予定です注5)
  • 請求書上には「電話リレーサービス料」と記載をする予定です。

注1)「一般財団法人 日本財団電話リレーサービス」が2021年1月13日に総務大臣から指定を受けました。
注2)「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」等(令和2年法律第53号、2020年12月1日に施行。)
注3)詳しくは以下総務省のホームページ「電話リレーサービス」を確認ください。
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/telephonerelay/index.html
注4)対象となるサービスは現在ご請求の「ユニバーサルサービス料」と同じです。(「ユニバーサルサービス料」と同じく「020からはじまる番号」は除きます。)
注5)2022年度以降のご利用分の請求額は前年度の2月頃に公表する予定です。

本ご案内に関するお問い合わせは、お問合せフォームまたは弊社営業担当までご連絡ください。

Colt_電話リレーサービス制度の提供について

Young mixed race hipster couple taking selfie with mobile phone inside car

japostadmin

25 June 2021

Recent posts

MCデジタル・リアルティは同社新サービス「メトロコネクト」にColtネットワークを採用

東京・大阪の同社コロケーション・メトロコネクトサービスのネットワークインフラを提供 東京発 –  Coltテクノロジーサービス株式会社は本日、MCデジタル・リアルティ株式会社(以下:MCDR)の新サービス「メトロコネクト」向けに高品質、低遅延かつ柔軟なネットワークを提供することを発表しました。 ...
Continue Reading